ヴェルナー・フォン・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェルナー・マグヌス・マクシミリアン・フライヘル・フォン・ブラウン
Wernher von Braun crop.jpg
1964年5月
生誕 1912年3月23日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ポーゼンヴィルジッツ英語版
死没 1977年6月16日(満65歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州アレクサンドリア
出身校 ベルリン工科大学
ベルリン大学
職業 科学者
著名な実績 ロケット技術開発
影響を受けたもの ヘルマン・オーベルト
肩書き マーシャル宇宙飛行センター所長
アメリカ航空宇宙局計画担当副長官補
フェアチャイルド社副社長
配偶者 マリア・フォン・クヴィストルプ英語版
受賞 アメリカ国家科学賞

ヴェルナー(ヴェルンヘル)[1]・マグヌス・マクシミリアン・フライヘル(男爵)・フォン・ブラウンWernher Magnus Maximilian Freiherr von Braun, 1912年3月23日 - 1977年6月16日)は、科学者であり、ロケット技術開発の最初期における最重要指導者のひとりである。第二次世界大戦後にドイツからアメリカ合衆国に移住し、研究活動を行った。旧ソ連セルゲイ・コロリョフと共に米ソの宇宙開発競争の代名詞的な人物である。

出生・少年期[編集]

ドイツ帝国東部ポーゼン(現ポーランド)近郊のヴィルジッツ英語版で貴族(ユンカー)の家に生まれた。父親はマグヌス・フォン・ブラウンドイツ語版男爵。後のヴァイマル共和政末期にフランツ・フォン・パーペン内閣で食糧農業大臣となった人物である。母親は彼がルター派堅信礼を行った時に望遠鏡を与えた。天文学宇宙分野への関心が、彼を生涯にわたって動機付けた。

1920年、ヴィルジッツがヴェルサイユ条約に基づいてポーランド領になると、彼の一家は他の多数と同様にドイツ領へ移住し、シュレージエン地方で新生活を始めた。ここで、彼は音楽家パウル・ヒンデミットピアノを教わっている。

彼はロケットの先駆者ヘルマン・オーベルトの著した論文『惑星間宇宙へのロケットドイツ語版(1923年)』を手に入れるまでは、物理学数学が不得意であった。しかしその論文を手に入れてからの彼は数学に打ち込み、得意科目にするまで努力した。

ドイツ時代[編集]

学生時代[編集]

1930年ベルリン工科大学に入学した。ドイツ宇宙旅行協会にも入会し、ヘルマン・オーベルト液体燃料ロケットエンジンの試験を手伝った。

その後、工学士の学位を得てベルリン大学へ進み[2]、陸軍兵器局のヴァルター・ドルンベルガー陸軍大尉のもとで研究するよう取り計らった。ブラウンはドルンベルガーがすでに持っていたクマースドルフドイツ語版固体ロケット試験場の隣で研究を続け、2年後に物理学の博士号を受けた。しかし、このとき公表された博士論文は執筆された一部だけであり、完全な論文が公表されたのは1960年になってからであった。

ミサイル開発[編集]

ペーネミュンデの博物館に展示されるV-2

1934年の暮れまでに、ブラウンのグループは2.4 km以上の高度に達するロケットを2基射ち上げることに成功したが、この頃すでにドイツロケット協会はなく、ロケットの実験は新たな体制では禁止されていた。軍用の開発だけが許可され、ドイツ北部のバルト海ペーネミュンデ村により大きな施設が建てられた。

V2ロケット[編集]

第二次世界大戦においてナチス・ドイツ連合国軍に対して劣勢に傾いていた1943年アドルフ・ヒトラーはA-4(独:Aggregat 4型)ロケットを「報復兵器」として使うことを決定。ブラウンらのグループはロンドン攻撃のためにA-4の開発をすることになった。

ヒトラーの生産命令から14ヶ月後、最初の軍用A-4が、このころにはハインリヒ・ヒムラーの考えた名前の「V-2」と呼ばれることになっており、1944年9月7日にヨーロッパ西部に対し発射された。1944年最初のV-2がロンドンに着弾した日にフォン・ブラウンは同僚に「ロケットは完璧に動作したが、間違った惑星に着地した」と述べた。

その後ドルンベルガーは陸軍のロケット開発指揮官に、フォン・ブラウンは技術部長になった。彼らはジェットエンジン補助推力の液体燃料飛行機Silbervogel」の飛行実験に成功し、長射程弾道ミサイル・A-4(V2ロケット)と、超音速対空ミサイルヴァッサーファル」を開発した。

逮捕[編集]

SSナチ親衛隊)とゲシュタポ(国家秘密警察)は、「(軍事兵器の開発に優先して)フォン・ブラウンが地球を回る軌道に乗せるロケットや、おそらくに向かうロケットを建造することについて語ることをやめない」、としてフォン・ブラウンを国家反逆罪で逮捕した。フォン・ブラウンの罪状は、「より大型のロケット爆弾作成に集中すべき時に、個人的な願望について語りすぎる」、というものであった。

ドルンベルガーは、「もしフォン・ブラウンがいなければV-2は完成しない、そうなればあなたたちは責任を問われるだろう」とゲシュタポを説得し、フォン・ブラウンを釈放させようとした。しかし、それでもゲシュタポは許そうとせず、最後はヒトラー自らがゲシュタポをとりなし、ようやくフォン・ブラウンは解放された。そのときヒトラーは「私でも彼を釈放することはかなり困難だった」と言ったという。[3]

アメリカへの亡命[編集]

1945年5月にドイツは連合国軍に敗北することが確実な状況となり、フォン・ブラウンはペーネミュンデに戻ると直ちに彼の計画スタッフを招集し、どの国に亡命すべきか、どうやって亡命するかを決めるよう求めた。科学者たちのほとんどはロシア人を恐れ、フランス人は彼らを奴隷のように扱うだろうし、イギリスにはロケット計画を賄うだけの十分な資力がないと感じていた。残ったのがアメリカである。

偽造した書類で列車を盗み出した後、フォン・ブラウンはアメリカ軍に投降するためにペーネミュンデから500人を連れ出した。その頃SSは、ドイツ軍の管理から逃れて記録を坑道などに隠しアメリカ軍と接触を試みているドイツ人技術者を、殺すよう命令を受けていた。

ドイツが連合国軍に対し降伏した後、最終的にロケットチームはアメリカの民間人を見つけ投降した。技術者たちの重要性を知ると、アメリカ軍は即座にペーネミュンデとノルトハウゼンに向かい、残されたV-2ロケットとV-2の部品を全て捕獲して2つの施設を爆破破壊した。アメリカ人は貨車300両分以上のV-2用スペアパーツをアメリカに持っていった。しかしフォン・ブラウンの生産チームの大半は間もなく進駐してきたソ連赤軍捕虜になった。

ペーパークリップ作戦で渡米したドイツ人科学者達。最前列右から7番目のポケットに手を入れている人物がフォン・ブラウン博士。フォート・ブリスにて。

6月20日に、アメリカのコーデル・ハル国務長官はフォン・ブラウンのロケット専門家達を移送することを承認した。この移送はペーパークリップ作戦として知られる。その理由は、多数のドイツ人技術者が陸軍兵器廠に配属され、合衆国に来るよう選ばれた者は紙クリップで印付けられたからである。彼らが移送されたのはデラウェア州ウィルミントンのすぐ南方にあるニューカッスル空軍基地であった。その後ボストン市を経由し、海路ボストン湾英語版フォートストロング英語版にある陸軍情報部隊英語版の駐屯地に連れて行かれた。後に、フォン・ブラウンを除いた専門家たちはメリーランド州アバディーン性能試験場に移され、そこでペーネミュンデの文書を整理させられた。これらの文書があれば、科学者が中断していたロケット実験を続けられるのであった。

最終的に、陸軍兵器技術情報チームの本部長オルガー・N・トフトイ陸軍大佐の副官であったジェイムズ・P・ハミル陸軍少佐の命令で、フォン・ブラウンと126人のペーネミュンデの技術者達は、エルパソのすぐ北にある大きな陸軍基地テキサス州フォートブリス英語版で、彼らに与えられた新たな家に移された。彼らは合衆国で新生活を始めるにあたり、奇妙な状況にあることに気づいた。彼らは軍人の護衛なしにフォートブリスを出ることができなかったことから、時には自らのことを「平時捕虜」(Prisoners of Peace)――戦時捕虜(Prisoners of War)に掛けた洒落――と呼んだ。

フォートブリスに滞在中、彼らは産・軍・学の要員に複雑なロケットや誘導ミサイルに関する訓練と、ドイツからニューメキシコ州ホワイトサンズ性能試験場に運ばれてきた多数のV-2ロケットを修理し、組立て、そして打ち上げる手伝いをする仕事を課せられた。さらに、彼らは軍事と研究へ応用するロケットが持つ将来的な可能性について学ぶことになった。

アメリカ時代[編集]

結婚[編集]

この時期、フォン・ブラウンは従妹で18歳のマリア・フォン・クヴィストルプ英語版に求婚する手紙を書いた。1947年3月1日、彼はマリアと、彼女の住む地域のルター派教会で結婚式を挙げた。1948年12月に最初の娘アイリスがフォートブリスの陸軍病院で誕生した。

1950年、フォン・ブラウンと彼のチームはアラバマ州ハンツヴィルに移され、そこがブラウンの以後20年間の住みかとなった。

レッドストーンロケット[編集]

ウォルト・ディズニー(左)とともに

1950年から1956年にかけ、フォン・ブラウンはレッドストーン兵器廠で陸軍のロケット開発チームを率いて、兵器廠の名にちなんだレッドストーンロケットを生んだ。

宇宙計画への関心[編集]

1952年、フォン・ブラウンは、なおもロケットが平和的な探検に使用される世界を夢見て宇宙ステーションの概念を「コリアーズ英語版」誌(Collier's)に発表した。この宇宙ステーションは直径75mで、高度1700kmの軌道に置かれ、人工重力を発生するために自転するとされた。彼の予見では、ここは月探検のための理想的な出発点のはずだった。

フォン・ブラウンはまた、ウォルト・ディズニー率いるディズニー社の宇宙探検に関する3本のテレビ映画の制作に技術監督として参加した。フォン・ブラウンはその後何年も、未来の宇宙計画に対してより多数の公衆の興味を惹くことを望んで、ディズニー社との仕事を続けた。

ジュピターCロケット[編集]

陸軍弾道ミサイル局(ABMA)の開発オペレーション部門の長として、フォン・ブラウンのチームはレッドストーンを改良したジュピターCロケットを開発した。ジュピターCは1958年1月31日、西側諸国として初めての人工衛星エクスプローラー1号の打ち上げに成功した。この出来事は米国の宇宙計画の誕生を告げる物であった。

NASA時代[編集]

背後はサターンV型ロケット第一段エンジン

1958年7月29日にはアメリカ航空宇宙局(NASA)が法律上成立した。翌日、50番目のレッドストーンロケットが核実験ハードタック作戦の一部として南太平洋ジョンストン島から成功裏に打ち上げられた。

2年後、NASAはアラバマ州ハンツヴィルマーシャル宇宙飛行センターを新設し、フォン・ブラウンと彼の開発チームをレッドストーン兵器廠からNASAに移籍させた。フォン・ブラウンは1960年から1970年まで同センターの初代所長を務めた。

マーシャル宇宙飛行センターの大きな初仕事は、1960年に就任したジョン・F・ケネディ大統領の指揮下で計画がスタートした、宇宙飛行士を月に運べるサターンロケットの開発であった。

フォン・ブラウンの子供時代の方針であった「時代を動かすこと」とその後の夢となっていた人類が月面を踏む手助けをすることは、1969年7月16日、マーシャル宇宙飛行センターが開発したサターンVロケットアポロ11号の搭乗員を打ち上げた時に現実のものとなった。アポロ計画の過程で6組の宇宙飛行士チームが月面を探検した。

1970年フォン・ブラウンと家族はハンツヴィルからワシントンD.C.に移り、NASA本部の計画担当副長官補に任命され、テクノクラートとしての役割を果すが、アポロ計画後、フォン・ブラウンは彼の将来の宇宙飛行の方針がNASAのものとは違うと感じ、1972年6月にNASAを辞した。彼はメリーランド州ジャーマンタウンにあるフェアチャイルド社の副社長に就任し、米国宇宙研究所英語版(1987年に設立された現在の米国宇宙協会英語版の前身)を創立し振興する活動を行った。

死去[編集]

宇宙協会の活動の頂点で、フォン・ブラウンは自分がであることを知った。手術を受けたが癌は進行し、1976年12月31日にフェアチャイルド社の辞職を余儀なくされた。1977年6月16日バージニア州アレクサンドリアで没する。65歳没。

評価[編集]

ジョン・F・ケネディ大統領とともに

フォン・ブラウンは第二次世界大戦中は、ナチス党政権下のドイツのためにV2号ミサイルの製作を指揮し、ナチス党員、親衛隊少佐でもあった。

戦後渡ったアメリカでは、その経歴のために様々な非難を受けたが、「ナチズムには前から反対だった」、「宇宙にいく為なら悪魔に魂を売り渡してもよいと思った」と弁明した。第二次世界大戦中はドイツ軍の勝利のためにロケットを開発し、ドイツの敗戦後には、第二次世界大戦においてドイツの敵国であったアメリカの国家の威信のためにロケットを作るという変節を、両国の評論家よりしばしば非難される。

風刺家トム・レーラーは歌の中で彼を「忠誠が便宜に支配された男」と評している。とはいえ、人生をロケットの研究にかけ、国家にではなく、ロケット技術と自分自身に忠義を尽くしたともいえ、またフォン・ブラウンの西側諸国の科学界における貢献は大きく、1975年アメリカ国家科学賞を受賞している。

演じた人物[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

  • 西條寿雄 『ロケットと火薬の歴史書:その起源から近代ロケットの誕生まで』イーブックスパブリッシング 、 2014年 ASIN B00JT3OZ5A
  1. ^ Wernherヴェルンヘルと転写される (ドイツ語発音: [' vɛrnhɛr], Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 834. ISBN 978-3-411-04066-7. )。日本ではヴェルナーと表記されるが、関連はあるものの別の名前 (Werner, ドイツ語発音: [' vɛrnɐ], Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 834. ISBN 978-3-411-04066-7. ) 。
  2. ^ 西條 寿雄 「ロケットと火薬の歴史書:その起源から近代ロケットの誕生まで」によると、ブラウンはベルリン大学で学んだ形跡はなく、工学士も取得していない。
  3. ^ 武田 知弘「ナチスの発明」45ページ目