スプートニク2号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スプートニク2号 (Спутник-2)
スプートニク2号
所属 ソビエト連邦
主製造業者 ОКБ-1
国際標識番号 1957-002A
カタログ番号 00003
目的 世界初の生命体搭載衛星軌道周回実験
電離層の観測
計画の期間 162日
打上げ機 R-7ロケット
打上げ日時 1957年11月3日2時30分00秒UTC
通信途絶日 1957年11月10日
消滅日時 1958年4月14日
物理的特長
本体寸法 高さ4m 直径2mの円錐形
質量 508.3kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 212 km
遠点高度 (ha) 1660 km
離心率 (e) .098921
軌道傾斜角 (i) 65.33°
軌道周期 (P) 103.7分

スプートニク2号(スプートニク2ごう、Спутник-2)は、ソビエト連邦1957年11月3日に打ち上げた人工衛星宇宙船イヌを乗せており、世界初の宇宙船となったものである。この成功により有人宇宙船の可能性が開けるものとなった。

設計[ソースを編集]

1957年10月4日打ち上げのスプートニク1号に続くスプートニク計画における2つめの機体である。衛星の本体は円錐形で、質量はスプートニク1号より大幅に重い508kgに達した。船内には「ライカ」という名のイヌが乗せられていた。この他にもガイガーカウンターや2台の光度計などの計測器も搭載していた。

スプートニク2号はライカを乗せるために宇宙船として気密が保てるようになっており、内部に生命維持装置を備えていた。地上への帰還は当初より考慮されず、大気圏に再突入し安全に着陸するための装備はなかった。計画では打ち上げ10日後に酸素が尽きてライカは死ぬだろうと考えられていた[1]

飛行[ソースを編集]

スプートニク2号打ち上げを記念した切手

スプートニク1957年11月3日にバイコヌール宇宙基地よりR-7ロケットによって打ち上げられた。軌道投入当初の衛星の軌道は、近地点212km・遠地点1,660km・軌道周期103.7分だった。スプートニク2号打ち上げ計画の責任者は、スプートニク1号の時と同じくセルゲイ・コロリョフであった。

軌道投入までは順調だったものの、軌道投入後に行われるはずだったロケット本体と衛星の分離に失敗し、スプートニク2号はロケットと結合したまま軌道を周回することを余儀なくされた。さらに衛星の断熱材も一部が損傷した。これらのトラブルにより熱制御が妨げられ、船内の温度は40℃にまで上昇した[1]

ライカが実際にどれだけ生きながらえたかは正確には分かっていない。初期のデータではライカが動揺しつつも食事を取る様子が伺われた。その後は上記の熱制御の問題で異常な高温に晒されたため、1日か2日程度しか持たなかったと考えられている[1]

スプートニク2号からの通信は11月10日に途絶え、更に打ち上げ162日後の1958年4月14日に大気圏に再突入し消滅した。

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ a b c Sputnik 2 NASA NSSDC