ローンチ・ヴィークルの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローンチ・ヴィークルの一覧は、地球から宇宙空間へのペイロードの輸送に使用されるロケットであるローンチ・ヴィークル(キャリア・ロケット、打上げ機)の一覧である。

宇宙機の推進方法[note 1]は、宇宙船人工衛星の加速に用いられる。通常の固体燃料ロケットは固体推進剤(燃料/酸化剤)を推進に用いる[note 2]。軌道周回用打ち上げシステムはロケットと非ロケット打ち上げシステムで地球軌道への投入や脱出に使用される。全ての現在の宇宙機は化学推進(二液推進系固体燃料)で打ち上げられ[note 3]、いくつかは1段目に空気吸い込み式エンジンを備える[note 4]

表中の軌道の略称:

以下の表の背景の色は現状を意味する:   [開発中] — [退役] — [現役]

機体 所属 製造 LEO
への重量
(kg)
他の軌道
への重量
(kg)
打ち上げ回数 状態 初打ち上げ 最終打ち上げ
アンガラ 1.2 ロシアの旗 ロシア クルニチェフ 3,800[1] 0 開発中 2014年7月弾道飛行 [2]
アンガラ A5 ロシアの旗 ロシア クルニチェフ 24,500[3][4] GTOへ5,400-7,300[5] 1 現役 2014 2014
アンタレス 110 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 2[6] 退役 2013 2013
アンタレス 120 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 4,600[7] SSOへ1,500[7] 2[6] 退役 2014 2014
アンタレス 130 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 5,100[7] 1 退役 2014 2014
アンタレス 230 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 6,500[8] SSOへ3,600[8] 2 現役 2016 2017
アンタレス 232 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル GTOへ1,800[8] 0 開発中
アリアン 1 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 1,400 GTOへ1,830[9] 11[9] 退役 1979 1986
アリアン2 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ2,270[9] 6[9] 退役 1986 1989
アリアン3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ2,650[9] 11[9] 退役 1984 1989
アリアン 4 40 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 4,600[9] SSOへ2,740
GTOへ1,900[9]
3[9] 退役 1990 1993
アリアン 4 40 H10+ 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ2,020[9] 1[9] 退役 1995 1995
アリアン 4 40 H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ2,105[9] 3[9] 退役 1995 1999
アリアン 4 42L 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] SSOへ4,500
GTOへ3,200[9]
1[9] 退役 1993 1993
アリアン 4 42L H10+ 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ3,350[9] 1[9] 退役 1994 1994
アリアン 4 42L H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ3,480[9] 11[9] 退役 1995 2002
アリアン 4 42P 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 6,000[9]
SSOへ3,400
GTOへ2,600[9]
2[9] 退役 1990 1992
アリアン 4 42P H10+ 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 2,740GTOへ[9] 4[9] 退役 1992 1994
アリアン 4 42P H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ2,930[9] 9[9] 退役 1994 2002
アリアン 4 44L 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9]
SSOへ6,000
GTOへ4,200[9]
11[9] 退役 1989 1992
アリアン 4 44L H10+ 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ4,460[9] 5[9] 退役 1992 1994
アリアン 4 44L H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ4,720[9] 24[9] 退役 1995 2003
アリアン 4 44LP 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9]
SSOへ5,000
GTOへ3,700[9]
7[9] 退役 1988 1993
アリアン 4 44LP H10+ 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ4,030[9] 6[9] 退役 1992 1995
アリアン 4 44LP H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 7,000[9] GTOへ4,220[9] 13[9] 退役 1995 2001
アリアン 4 44P 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル 6,500[9]
SSOへ4,100
GTOへ3,000[9]
2[9] 退役 1991 1991
アリアン 4 44P H10-3 欧州連合の旗 欧州連合 アエロスパシアル GTOへ3,465[9] 9[9] 退役 1995 2001
アリアン 5ECA 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム英語版 21,000[10] GTOへ10,050[11] 47[12][note 5] 現役 2002
アリアン 5ME 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム 25,200[13] GTOへ11,500[14] 0 開発中
アリアン 5ES 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム 21,000[10] GTOへ8,000[12] 5[12] 現役 2008
アリアン 5G 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム 18,000[12] 6,900[12] 16[12] 退役[15] 1996 2003
アリアン 5G+ 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム 18,000[要出典] GTOへ7,100 [12] 3[12] 退役[15] 2004 2004
アリアン 5GS 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム 18,000[要出典] GTOへ6,600 [12] 6[12] 退役[15] 2005 2009
アリアン6 欧州連合の旗 欧州連合 EADS アストリアム GTOへ6,500 0 開発中
ASLV インドの旗 インド ISRO[16] 150[17] 4[17] 退役 1987 1994
アテナ I英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 820 4[18] 退役 1995 2001
アテナ Ic [19] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アライアント・テックシステムズ (ATK)
ロッキード・マーティン
0 開発中
アテナ II英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 2,065[要出典] 3[20] 退役[要出典] 1998 1999
アテナ IIc [19] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アライアント・テックシステムズ (ATK)
ロッキード・マーティン
0 開発中
アトラス・セントール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード 8,618[要出典] GTOへ3,833[要出典] 148 退役 1962 1983
アトラス G アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード 5,900[21] GTOへ2,222
HCOへ1,179[21]
7[21] 退役 1984 1989
アトラス H/MSD英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード 5 退役 1983 1987
アトラス I アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 5,900[21] 2,340[21] 11[21] 退役 1990 1997
アトラスII アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 6,780[21] GTOへ2,810
HCOへ2,000[21]
10[21] 退役 1991 1998
アトラスIIA アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 7,316[21] GTOへ3,180
HCOへ2,160[21]
23[21] 退役 1992 2002
アトラスIIAS アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 8,618[21] GTOへ3,833
HCOへ2,680[21]
30[21] 退役 1993 2004
アトラスIIIA アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 8,686[21] GTOへ4,060
HCOへ2,970[21]
2[21] 退役 2000 2004
アトラスIIIB/DEC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 10,759[21] GTOへ4,609[21] 1[21] 退役 2002 2002
アトラスIIIB/SEC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン GTOへ4,193 [21] 3[21] 退役 2003 2005
アトラス V 401 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 9,050[22]
SSOへ6,670
GTOへ4,950[22]
26[22] 現役 2002
アトラス V 411 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 9,050[22]
SSOへ8,495
GTOへ6,075[22]
3[22] 現役 2006
アトラス V 421 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 9,050[22]
SSOへ9,050
GTOへ7,000[22]
3[22] 現役 2007
アトラス V 431 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 9,050[22]
SSOへ9,050
GTOへ7,800[22]
2[22] 現役 2005
アトラス V 501 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 8,250[22]
SSOへ5,945
GTOへ3,970
GEOへ1,500[22]
5[22] 現役 2010
アトラス V 511 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 10,950[22]
SSOへ7,820
GTOへ5,370
GEOへ1,750[22]
0[22] 現役
アトラス V 521 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 13,300[22]
SSOへ9,585
GTOへ6,485
GEOへ2,760[22]
2[22] 現役 2003
アトラス V 531 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 15,300[22]
SSOへ11,160
GTOへ7,425
GEOへ3,250[22]
3[22] 現役 2010
アトラス V 541 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 17,100[22]
SSOへ12,435
GTOへ8,240
GEOへ3,730[22]
3[22] 現役 2011
アトラス V 551 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 18,500[22]
SSOへ12,435
GTOへ8,700
GEOへ3,960[22]
4[22] 現役 2006
ブラック・アロー イギリスの旗 イギリス RAE 73 2 退役 1969[note 6] 1971
コマーシャル・タイタン III アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 4 退役 1990 1992
デルタ 0300英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 700[要出典] SSOへ370[要出典] 3[23] 退役[24] 1972 1973
デルタ 0900英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1,300[25] SSOへ818[23] 2[23] 退役 1972 1972
デルタ 1410英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1[23] 退役 1975 1975
デルタ 1604英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 2[23] 退役 1972 1973
デルタ 1900英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1,800[23] 1[23] 退役 1973 1973
デルタ 1910英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1[23] 退役 1975 1975
デルタ 1913英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1[23] 退役 1973 1973
デルタ 1914英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 2[23] 退役 1972 1973
デルタ 2310 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3[23] 退役 1974 1981
デルタ 2313 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3[23] 退役 1974 1977
デルタ 2910 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1,887[23] 6[23] 退役 1975 1978
デルタ 2913 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 2,000[26] GTOへ700[26] 6[23] 退役 1975 1976
デルタ 2914 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス GTOへ724[23] 30[23] 退役 1974 1979
デルタ 3910英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 2,494[23] GTOへPAM-D使用時1,154[23] 10[23] 退役 1980 1988
デルタ 3913英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 1[23] 退役 1981 1981
デルタ 3914英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス GTOへ954[23] 13[23] 退役 1975 1987
デルタ 3920英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3,452[23] GTOへPAM-D使用時1,284[23] 10[23] 退役 1982 1989
デルタ 3924英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス GTOへ1,104[23] 4[23] 退役 1982 1984
デルタ 4925英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3,400[27] GTOへ1,312[23] 2[23] 退役 1989 1990
デルタ 5920英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3,848[28] 1[23] 退役 1989 1989
デルタII 6920 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス 3,983[23] 3[23] 退役 1990 1992
デルタII 6925 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マクドネル・ダグラス GTOへ1,447[23] 14[23] 退役 1989 1992
デルタII 7320 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 2,865[note 7][23] SSOへ1,651[note 7][23] 10[23] 現役 1999 2014[29]
デルタII 7326 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS[要リンク修正] GTOへ934
TLIへ636
HCOへ629[note 7][23]
3[23] 退役 1998[要出典]
デルタII 7420 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 3,185[note 7][23] SSOへ1,966[note 7][23] 13[23] 退役 1998 2010
デルタII 7425 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS GTOへ1,100
HCOへ804[note 7][23]
4[23] 退役 1998 2002
デルタII 7426 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS GTOへ1,058
TLIへ734
HCOへ711[note 7][23]
1[23] 退役 1999 1999
デルタII 7920 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 5,030[note 7][23] SSOへ3,123[note 7][23] 27[23] 現役 1998 2011
デルタII 7925 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS GTOへ1,819
TLIへ1,177
HCOへ1,265[note 7][23]
69[23] 退役 1990 2009
デルタ II-H 7920H アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 6,097[note 7][23] 3[23] 退役 2003 2011
デルタ II-H 7925H アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス GTOへ2,171
HCOへ1,508[note 7][23]
3[23] 退役 2003 2007
デルタIII 8930 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS 8,292[23] GTOへ3,810[23] 3[23] 退役 1998 2000
デルタ IV-H アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 28,790[30] GTOへ14,220 [30] 7[31] 現役 2004
デルタ IV-M アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング IDS 9,440[30] GTOへ4,440[30] 3[31] 現役 2003
デルタ IV-M+(4,2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 13,140[30] GTOへ6,390[30] 12[31] 現役 2002
デルタ IV-M+(5,2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 11,470[30] GTOへ5,490[30] 1[31] 現役 2012
デルタ IV-M+(5,4) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ユナイテッド・ローンチ・アライアンス 14,140[30] GTOへ7,300[30] 4[31] 現役 2009[32]
ディアマン フランスの旗 フランス SEREB 12 退役 1965 1975
ドニエプル-1  ウクライナ ユージュマシュ 3,700[33] 21[33] 現役 1999
エレクトロン  ニュージーランド Rocket Lab 110[34] 2 現役 2017 2018
エネルギア[note 8] ソビエト連邦 ソビエト連邦 NPO エネルギア 100,000[35] GEO20,000[35]
TLIへ32,000[35]
1[36] 退役 1987 1987
エネルギア-ブラン ソビエト連邦 ソビエト連邦 NPO エネルギア (打上げ機)
NPO モルニア (オービタ)
30,000[35]
[note 9]
1 退役 1988 1988
イプシロン 日本の旗 日本 IHIエアロスペース[37] 1,200[38] 1 現役[38] 2013
ファルコン 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 670[要出典] 5 退役[39] 2006 2009
ファルコン 1e アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 1,010[要出典] 0 退役[39]
ファルコン 9 v1.0 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 10,450[40][41][42] 5[43] 退役[44] 2010 2013
ファルコン 9 v1.1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 13,150[note 10][45][46] GTOへ4,850[45] 15 退役 2013 2016
ファルコン 9 FT アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 22,800[note 11][47] GTOへ8,300[note 11][47] 28 現役 2015 2018
ファルコンヘビー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 63,800[note 11][47] GTOへ26,700[note 11][47] 1 現役 2018 2018
GSLV Mk.I(a) インドの旗 インド ISRO[48][49] 1 退役 2001 2001
GSLV Mk.I(b) [50][51] インドの旗 インド ISRO 5,000[要出典] GTOへ2,500[52] 4[53] 退役 2003 2007[53]
GSLV Mk.I(c) インドの旗 インド ISRO 5,000[要出典] GTOへ2,500[52] 1[53] 退役 2010 2010[53]
GSLV Mk.II インドの旗 インド ISRO 5,000[要出典] GTOへ2,500[52] 2[53] 現役 2010 2014
GSLV Mk.III (LVM3) インドの旗 インド ISRO[54] 8,000[55] GTOへ4,000[56] 1[57] 開発中 (CUS(極低温上段)を使用せずに打ち上げ) 2014 2014
H-I 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
三菱重工 3,200[要出典] GTOへ1,100[要出典] 9 退役 1986 1992
H-II 日本の旗 日本 三菱重工 5[58][note 12] 退役 1994 1998
H-IIA 202 日本の旗 日本 三菱重工 10,000[59] GTOへ3,800[59] 15[59] 現役 2001
H-IIA 204 日本の旗 日本 三菱重工 GTOへ5,800[59] 1[59] 現役 2006 2006
H-IIA 2022 日本の旗 日本 三菱重工 4,200[59] 3[59] 退役 2005 2007
H-IIA 2024 日本の旗 日本 三菱重工 7[59] 退役 2002 2008
H-IIB 304 日本の旗 日本 三菱重工 16,500[60] 8,000[61] 4[62] 現役 2009
H-II/SSB 日本の旗 日本 三菱重工 1[58] 退役 1995 1995
H-IIS 日本の旗 日本 三菱重工 1[note 13][58] 退役 1999 1999
J-I 日本の旗 日本 石川島播磨重工業
日産自動車[63]

0(+1)

退役 1996 1996
開拓者1号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 2 現役 2002 2003[要出典]
コスモス3M ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
NPO Polyot英語版 1,500 442[要出典] 退役 1967 2010[要出典]
快舟 中華人民共和国の旗 中国 CALT[要出典] 400[64] 2[64] 現役 2013[64] 2014[64]
ラムダ 4S 日本の旗 日本 日産自動車[63] 26[38] 5 退役 1966 1970[要出典]
長征1号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 300[要出典] 2[65] 退役[66] 1970[65] 1971[65]
長征1号D 中華人民共和国の旗 中国 CALT

0(+3)

退役 1995[note 14] 2002
長征2号A 中華人民共和国の旗 中国 CALT 2,000 4[67] 退役 1974[67] 1978[67]
長征2号C 中華人民共和国の旗 中国 CALT 3,850 44[67] 現役 1982[67]
長征2号D 中華人民共和国の旗 中国 CALT 3,500 22 [67] 現役 1992[67]
長征2号E 中華人民共和国の旗 中国 CALT 9,500 7[67] 退役 1990 1995[67]
長征2号F 中華人民共和国の旗 中国 CALT 8,400 7[67] 現役 1999[67] 2008[67]
長征2号F/G 中華人民共和国の旗 中国 CALT 8,400 4[67] 現役 2011[67]
長征3号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 5,000 14[68] 退役 1984[68] 2000[68]
長征3号A 中華人民共和国の旗 中国 CALT GTOへ2,650[69] 24[68] 現役 1994[68]
長征3号B 中華人民共和国の旗 中国 CALT 11,200[60][70] 10[68] 現役 1996[68] 2009
長征3号B/E 中華人民共和国の旗 中国 CALT 11,500[60][70] GTOへ5,500 [70] 16[68] 現役 2007[68]
長征3号B(A) 中華人民共和国の旗 中国 CALT 0 開発中[要出典]
長征3号C 中華人民共和国の旗 中国 CALT GTOへ3,800 [70] 11
[68]
現役 2008[68]
長征4号A 中華人民共和国の旗 中国 CALT 4,000 2[71] 退役 1988[71] 1990[71]
長征4号B 中華人民共和国の旗 中国 CALT 4,200[72] 24[72] 現役 1999[72]
長征4号C 中華人民共和国の旗 中国 CALT 16[71] 現役 2006[71]
長征5号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 25,000 [73] GTOへ14,000 [73] 2 現役 2016 2017
長征6号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 2 現役 2015 2017
長征7号 中華人民共和国の旗 中国 CALT 2 現役 2016 2017
長征 9 中華人民共和国の旗 中国 CALT 130,000[74] TLIへ50,000[75] 0 開発中[要出典]
M-V 日本の旗 日本 日産自動車[63](-2000)
IHIエアロスペース[37](-2006)
1,800 - 1,850[38] 7 退役 1997 2006
ミノタウロス I アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 580[76] 10[77] 現役 2000 2013
ミノタウロス IV アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 3(+2)[78] 現役 2010[78] 2011[78]
ミノタウロス V アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル GTOへ640
TLIへ447
1[78] 現役 2013[78]
ミノタウロス-C アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 1,450[79] SSOへ1,050[79] 9[80] 現役[81] 1994 2011[80]
モルニヤ ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 24[82] 退役 1960 1965[82]
モルニヤ-M英語版 ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
RSCエネルギア 275 退役 1964 2010
M-3C 日本の旗 日本 日産自動車[63] 195[38] 4 退役 1974 1979
M-3H 日本の旗 日本 日産自動車[63] 300[38] 3 退役 1977 1978
M-3S 日本の旗 日本 日産自動車[63] 300[38] 4 退役 1980 1984[要出典]
M-3SII 日本の旗 日本 日産自動車[63] 770[38] 8 退役 1985 1995
M-4S 日本の旗 日本 日産自動車[63] 180[38] 4 退役 1971 1972
N-1 ソビエト連邦 ソビエト連邦 NPO エネルギア 95,000 [83][84][85][note 15](never reached orbit) 4 [86] 退役 1969 1972
N-I 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
三菱重工 退役 1975 1982[要出典]
N-II 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
三菱重工 8 退役 1981 1987[要出典]
羅老 大韓民国の旗 韓国
ロシアの旗 ロシア
KARI/クルニチェフ 3 退役 2009 2013
白頭山1号 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 KCST 退役 1998
ペガサス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 443[87] 42[88] 現役 1990 2013[88]
ペガサス II英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オービタル 6,120[89] 開発中
ロコット ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 1,400 退役 1963 1964[要出典]
プロトン-K ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
クルニチェフ 19,760[要出典] GTOへ4,930[要出典] 311 [90] 退役 1965 2012[要出典]
プロトン-M ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
クルニチェフ 21,600[91] GTOへ6,150[91] 87[92][93][94] 現役 1999[94]
PSLV インドの旗 インド ISRO 3,200[95] SSOへ1,600
GTOへ1,050[96]
11[97][要出典] 現役 1993[97]
PSLV-CA インドの旗 インド ISRO 2,800[95] SSOへ1,100[96] 10[97] 現役 2007
PSLV-XL インドの旗 インド ISRO 3,800[96]
SSOへ1,750
GTOへ1,300[96]
7[97] 現役 2008
PSLV-HP インドの旗 インド ISRO 4,000[96]
SSOへ1,900
GTOへ1,440[96]
0 開発中
ロコット ロシアの旗 ロシア クルニチェフ 1,950 25[98][99] 現役 1990
サフィール イランの旗 イラン イラン宇宙機関 3[100] 現役 2008 2013[100]
サターン I アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クライスラー (S-I)
ダグラス (S-IV)
10[101] 退役 1961 1965[101]
サターン IB アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 クライスラー (S-IB)
ダグラス (S-IVB)
20,412[要出典] 9[102] 退役 1966 1975
サターン V アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング (S-IC)
ノースアメリカン (S-II)
ダグラス (S-IVB)
118,000[103] TLIへ47,000[103] 13[104][105][note 16] 退役 1967 1973
スカウト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国空軍/NASA 150 125 退役 1961 1994
シャヴィト イスラエルの旗 イスラエル IAE 160 9 現役 1988 2014
シュチーリ英語版 ロシアの旗 ロシア マキーエフ 160 - 430 2[106] 現役 1998 2006
シムルグ イランの旗 イラン イラン宇宙機関 60-100[107][108] 0
SLS Block 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ATK (SRBs)

ボーイング (計画)[109]

70,000[110] TLIへ25,000[111] 0 開発中
SLS Block 1B アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ATK (SRBs)

ボーイング (計画)[109]

97,500[110] TLIへ37,800[112] 0 開発中
SLS Block 2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ATK (SRBs)

ボーイング (計画)[109]

130,000[110] TLIへ60,000[113] 0 開発中
SLV インドの旗 インド ISRO 40[114] 4[114] 退役 1979 1983[114]
ソユーズ ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 6,450 30 退役 1966 1975
ソユーズL ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 5,500 3 退役 1970 1971
ソユーズ-M ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 6,600 8 退役 1971 1976
ソユーズ-U ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
TsSKB-プログレス プレセツクから6,200–6,700 kg
バイコヌールから6590-6950 kg[115]
770[116] 現役 1973
ソユーズ-U2 ソビエト連邦 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
TsSKB-プログレス 92 退役 1982 1995
ソユーズ-FG ロシアの旗 ロシア TsSKB-プログレス 6,790–7130 kg[117] 50[82][116] 現役 2001
ソユーズ-2.1a ロシアの旗 ロシア TsSKB-プログレス

16(+1)[118][119][120]

現役 2004[note 17]
ソユーズ-2.1b ロシアの旗 ロシア TsSKB-プログレス 16[121][122][123] 現役 2006
ソユーズ-ST ロシアの旗 ロシア/欧州連合の旗 欧州連合 TsSKB-プログレスESA 9[124][125] 現役 2011
ソユーズ-2.1v ロシアの旗 ロシア TsSKB-プログレス 2,850 1[126] 現役 2013
スペースシャトル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ATK (SRBs)
マーティン・マリエッタ (ET)
ロックウェル・インターナショナル (オービタ)
24,400[note 9] GTOへIUS使用して4944[127]

IUSを使用して脱出時3550[127]

GTOへPAM-D使用して1200[128]

135[129] 退役 1981 2011
スプートニク 8K71PS ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 500 2 退役 1957 1957
スプートニク 8A91 ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 1,327 2 退役 1958 1958
スタールト1 ロシアの旗 ロシア MITT 532[要出典] SSO167 [要出典] 7[要出典] 現役 1993 2006[要出典]
ストラトローンチ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ストラトローンチ・システムズ 6,100[130] 開発中[130] 2016[131]
ストレラ ロシアの旗 ロシア クルニチェフ 1,700 3[132] 現役[132] 2003 2014
スーパー ハース  ルーマニア ARCA 2,600 0 開発中
タイタン II GLV アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 3,580

11(+1)

退役 1964 1966
Titan II(23)G アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 3,600 13 退役 1988 2003
タイタン IIIA アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 3,100 退役 1964 1965
タイタン IIIB アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 3,000 70 退役 1966 1987
タイタン IIIC アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 13,100 36 退役 1965 1982
タイタン IIID英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 12,300 22 退役 1971 1982
タイタン IIIE アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 15,400 7 退役 1974 1977
タイタン 34D アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 15 退役 1982 1989
タイタンIVA アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン・マリエッタ 17,110[133] SSOへ14090[133]

GTOへIUSを使用して4944[133]

GSOへセントール上段を使用して4540[133]

IUSを使用して脱出時3550[133]

22[134] 退役 1989 1998
タイタンIVB アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロッキード・マーティン 21,682[135] GTOへ5,761 [135]
(上段使用時9,000)
17[134] 退役 1997 2005
トロナドール II英語版[要リンク修正] アルゼンチンの旗 アルゼンチン CONAE 0 開発中
ツィクロン-2A ソビエト連邦 ソビエト連邦 ユージュマシュ 8[136] 退役 1967 1969
ツィクロン-2 ソビエト連邦 ソビエト連邦
 ウクライナ
ユージュマシュ 106[137] 退役 1969 2006[137]
ツィクロン-3 ソビエト連邦 ソビエト連邦
 ウクライナ
ユージュマシュ 122[138] 退役 1977 2009[138]
ツィクロン-4  ウクライナ ユージュマシュ 5,500 [139] GTOへ1,700 [139] 0 開発中
銀河 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 KCST 100 3 現役 2009
ヴァンガード アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マーティン 23[要出典]

11(+1)

退役 1957 1959
ヴェガ 欧州連合の旗 欧州連合 ESA/ASI 極軌道へ1,430 [140]

SSOへ1,330[140]

3[141] 現役 2012 [142]
VLS-1 ブラジルの旗 ブラジル AEB, INPE 380 2[note 18] 現役 1997 2003
ヴォルナ ロシアの旗 ロシア マキーエフ 100

1(+5)[106]

現役 1995[note 19] 2005[106]
ボスホート ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 306 退役 1963 1976
ヴォストーク-L英語版 ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 4 退役 1960 1960
ヴォストーク-K英語版 ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 16 退役 1960 1964[要出典]
ヴォストーク-2英語版 ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 45 退役 1962 1967[要出典]
ヴォストーク-2M英語版 ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 93[要出典] 退役 1964 1991[要出典]
ソユーズ/ヴォストーク ソビエト連邦 ソビエト連邦 RSCエネルギア 退役 1965 1966[要出典]
ゼニット-2 ソビエト連邦 ソビエト連邦
 ウクライナ
ユージュノエ 13,740[143] 37[62] 退役 1985 2004[144]
ゼニット-2M (2SLB)  ウクライナ ユージュノエ 13,920[143] 1 現役 2007
ゼニット-3F  ウクライナ ユージュノエ[note 20] 2[145] 現役 2011
ゼニット-3SL  ウクライナ ユージュマシュ
RKKエネルギア [note 21]
GTOへ6,000 [146] 36[145] 現役 1999
ゼニット-3SLB  ウクライナ ユージュマシュ
RKKエネルギア [note 20]
GTOへ3,750[145] 5[145] 現役 2008

脚注[編集]

  1. ^ 多数の異なる方法がある。それぞれの方法には利点と欠点が備わり宇宙機の推進は研究の活発な分野である。しかしながら、大半の現在の宇宙機は機体の後部のノズルから高速でガスを噴射して推進する。この種のエンジンはロケットエンジンと呼ばれる。
  2. ^ 最初に使用されたロケットは火薬を動力として用いた固体燃料ロケットで中国、インド、モンゴル、アラブで13世紀初頭の戦争で用いられた。
  3. ^ その中でペガサスロケットスペースシップ・ワンのような
  4. ^ 大半の人工衛星は単純で信頼性の高い化学推進器(一液推進系)やレジストジェットを軌道維持、モーメンタム・ホイール姿勢制御用に備える。ソビエトの人工衛星推進器を数十年にわたり備え、新しい西側の宇宙機はそれらを南東の位置の維持や軌道上昇に使用し始めた。惑星間用の機体も大半が同様に化学推進だが少数の事例において(2系統の異なる電気推進である)イオン推進器ホール効果推進器が使用され、大きな成功を収めた。
  5. ^ アリアン5の完全な打ち上げ記録は当該記事を参照
  6. ^ 1969年に弾道飛行、1970に最初の軌道周回飛行
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 9.5 foot (2.9m)のフェアリング込み
  8. ^ ブランと軌道投入能力を持つ積載物は含めない
  9. ^ a b アメリカのスペースシャトル輸送システムとソビエトのエネルギア-ブランシステムは打上げ機と再使用型宇宙往還機で構成される。積載物の値は貨物室の積載物の重量で軌道往還機自体の重量は含まない。
  10. ^ スペースX社のウェブサイトによるとファルコン9の低軌道へのペイロードは13,150kg. GTOへのペイロードは4,850kg. しかしながら、スペースX社は再利用のための30%の余裕を含む。
  11. ^ a b c d この数値はロケットを使い捨てにした場合のもの。再使用のための回収を行う場合、性能は低下する。
  12. ^ H-II/SSB と H-IIS 仕様の2回の打ち上げには含まない
  13. ^ 軌道に到達しなかった唯一の失敗
  14. ^ 1995に弾道飛行、1997と2002年には軌道投入を目的としない打ち上げ
  15. ^ N1ロケットは当初低軌道へ75mtを投入するように設計されたが、液体水素上段エンジンの開発が可能であるなら打ち上げ能力は90—95 mtに増強が可能になると調査された。
  16. ^ サターン V は13回打ち上げられ、12回は予定された軌道に投入されたが、他(アポロ6号)は予定とは異なる軌道に投入された。; しかしながら任務のいくつかは完了された。; NASA, Saturn V News Reference, Appendix: Saturn V Flight History (1968). 更なる情報はサターン Vの記事を参照。"ロケットはウェルナー・フォン・ブラウンによって完成され、いかなる打ち上げの失敗も無かった。", Alan Lawrie and Robert Godwin; Saturnと記されるようにサターンVの打ち上げ記録では失敗は無かった事になっているがアポロ6号の打ち上げは部分的な失敗であると考えるべきである。サターンVの13回目の打ち上げとスカイラブ (SA-513)は特異な事例である。
  17. ^ 弾道飛行は2004年、最初の軌道周回飛行は2006年
  18. ^ 3機目のロケットは打ち上げ前に爆発
  19. ^ First orbital launch attempt in 2005
  20. ^ a b ランド・ローンチによって運営される
  21. ^ シーローンチによって運用される

出典[編集]

  1. ^ Angaga Launch Vehicle Family”. Khrunichev. 2010年6月12日閲覧。
  2. ^ Angara rocket launches on maiden flight”. NASASpaceflight.com (2014年7月9日). 2014年7月9日閲覧。
  3. ^ Семейство ракет-носителей «Ангара», date unknown, Retrieved 2010-08-09.
  4. ^ Russian Space Web”. Russianspaceweb.com. 2012年7月25日閲覧。
  5. ^ Russian Space Web”. 2014年7月9日閲覧。
  6. ^ a b Antares”. 2014年7月9日閲覧。
  7. ^ a b c Antares Launch Vehicle Information”. 2014年7月9日閲覧。
  8. ^ a b c Antares Fact Sheet”. Orbital Sciences. 2014年12月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az Gunter, Krebs. “Ariane-1, -2, -3, -4”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日閲覧。
  10. ^ a b Ariane 5 Users Manual, Issue 4, P. 39 (ISS orbit) (PDF)”. アリアンスペース. 2007年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月13日閲覧。
  11. ^ Ariane 5 delivers a record performance with two payloads for new Arianespace customers”. アリアンスペース. 2011年4月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j Ariane-5”. Space.skyrocket.de. 2014年12月23日閲覧。
  13. ^ http://spaceflightnow.com/news/n1211/21ariane/
  14. ^ ESA - Launch vehicles - Ariane 5 ME”. Esa.int (2011年6月21日). 2013年11月11日閲覧。
  15. ^ a b c Final launch of Ariane 5 GS completes busy year / Launchers / Our Activities / ESA”. Esa.int (2009年12月19日). 2013年11月4日閲覧。
  16. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  17. ^ a b Launch history India's space launchers”. 2014年2月13日閲覧。
  18. ^ Athena-1”. Astronautix.com. 2017年9月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月4日閲覧。
  19. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2010年3月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月23日閲覧。
  20. ^ Athena-2”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Gunter, Krebs. “Atlas Centaur”. Gunter's Space Page. 2011年8月1日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad Gunter, Krebs. “Atlas-5”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg Gunter, Krebs. “Delta”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  24. ^ Wade, Mark. “Delta 0300”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  25. ^ Wade, Mark. “Delta 0900”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  26. ^ a b Wade, Mark. “Delta 2913”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  27. ^ Wade, Mark. “Delta 4000”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  28. ^ Wade, Mark. “Delta 5000”. Encyclopedia Astronautica. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  29. ^ ULA Delta II successfully lofts OCO-2 to orbit” (2014年7月2日). 2014年7月9日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g h i j Delta IV Payload Planner's Guide, June 2013”. United Launch Alliance. 2014年7月閲覧。
  31. ^ a b c d e Gunter, Krebs. “Delta-4”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  32. ^ Delta Launch Report | New communications craft launched for U.S. military”. Spaceflight Now (2009年12月5日). 2013年11月4日閲覧。
  33. ^ a b Gunter, Krebs. “Dnepr-1”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  34. ^ NZ to get its own space programme by 2015
  35. ^ a b c d S.P.Korolev S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア - LAUNCHERS”. Energia. 2009年1月9日閲覧。
  36. ^ Wade, Mark. “Energia”. Encyclopedia Astronautica. 2010年8月9日閲覧。
  37. ^ a b Projects&Products”. IHI Aerospace. 2011年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月8日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g h i Satellite Launch Vehicles”. 宇宙科学研究所(ISAS). 2011年3月4日閲覧。
  39. ^ a b Space Exploration Technologies Corporation - Falcon 1”. 2011年1月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月29日閲覧。
  40. ^ FALCON 9 OVERVIEW”. スペースX. 2013年11月4日閲覧。
  41. ^ Falcon 9 Overview”. Space Exploration Technologies. 2010年10月29日閲覧。
  42. ^ Falcon 9 Overview”. SpaceX (2011年). 2011年12月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月1日閲覧。
  43. ^ Klotz, Irene (2013年9月6日). “Musk Says SpaceX Being "Extremely Paranoid" as It Readies for Falcon 9’s California Debut”. Space News. http://www.spacenews.com/article/launch-report/37094musk-says-spacex-being-%E2%80%9Cextremely-paranoid%E2%80%9D-as-it-readies-for-falcon-9%E2%80%99s 2013年11月4日閲覧. "会社はこれまでに5機のファルコン9を打ち上げ、全てケープカナベラル空軍基地から打ち上げられた。3機はNASAの国際宇宙ステーションへドラゴン貨物カプセルによる輸送で他の2機は試験飛行だった。" 
  44. ^ Clark, Stephen (2012年5月18日). “Q&A with SpaceX founder and chief designer Elon Musk”. 2013年11月4日閲覧。 “次のファルコン9の派生型は多目的に使用可能である。最後の1.0型の打ち上げはフライト5の予定である。フライト5の後の全ての将来の打ち上げはv1.1である。私達はこのフライト3と2回の商業補給サービス CRSをフライト4とフライト5ではVersion 1.0を使用数する。その後のCRSや他の将来の任務ではVersion 1.1を使う予定である。
  45. ^ a b FALCON 9 SpaceX”. スペースX. 2014年1月23日閲覧。
  46. ^ Gwynne Shotwell (March 21, 2014). Broadcast 2212: Special Edition, interview with Gwynne Shotwell (audio file). The Space Show. Event occurs at 08:15–11:20. 2212. Archived from the original (mp3) on March 22, 2014. March 22, 2014閲覧. [ファルコン 9 v1.1]打上げ機は回収して再使用するために30%性能に余裕を持たせてある。 
  47. ^ a b c d Capabilities & Services”. SpaceX. 2018年2月24日閲覧。
  48. ^ Welcome To ISRO :: GSLV :: GSLV-D1”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  49. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV :: GSLV-D2”. Isro.org (2001年4月18日). 2013年11月4日閲覧。
  50. ^ Welcome To ISRO”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  51. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV :: GSLV-F04”. Isro.org. 2013年11月4日閲覧。
  52. ^ a b c Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV”. ISRO (2014年). 2014年4月4日閲覧。
  53. ^ a b c d e Gunter, Krebs. “GSLV”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  54. ^ Welcome To ISRO :: Launch Vehicles :: GSLV Mark III”. Isro.gov.in. 2013年11月4日閲覧。
  55. ^ LVM3 - ISRO”. Isro.gov.in. 2015年1月22日閲覧。
  56. ^ GSLV Mark III”. インド宇宙研究機関 (2014年). 2014年4月4日閲覧。
  57. ^ As it happened: ISRO successfully launches GSLV Mark-III”. The Hindu (2014年). 2014年12月18日閲覧。
  58. ^ a b c Gunter, Krebs. “H-2”. Gunter's Space Page. 2011年8月1日閲覧。
  59. ^ a b c d e f g h Gunter, Krebs. “H-2A”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  60. ^ a b c Falcon Heavy Overview”. SpaceX (2013年). 2013年11月27日閲覧。
  61. ^ H-IIB Launch Vehicle, P. 2”. JAXA. 2014年3月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月3日閲覧。
  62. ^ a b Space Launch Report 2014 Launch Stats”. Spacelaunchreport.com. 2014年11月25日閲覧。
  63. ^ a b c d e f g h NISSAN HERITAGE COLLECTION online【その他】プリンス自動車工業小史”. 日産自動車. 2011年3月8日閲覧。
  64. ^ a b c d Kuaizhou”. Gunter's Space Pages. 2014年12月31日閲覧。
  65. ^ a b c CZ-1”. Gunter's Space Page. 2014年2月12日閲覧。
  66. ^ CZ-1”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  67. ^ a b c d e f g h i j k l m n CZ-2”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k CZ-3”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  69. ^ [专题]中国大推力火箭技术已被日本大幅超越_网易新闻中心”. War.news.163.com. 2013年11月4日閲覧。
  70. ^ a b c d 长征三号甲运载火箭简述”. 2011年10月31日閲覧。
  71. ^ a b c d e CZ-4”. Gunter's Space Page. 2014年12月31日閲覧。
  72. ^ a b c CZ-4B (Chang Zheng-4B)”. Space.skyrocket.de. 2014年12月31日閲覧。
  73. ^ a b “ChangZheng 5 (Long March 5) Launch Vehicle”. SinoDefence.com. (2009年2月20日). http://www.sinodefence.com/space/launcher/changzheng5.asp 2009年3月6日閲覧。 
  74. ^ Covault, Craig. “First Look: China’s Big New Rockets « AmericaSpace”. Americaspace.com. 2013年11月4日閲覧。
  75. ^ Chinese Super-Heavy Launcher Designs Exceed Saturn V”. aviationweek.com. 2014年12月4日閲覧。
  76. ^ Minotaur I Space Launch Vehicle—Fact Sheet”. Orbital Sciences Corporation (2012年). 2012年2月28日閲覧。 “低軌道(28.5 deg, 185 km)へは最大580 kgまで投入できる。
  77. ^ Minotaur Space Launch Vehicles”. Orbital Sciences Corporation (2012年). 2012年8月28日閲覧。 “現時点においてミノタウロスは10回の打ち上げで100%成功して33機の人工衛星を軌道に投入した。
  78. ^ a b c d e アーカイブされたコピー”. 2013年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。
  79. ^ a b Minotaur-C Factsheet”. Orbital Science Corporation (2014年). 2014年7月9日閲覧。
  80. ^ a b Taurus / Minotaur-C”. Gunter's Space Page (2014年5月). 2014年5月4日閲覧。
  81. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月23日閲覧。
  82. ^ a b c Molniya and Soyuz with upper stages”. Gunter's Space Page. 2014年12月27日閲覧。
  83. ^ Complex N1-L3”. Energia.ru. 2013年11月4日閲覧。
  84. ^ L3”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  85. ^ RSC "Energia" - History”. Energia.ru (2011年4月12日). 2013年11月4日閲覧。
  86. ^ Wade, Mark. “N1”. Encyclopedia Astronautica. 2010年8月9日閲覧。
  87. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月12日閲覧。
  88. ^ a b Pegasus”. Gunter's Space Pages. 2014年12月31日閲覧。
  89. ^ Bergin, Chris (2013年5月25日). “Stratolaunch and Orbital – The Height of Air Launch”. NASA SpaceFlight. http://www.nasaspaceflight.com/2013/05/stratolaunch-orbital-air-launch/ 2013年5月24日閲覧。 
  90. ^ Proton”. Astronautix.com. 2013年11月4日閲覧。
  91. ^ a b Proton Launch System Mission Planner’s Guide, LKEB-9812-1990”. インターナショナル・ローンチ・サービス. pp. 2–2. 2007年10月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月12日閲覧。 “LEO i = 51.6°, H = 200 km circular ... GTO (1800 m/s from GSO) i = 31.0°, Hp = 2100 km, Ha = 35,786 km”
  92. ^ Proton-M Blok-DM-2”. Gunter's Space Pages. 2014年12月30日閲覧。
  93. ^ Proton-M Blok-DM-03”. Gunter's Space Pages. 2014年12月30日閲覧。
  94. ^ a b Proton-K and -M Briz-M”. Gunter's Space Page. 2014年12月30日閲覧。
  95. ^ a b PSLV variants capability”. ISRO. 2010年5月15日閲覧。
  96. ^ a b c d e f Gunter, Krebs. “PSLV”. Gunter's Space Page. 2011年8月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月2日閲覧。
  97. ^ a b c d PSLV launches”. 2014年12月23日閲覧。
  98. ^ Rokot (Rockot)”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  99. ^ Rockot Launch Vehicle”. Khrunichev.ru. 2013年11月4日閲覧。
  100. ^ a b Safir”. 2014年12月23日閲覧。
  101. ^ a b Saturn-1 & Saturn-1B”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  102. ^ Bilstein, Roger E.. “Appendix C: Saturn Family/Mission Data”. Stages to Saturn A Technological History of the Apollo/Saturn Launch Vehicles. NASA History Office. 2011年4月7日閲覧。
  103. ^ a b Rocket and Space Technology”. Braeunig.us. 2013年11月4日閲覧。
  104. ^ Alan Lawrie and Robert Godwin, Saturn, 2005 (paperback, Apogee Books Space Series, 2010), ISBN 1-894959-19-1
  105. ^ John Duncan, Saturn V Flight History (1999), web page (accessed 20 August 2010)
  106. ^ a b c Vysota / Volna / Shtil”. 2014年12月23日閲覧。
  107. ^ Iranian DM: Simorgh to Carry Tolou, Mesbah Satellites into Space”. Fars News Agency (2010年2月3日). 2011年11月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月3日閲覧。
  108. ^ Iran unveils three new home-made satellites”. Payvand.com. 2012年7月25日閲覧。
  109. ^ a b c Space Launch System (SLS) Program Overview”. Nasa.gov. 2013年11月4日閲覧。
  110. ^ a b c Space Launch System”. Nasa.gov. 2013年8月27日閲覧。
  111. ^ NASA’S SPACE LAUNCH SYSTEM (SLS) PROGRAM: MARS PROGRAM UTILIZATION”. 2014年3月26日閲覧。
  112. ^ NASA’S SPACE LAUNCH SYSTEM (SLS) PROGRAM: MARS PROGRAM UTILIZATION”. 2014年3月26日閲覧。
  113. ^ Space Launch Report - Space Launch System Data Sheet”. 2014年12月4日閲覧。
  114. ^ a b c SLV-3”. 2014年2月13日閲覧。
  115. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月4日閲覧。
  116. ^ a b Soyuz”. Gunter's Space Page. 2014年12月27日閲覧。
  117. ^ アーカイブされたコピー”. 2012年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月4日閲覧。
  118. ^ Soyuz-2-1a”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  119. ^ Soyuz-2-1a Fregat”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  120. ^ Soyuz-2-1a Fregat-M”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  121. ^ Soyuz-2-1b”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  122. ^ Soyuz-2-1b Fregat”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  123. ^ Soyuz-2-1b Fregat-M”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  124. ^ Soyuz-STA Fregat”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  125. ^ Soyuz-STB Fregat-MT”. Gunter's Space Pages. 2014年12月27日閲覧。
  126. ^ After Series of Delays, Russia Launches New Soyuz Rocket”. RIA Novosti (2013年12月28日). 2013年12月28日閲覧。
  127. ^ a b Shuttle (STS)”. Gunter's Space Page. 2014年7月閲覧。
  128. ^ SPACE TRANSPORTATION SYSTEM PAYLOADS” (2000年). 2014年7月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月29日閲覧。
  129. ^ NASA - Space Shuttle”. Nasa.gov. 2012年7月25日閲覧。
  130. ^ a b Stratolaunch Aims to Break Affordability Barrier”. Aviation Week (2011年12月13日). 2011年12月15日閲覧。
  131. ^ Mecham, Michael; Frank Morring, Jr. (2011年12月20日). “Allen Places Big Bet On Air Launches”. Aviation Week. http://www.aviationweek.com/aw/generic/story.jsp?channel=space&id=news/awst/2011/12/19/AW_12_19_2011_p26-406657.xml&headline=Allen%20Places%20Big%20Bet%20On%20Air%20Launches&prev=10 2011年12月23日閲覧. "チーム全体では2016年の初打ち上げに向けてまだ細部の開発作業中である。" 
  132. ^ a b Strela”. Gunter's Space Page. 2014年12月23日閲覧。
  133. ^ a b c d e Titan-4”. Gunter's Space Page. 2014年7月閲覧。
  134. ^ a b Titan-4”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  135. ^ a b Fact Sheet - TITAN IVB”. アメリカ合衆国空軍. 2007年11月12日閲覧。[リンク切れ]
  136. ^ Tsiklon-2A (11K67)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  137. ^ a b Tsiklon-2 (11K69)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  138. ^ a b Tsiklon-3 (11K68)”. Space.skyrocket.de. 2013年11月4日閲覧。
  139. ^ a b “Tsyklon-4 launcher main features”. nkau.gov.ua. http://www.nkau.gov.ua/nsau/catalogNEW.nsf/systemE/2C16C6A39AAF93DBC3256BF8004C1235?OpenDocument&Lang=E 2013年2月25日閲覧。 
  140. ^ a b Vega User's Manual”. Arianespace (2014年4月). 2014年4月4日閲覧。
  141. ^ Vega”. Gunter's Space Page (2014年4月30日). 2015年9月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月9日閲覧。
  142. ^ Vega / Launch vehicles / Launchers / Our Activities / ESA”. Esa.int (2013年5月10日). 2013年11月4日閲覧。
  143. ^ a b Ed Kyle. “Zenit Data Sheet”. Spacelaunchreport.com. 2013年11月4日閲覧。
  144. ^ Zenit launch vehicle”. Russianspaceweb.com. 2013年11月4日閲覧。
  145. ^ a b c d Zenit-3”. Gunter's Space Page (2014年5月26日). 2012年12月23日閲覧。
  146. ^ Launch Vehicle”. シーローンチ. 2009年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年12月10日閲覧。

関連項目[編集]