ロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメント (Royal Aircraft Establishment; RAE) とは、イギリス研究施設。直訳で、王立航空機関だが、王立航空協会王立航空研究所などと訳されることがある。一時はイギリス国防省 (MOD) の下位組織で、イギリス空軍イギリス海軍に発注された航空機はRAEで必ず検査された。

概要[編集]

ハンプシャーファーンボロに気球を製造するバルーン・ファクトリーが設けられ、1911年ロイヤル・エアクラフト・ファクトリーへ名称を変えた。ファーンボロでイギリス陸軍飛行船 No 1などサミュエル・コーディによるイギリス初の航空機の飛行が成功した。

第一次世界大戦ではRAF S.E.5をはじめとするイギリス陸軍航空隊向けの航空機が開発された。1918年イギリス空軍の設立に伴い、ロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメントへと名称を変えた。1946年にはベッドフォードシャーベッドフォードに移転した。

マーリン・エアクラフト・エクスペリメンタル・エスタブリッシュメントは、第二次世界大戦の始まりの頃にRAEと合併した。そして、サフォークフェリクストウからスコットランドヘレンズバラに移転した。

第二次大戦中にはロイヤル・エアクラフト・エスタブリッシュメントのベアトリス・シリング (Beatrice Tilly Shilling) が、ロールス・ロイス マーリンの欠陥を克服するのに成功した。

戦後は1960年代頃までロケット・プロジェクトを行った。それらにはイギリス初の人工衛星投入に成功したブラック・アローがある。

1988年にロイヤル・エアロスペース・エスタブリッシュメントに名称を変え、1991年には他の研究機関と統合され、ディフェンス・リサーチ・エージェンシー(国防研究庁)となった。1995年には国防省の他組織と合併され、ディフェンス・エボリューション・アンド・リサーチ・エージェンシー(国防評価研究庁または国防評価研究所)になった。

2001年に組織の一部を民営化されることとなり、国営のディフェンス・サイエンス・アンド・テクノロジー・ラボラトリー(国防科学技術研究所)とQinetiQ(キネティク)になっている。

外部リンク[編集]