IHIエアロスペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社IHIエアロスペース
IHI AEROSPACE CO., LTD.
IHI logo.svg
種類 株式会社
略称 IA
本社所在地 日本の旗 日本
135-0061
東京都江東区豊洲3-1-1 豊洲IHIビル
設立 2000年
業種 機械
事業内容 宇宙機器、防衛機器等の設計、製造及び販売等
資本金 50億円
主要株主 (株)IHI:100%
外部リンク www.ihi.co.jp/ia/
テンプレートを表示

株式会社IHIエアロスペースとは、日本ロケット飛翔体の総合メーカー。現在は株式会社IHIの子会社であるが、日産自動車株式会社宇宙航空事業部が母体である。

主として固体燃料ロケット(ロケットモーター)技術を応用し、各種宇宙用ロケットの開発及び防衛用ロケットの開発と製造を行っている。

概要[編集]

IHIエアロスペースの固体燃料ロケット技術は、戦前中島飛行機が独自に行っていたロケットの研究に端を発し、戦後には 富士産業→富士精密工業→プリンス自動車工業→日産自動車へと受け継がれて行った。しかし、日産自動車がルノーの資本参入を受けたことにより、日産自動車の宇宙航空部門は分離され、2000年7月1日石川島播磨重工業(現IHI)傘下のアイ・エイチ・アイ・エアロスペースへと社名を変えた。このいきさつについては、世界に数社しかない固体燃料ロケット開発メーカーが外国資本に参入された会社であることは、日本の国策に重大な影響を及ぼす可能性があると考えられたことによるようである。2007年7月1日に石川島播磨重工業がIHIへ社名変更を行ったことに伴い、2008年7月1日に社名がIHIエアロスペースへと変更された。

2009年現在IHIエアロスペースは、IHIで行われていた宇宙開発事業の多くを取り込み、IHIグループの中の宇宙開発の拠点となっている。

沿革[編集]

主な製品[編集]

宇宙用ロケット製品

  • イプシロン(M-Vの3段・キックステージとH-IIA用SRB-Aで構成されたロケット)
  • M-V(全段固体燃料の大型ロケット)
  • J-IM-3SIIH-II用SRBで構成されたロケット)
  • TR-I(H-IIロケット開発用)
  • TR-IA(無重力実験用小形ロケット)
  • SS-520(科学観測ロケット)
  • S-520(科学観測ロケット)
  • S-310(科学観測ロケット 南極昭和基地から発射の経験あり)
  • S-210(科学観測ロケット 南極昭和基地から発射の経験あり)
  • MT-135(気象観測ロケット)

国際宇宙ステーション きぼう関連製品

  • 船外パレット
  • 宇宙ステーション補給機曝露パレットI型/III型
  • 船外実験プラットフォーム(石川島播磨重工業から譲渡)
  • 国際標準実験ラック(ISPR)(石川島播磨重工業から譲渡)
  • 共通ガス供給装置(CGSE)(石川島播磨重工業から譲渡)
  • 実験データ処理装置(PDH)(石川島播磨重工業から譲渡)

宇宙実験機用製品

宇宙用コンポーネント製品

  • H-II/H-IIASRB/SRB-A(固体燃料ロケットブースタ)
  • 人工衛星用スラスタ BT-4, BT-6等(石川島播磨重工業から譲渡)
  • LNGエンジン LE-8、推力3-4トン級アブレータ型、推力10トン級再生冷却型(石川島播磨重工業から譲渡)
  • 各種火工品

防衛関連製品

関連項目[編集]

外部リンク[編集]