BT-6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

BT-6IHIエアロスペース(旧石川島播磨重工業航空宇宙事業部)が開発し、製造している推力22N級の2液式スラスターである。

概要[編集]

アポジキックエンジンのバックアップとして使用可能な2液式スラスターとして開発された。2001年に燃焼試験による評価が行われた後、2002年から販売が行われている。2009年6月までに40基がロッキード・マーティン(LM)やオービタル・サイエンシズ(OSC)へ出荷された[1]

技術的特徴[編集]

ヘリウムガスによって加圧される圧送式サイクルの2液式スラスタであり、燃料としてヒドラジン(N2H4)、酸化剤として一酸化窒素を3%添加した四酸化二窒素(MON-3)を採用している。インジェクタはチタン製、燃焼器はニオブ合金製である。

主要諸元[編集]

  • 燃焼サイクル : 圧送式サイクル
  • 推進剤 : MON-3/N2H4
  • 推力 : 21.5 ± 0.5 N
  • 比推力 : 295 s
  • 混合比 : 0.78 ± 0.02

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]