RIT-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RIT-10EADS アストリアム(旧ダイムラー・クライスラー・アエロスペース:DASA)が製造するイオンエンジンである。

概要[編集]

ドイツギーセン大学ARTEMISで使用するために開発したRITA-10を基にした高周波放電型のイオンエンジンで、主に静止衛星の南北制御用に用いられる。「RIT」は Radio-frequency Ion Thruster の略。

仕様[編集]

  • 推進剤:キセノン(地上試験モデルでは水銀も使用)
  • 推力:0.3 - 41 mN可変(名目上15 mN)
  • 比推力:2,500 s - 3,700 s可変(名目上3,300 s)
  • チャンバ口径:100 mm
  • イオンビーム口径:90 mm
  • ビーム加速電圧:1.0 - 1.5 kV
  • 推力発生時消費電力:459 W
  • スラスタ部重量:1.8 kg
  • 寿命:20,000時間

採用宇宙機[編集]

  • EURECA - 再使用型宇宙実験衛星。71ある実験機の1つとして搭載され、5 - 10 mNで240時間の動作確認を行った。
  • ARTEMIS - 光通信実証衛星。南北制御用に搭載。アリアン5の不具合によって低高度に投入されたが、18か月かけ静止軌道に到達。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]