S1.5400

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
S1.5400Aから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
S1.5400A1
11D33.jpg
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
初飛行 1960-10-10[1]
最終(最新)飛行 2010-09-30[2]
設計者 OKB-1 V. M. Melnikov[3][4]
目的 上段用
搭載 モルニヤ[5]
前身 S1.5400[6]
後継 RD-58[5]
現況 引退済
液体燃料エンジン
推進薬 液体酸素[5] / RG-1[5]
サイクル 酸化剤リッチ二段燃焼サイクル[3][4][5]
構成
燃焼室 1[5]
性能
推力 (vac.) 66.69キロニュートン (14,990 lbf)[5]
燃焼室圧力 5.4 MPa (780 psi)[7]
Isp (vac.) 340秒[6]
燃焼時間 最大207秒間[7]
寸法
乾燥重量 153キログラム (340 lb)[6]
使用
モルニヤ ブロック-L[6]

S1.5400 (GRAU 分類 11D33)はソビエトで開発された液体酸素ケロシン酸化剤リッチ二段燃焼サイクルで燃焼する単ノズル液体燃料ロケットロケットエンジンである。[8] 酸化剤リッチ二段燃焼サイクルを利用した世界初のロケットエンジンであり、コロリョフ設計局イサーエフの薫陶を受けたV. M. Melnikovによってモルニヤの4段目であるブロック-L上段のために設計された。[3][4] 同様に真空中で始動、再始動する目的で設計されたソビエトで最初のエンジンでもあり、当時の量産されたエンジンで最高の比推力を備えた。[9] 1958年から1960年にかけて開発された。[3] 最初の量産は1960年5月に開始され全ての燃焼試験に合格した。[9] 最初の打ち上げではブロック-Lが運転開始される前に失敗して1961年のヴェネラ1号の打ち上げ時に初めて成功した。1961年から1964年にかけての改良計画でS1.5400A1派生型(GRAU 分類 11D33M)ができた。推力が63.74キロニュートン (14,330 lbf)から66.69キロニュートン (14,990 lbf)に向上して比推力は338.5秒から340秒に向上しつつ、同重量に維持された。[6][7]

エンジンは700 °C (1,292 °F)までの温度の許容する目的で主燃焼室にチタン合金が利用されたターボポンプの初期の始動には火工品が使用された。エンジンはジンバルに装架されて2軸方向に3°まで傾けることができた。[5][9]

関連項目[編集]

  • モルニヤ - S1.5400を搭載した原型機種のロケット
  • OKB-1 - RSC エネルギアはS1.5400を設計したOKB-1設計局の後身である。

出典[編集]

  1. ^ Liste des lancements Molnia” (French). Kosmonavtika.com. 2015年5月30日閲覧。
  2. ^ Liste des lancements Molnia-M” (French). Kosmonavtika.com. 2015年5月30日閲覧。
  3. ^ a b c d Sutton, George Paul (November 2005). “Section 4.2 Engine Systems”. History of Liquid Propellant Rocket Engines. AIAA. p. 66. ISBN 978-1563476495. 
  4. ^ a b c Eckardt, Dietrich (2014). Gas Turbine Powerhouse. Oldenbourg Wissenschaftsverlag. p. 377. ISBN 978-3110359626. 
  5. ^ a b c d e f g h Engines”. RSC Enegiya. 2015年5月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e Sutton, George Paul (November 2005). “Section 8.11 Korolev's Design Buerau, late NPO Energiya”. History of Liquid Propellant Rocket Engines. AIAA. pp. 721–724. ISBN 978-1563476495. 
  7. ^ a b c S1.5400A”. Encyclopedia Astronautica. 2015年5月30日閲覧。
  8. ^ S1.5400”. Encyclopedia Astronautica. 2015年5月30日閲覧。
  9. ^ a b c Harvey, Brian (2007). Russian Planetary Exploration: History, Development, Legacy and Prospects. Springer-Praxis. pp. 29–31. ISBN 978-0-387-46343-8. 

外部リンク[編集]