軌道投入用ロケットエンジンの比較

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

背景の色は:   [開発中] — [引退済,中止] — [運用中,非稼動]

エンジン 原型 製造 機体 推進剤 真空中での比推力 (s) 真空中での推力 (N) 重量 (kg) 推力重量比 燃焼室圧力 (bar) 状態 エンジン
ヴァルカン[1]

HM-60

欧州連合の旗 欧州連合 スネクマ アリアン 5 1段目 LH2/LOX 431[1] 1,075,000[1] 1,300[要出典] 84.318[要出典] 102[要出典] 引退済 ヴァルカン
ヴァルカン 2[2][3] 欧州連合の旗 欧州連合 スネクマ アリアン 5 1段目 LH2/LOX 429[3] 1,359,000[3] 1,800[2] 81.04?[note 1] 運用中 ヴァルカン 2
P230[4] 欧州連合の旗 欧州連合 Societe Nationale des Poudres et Explosifs(SNPE) アリアン 5 ブースター HTPB(68/18) 286[4] 6,472,300[4] 燃料込みで268,000[要出典] 運用中 P230
HM7B[5][6] 欧州連合の旗 欧州連合 スネクマ アリアン 5 ECA 上段 LH2/LOX 446[6] 64,800[6] 165[6] 40.05?[note 2] 37[6] 運用中 HM7B
Vinci 欧州連合の旗 欧州連合 スネクマ アリアン6 上段 LH2/LOX 465 180,000 550 60.8 開発中 Vinci
RD-180[7] ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ アトラス V 1段目 RP-1/LOX 338 4,150,000[7] 5,480[7] 78.44 266.8 運用中 RD-180
RD-191 ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ アンガラ 1段目 RP-1/LOX 337 2,090,000 2,200 96.9?[note 3] 263.4 運用中 RD-191
RD-0124

14Д23

ロシアの旗 ロシア TsSKB プログレス ソユーズ-2.1b
ソユーズ-2-1v
アンガラ
2nd,3rd RP-1/LOX 359 294,300 480 62.5?[note 4] 162 運用中 RD-0124
NK-33-1 (AJ26-58)[8]

11Д111

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 クズネツォフ設計局
エアロジェット
アンタレス
ソユーズ-2.1v
1段目 RP-1/LOX 331[8] 1,638,000[8] 1,222[8] 136.8[8] 145[8] 運用中 NK-33-1 (AJ26-58)
ガンマ 8[9] イギリスの旗 イギリス ブリストル・シドレー ブラック・アロー 1段目 H2O2/ケロシン 265[9] 234,800[9] 342[9] 70.01[9] 47.40[9] 引退済 ガンマ 8
ガンマ 2[10] イギリスの旗 イギリス ブリストル・シドレー ブラック・アロー 第2段 H2O2/ケロシン 265[10] 68,200[10] 173[10] 40.22[10] 引退済 ガンマ 2
ワックスウィング[11] イギリスの旗 イギリス ブリストル・エアロジェット ブラック・アロー 上段 固体 278[11] 29,400[11] 87[11] 引退済 ワックスウィング
マーリン1C アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX ファルコン9
ファルコン 1
1/2 RP-1/LOX 304.8 480,000 630 96 67.7 引退済 マーリン1C
マーリン1D

地上から発射可能なロケットエンジンの中で最も推力重量比が高いロケットエンジン[12]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX ファルコン9
ファルコンヘビー
1/2 RP-1/LOX 340 801,000 490?[note 5] 150[12] 97 運用中 マーリン1D
ラプター[13] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 スペースX 1段目 メタン/LOX[13] 380[14] 2,300,000[15] 開発中[13] ラプター
RD-171M

世界で最も強力な液体燃料ロケットエンジン[16]

ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ ゼニット-3SL (シーローンチ)
ゼニット-3SLB (ランドローンチ)
1段目 RP-1/LOX 337.2[16] 7,904,000[16] 9,300[16] 86.6[16] 運用中 RD-171M
RD-107A[17]

14Д22

ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ ソユーズ-FG
ソユーズ-2
1段目 RP-1/LOX 320.2[17] 1,020,240[17] 1,156[17] 61.2 運用中 RD-107A
RD-108A

14Д21

ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ ソユーズ-FG
ソユーズ-2
2nd RP-1/LOX 320.6[17] 922,140[17] 1,151[17] 55.5 運用中 RD-108A
RD-117[18]

11Д511

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 NPOエネゴマシュ ソユーズ-U 1段目 RP-1/LOX 315.8[18] 978,000[18] 1,250[18] 53.2 運用中 RD-117
RD-118

11Д512

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 NPOエネゴマシュ ソユーズ-U 2nd RP-1/LOX 314.5[18] 999,639[18] 1,155[18] 58.6[要出典] 運用中 RD-118
LE-5 日本の旗 日本 三菱重工
NASDA
H-I 上段 LH2/LOX 450[要出典] 102,900[要出典] 255 36.5[要出典] 引退済 LE-5
LE-5A 日本の旗 日本 三菱重工
NASDA
H-II 上段 LH2/LOX 452[要出典] 121,500[要出典] 248 39.8[要出典] 引退済 LE-5A
LE-5B 日本の旗 日本 三菱重工
JAXA
H-IIA
H-IIB
上段 LH2/LOX 447[要出典] 137,200[要出典] 285 49.1?[note 6] 35.8[要出典] 運用中 LE-5B
LE-7 日本の旗 日本 三菱重工
NASDA
H-II 1段目 LH2/LOX 446[要出典] 1,078,000[要出典] 1,714 64.13[要出典] 127[要出典] 引退済 LE-7
LE-7A 日本の旗 日本 三菱重工
JAXA
H-IIA
H-IIB
1段目 LH2/LOX 440[要出典] 1,098,000[要出典] 1,800 65.9 120[要出典] 運用中 LE-7A
SRB-A 日本の旗 日本 IHIエアロスペース
JAXA
H-IIA
H-IIB
ブースター 固体 280 (SRB-A)
284 (SRB-A3 version H-IIA F18)[要出典]
2,260,000 (SRB-A)
2,500,000 (SRB-A3 version H-IIA F18)[要出典]
71,800 with fuel[要出典] 運用中 SRB-A
RS-68A

水素を燃料とする世界で最も強力なエンジン

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プラット & ホイットニー ロケットダイン デルタ IV
デルタ IV ヘビー
1段目 LH2/LOX 412[要出典] 3,560,000[19] 6,600 51.2[要出典] 97[要出典] 運用中 RS-68A
アトラス V SRB アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 エアロジェット アトラス V ブースター 固体 40,824 with fuel[要出典] 運用中 アトラス V SRB
F-1

これまでに開発された単一の燃焼室の液体燃料ロケットエンジンとしては最も強力

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロケットダイン サターン V 1段目 RP-1/LOX 263 6,770,000 8,391 82.27?[note 7] 70 引退済 F-1
RS-25 - SSME アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プラット & ホイットニー ロケットダイン スペースシャトル 1段目 LH2/LOX 452.3 2,279,000 3,526 65.91?[note 8] 206.4 Inactive since STS-135 RS-25
スペースシャトル固体燃料ブースター

これまでに打ち上げられた最大の固体燃料ロケットであり、有人宇宙船で主動力として使用された最初の固体燃料ロケットでもある。

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 チオコール スペースシャトル
アレスI
ブースター APCP 268 14,000,000 590,000
燃料込み
STS-135以降は使用されず スペースシャトル固体燃料ブースター
J-2[20] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロケットダイン サターン V
サターン IB
2nd, 3rd LH2/LOX 421 1,033,100 1,438 73.18 30 引退済 J-2
J-2X[21][22] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プラット & ホイットニー ロケットダイン スペース・ローンチ・システム 上段 LH2/LOX 448 1,310,000 2,430[22] 54.97?[note 9] 30 開発中 J-2X
RL-10B-2[23][24] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プラット & ホイットニー ロケットダイン デルタIII
デルタIV
上段 LH2/LOX 462 109,890 277 41 44 運用中 RL-10B-2
RL-10A-4-2[24][25] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 プラット & ホイットニー ロケットダイン アトラスV 上段 LH2/LOX 451 99,100 167 59 39 運用中 RL-10A-4-2
NSTAR[26][27]

科学用宇宙船で主エンジンとして初めて使用されたイオンエンジン

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ヒューズ・エレクトロン・ダイナミクス
ボーイング
ディープ・スペース1号
Dawn
イオン推進器 キセノン 3,100 @2.3 kW 0.0920 @2.3 kW 8.2 運用中 NSTAR
HiPEP

これまでに製造された最も強力なイオン推進器

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 NASA 木星氷衛星周回機 イオン推進器 キセノン 9,620 @39.3 kW 0.670 @39.3 kW 中止 HiPEP
NEXT アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 NASA イオン推進器 キセノン 4,100 @6.9 kW 0.236 @6.9 kW 開発中 NEXT
VASIMR アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 Ad Astra Rocket Company 電磁推進器 アルゴン 5,000 @200 kW 5.7 @200 kW 開発中 VASIMR
PPS-1350 ロシアの旗 ロシア
欧州連合の旗 欧州連合
OKB Fakel
スネクマ
SMART-1 ホールスラスタ キセノン 1,650 @1.5 kW 0.088 @1.5 kW 5.3 0.0017?[note 10] 運用中 PPS-1350
SPT-100 ロシアの旗 ロシア OKB Fakel LS-1300 人工衛星 ホールスラスタ キセノン 1,500 @1.35 kW 0.083 @1.35 kW 3.5 0.0024?[note 11] 運用中 SPT-100
ボーイング 601HP

商業用の人工衛星の主エンジンとして初めて使用されたイオンエンジン (PAS-5)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング ボーイング 601HP 人工衛星 イオン推進器 キセノン 2,568 @0.5 kW 0.018 @0.5 kW 運用中 ボーイング 601HP
ボーイング 702 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボーイング ボーイング 702 人工衛星 イオン推進器 キセノン 3,800 @4.5 kW 0.165 @4.5 kW 運用中 ボーイング 702
KVD-1[28]

11Д56У

ロシアの旗 ロシア キマフトマティキ GSLV Mk I 上段 LH2/LOX 462[28] 69,626[28] 282[28] 25.17 55.9 非稼動 KVD-1
CE-7.5[29][30] インドの旗 インド ISRO GSLV Mk II 上段 LH2/LOX 454[30] 73,550[29] 445[30] 16.85?[note 12] 58 運用中 CE-7.5
PSLV-1[31] インドの旗 インド ISRO PSLV 1段目 HTPB 269[31] 4,860,000[31] 160,200[31] 58[31] 運用中 PSLV-1
SLV-1[32] インドの旗 インド ISRO PSLV ブースター HTPB 253[32] 502,600[32] 10,800[32] 43[32] 運用中 SLV-1
RD-264[33]

11Д119

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 NPOエネゴマシュ ドニエプル-1 1段目 N2O4/UDMH 318[33] 4,521,000[33] 3,600[33] 128?[note 13] 206[33] 運用中 RD-264
RD-276 (RD-275M)[34]

14Д14М

ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ プロトン-M 1段目 N2O4/UDMH 316[34] 1,830,000[34] 1,260[34] 148?[note 14] 169[34] 運用中 RD-276
RD-0120[35]

11Д122

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 キマフトマティキ エネルギア 1段目 LH2/LOX 455[35] 1,962,000[35] 3,450[35] 57.80 219 引退済 RD-0120
RD-193 (RD-181)[36] ロシアの旗 ロシア NPOエネゴマシュ ソユーズ-2.1v
アンタレス
1段目 RP-1/LOX 337.5 2,090,000[36] 1,900[36] 112?[note 15] 開発中 RD-193
エスタス[37] 欧州連合の旗 欧州連合 エアバス・ディフェンス・アンド・スペース アリアン 5 ES 上段 N2O4/MMH 324[37] 30,000[37] 111[37] 27.6?[note 16] 11[37] 運用中 エスタス
エスタス II[38] 欧州連合の旗 欧州連合 エアバス・ディフェンス・アンド・スペース アリアン 5 上段 N2O4/MMH 340[38] 55,400[38] 138[38] 40.9?[note 17] 60[38] 開発中 エスタス II
BE-3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブルーオリジン ニュー シェパード 1段目 LH2/LOX 不明 490,000 運用中 BE-3
BE-4[39][40] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブルーオリジン アトラス V
ヴァルカン
1段目 メタン/LOX 不明 2,400,000[39][40] 開発中 BE-4


出典[編集]

  1. ^ a b c Vulcain”. Encyclopedia Astronautica. 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月27日閲覧。
  2. ^ a b Vulcain 2”. Encyclopedia Astronautica. 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月27日閲覧。
  3. ^ a b c VULCAIN 2 : Thrust Chamber”. astrium.eads.net. 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月27日閲覧。
  4. ^ a b c P230”. Encyclopedia Astronautica. 2011年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月27日閲覧。
  5. ^ HM7-B”. Encyclopedia Astronautica. 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e PROPULSION SPATIALE : HM7B”. astrium.eads.net. 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月27日閲覧。
  7. ^ a b c RD-180”. 2014年閲覧。...
  8. ^ a b c d e f NK-33”. Encyclopedia Astronautica. 2014年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月30日閲覧。
  9. ^ a b c d e f Gamma 8”. Encyclopedia Astronautica. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e Gamma 2”. Encyclopedia Astronautica. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月26日閲覧。
  11. ^ a b c d Black Arrow-3”. Encyclopedia Astronautica. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月26日閲覧。
  12. ^ a b “Spacex's Merlin 1D Engine Achieves Flight Qualification”. SpaceX. (2013年3月20日). http://www.spacex.com/press/2013/04/13/spacexs-merlin-1d-engine-achieves-flight-qualification 
  13. ^ a b c “Huge Mars Colony Eyed by SpaceX Founder”. Discovery News. (2012年12月13日). http://news.discovery.com/space/alien-life-exoplanets/mars-colony-spacex-121126.htm 2014年3月14日閲覧。 
  14. ^ Butler, Amy; Svitak, Amy. “AR1 vs. Raptor: New rocket program will likely pit kerosene against methane”. Aviation Week & Space Technology. "スペースX では火星用の再使用型の重量物打上げ機の1段目のためにラプターを開発中で推力は75トンで'アポロのF-1エンジンよりも大きい'とスペースX社の推進器開発の副社長のトム ミューラーはドイツのCologneで開催された宇宙推進の会議で述べた。真空用は推力840トンで比推力380秒を目標にする。現在は縮小版をミシシッピ州のNASAのステニス宇宙センターのE-2試験台で試験中でステニスの報道官のRebecca Streckerによるとミューラーは多くの人々になぜ会社は火星用のロケットをメタンに変更しないのか尋ねたと述べた。再使用を念頭においたスペースX社の費用調査によると'最も費用対効果の優れた推進剤はメタンを使用する事だ'と彼は述べ、火星上で水素よりも製造が容易であると予想した。" 
  15. ^ I am Elon Musk, CEO/CTO of a rocket company, AMA!”. reddit.com. 2015年6月1日閲覧。 “多くのエンジンでは追加される重量が多いにもかかわらず推力重量比は驚くほど低い推力水準で最適化される。エンジン1基あたり230 metric tons (~500 klbf)の推力であるが私達の持つエンジンは大半が備える。:)
  16. ^ a b c d e RD-171M”. Encyclopedia Astronautica. 2012年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月26日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g РД-107/108”. NPO Energomash. 2012年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月27日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g RD-117”. lpre.de. 2012年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月27日閲覧。
  19. ^ Delta IV Heavy - SPACEFLIGHT101”. http://www.spaceflight101.com. www.spaceflight101.com. 2014年11月2日閲覧。
  20. ^ J-2”. Encyclopedia Astronautica. 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  21. ^ J-2X Engine”. Pratt & Whitney Rocketdyne. 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  22. ^ a b J-2X”. Encyclopedia Astronautica. 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  23. ^ RL-10B-2”. Encyclopedia Astronautica (2011年12月23日). 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年閲覧。...
  24. ^ a b RL-10 - Specifications”. Spaceandtech (2011年12月23日). 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年閲覧。...
  25. ^ RL-10A-4-2”. Encyclopedia Astronautica (2011年12月23日). 2011年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年閲覧。...
  26. ^ Sovey, J. S., Rawlin, V. K., and Patterson, M. J. (May–June 2001). “Ion Propulsion divelope Projects in U. S.: Space Electric Rocket Test 1 to Deep Space 1.”. Journal of Propulsion and Power 17 (3): 517–526.. http://www.grc.nasa.gov/WWW/ion/past/90s/nstar.htm. 
  27. ^ NASAのディープ・スペース1号の主推進器として運用されるヒューズ社のイオンエンジン”. www.boeing.com (2011年12月24日). 2011年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年閲覧。...
  28. ^ a b c d KVD-1” (Russian). КБХМ им. A.M. Исаева. 2014年閲覧。...
  29. ^ a b Indigenous Cryogenic Engine and Stage”. 2014年1月6日閲覧。
  30. ^ a b c GSLV Launch Vehicle Information”. 2014年1月6日閲覧。
  31. ^ a b c d e PSLV-1”. 2014年4月4日閲覧。
  32. ^ a b c d e SLV-1”. 2014年4月4日閲覧。
  33. ^ a b c d e RD-264”. 2014年4月4日閲覧。
  34. ^ a b c d e РД-253”. 2014年4月5日閲覧。
  35. ^ a b c d RD0120”. KBKhA. 2014年閲覧。...
  36. ^ a b c Energomash Test Fires New RD-193 Engine”. parabolicarc.com. 2014年閲覧。...
  37. ^ a b c d e Aestus Rocket Engine”. Airbus Defence and Space. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  38. ^ a b c d e Aestus Rocket Engine”. Airbus Defence and Space. 2014年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月29日閲覧。
  39. ^ a b Ferster, Warren (2014年9月17日). “ULA To Invest in Blue Origin Engine as RD-180 Replacement”. Space News. http://www.spacenews.com/article/launch-report/41901ula-to-invest-in-blue-origin-engine-as-rd-180-replacement 2014年9月19日閲覧。 
  40. ^ a b BE-4”. ブルーオリジン. 2014年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月17日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^
  2. ^
  3. ^
  4. ^
  5. ^
  6. ^
  7. ^
  8. ^
  9. ^
  10. ^
  11. ^
  12. ^
  13. ^
  14. ^
  15. ^
  16. ^
  17. ^