固体ロケットブースタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デルタ IIロケットに備えられるブースタ

固体ロケットブースタは、固体燃料ロケットエンジンによるブースタである。多くの打上げロケットシステムが固体ロケットブースタを使用している。固体ロケットブースタを持つロケットとして、日本のH-IIAロケットSRB-A)、ヨーロッパのアリアン5、アメリカのアトラス V(オプションで追加可能)、NASAのスペースシャトルなどがある。[1]スペースシャトルシステムはこの種のブースタとしては最大の「スペースシャトル固体燃料補助ロケット(SRB)」を2本使用する。

固体ロケットブースタ(以下、SRB)の利点は液体燃料ロケット(によるブースタ)と比較して遥かに大きな推力が得られ、推進剤を低温に保つ為の冷凍機や断熱材が不要な事である。取り外し可能なSRBを液体燃料ロケットシステムに加える事により、液体燃料の量を減らし、打ち上げ時のロケットの総重量を減らす事が出来る。これは多段化の一種と捉えることができる。

SRBを装備する事で性能を向上させる例として、SRBを持たないアリアン4のAR40が静止トランスファ軌道までのペイロード2175Kg[2]に対し、4基のSRBを追加したAR44Pでは3465Kg[3]まで向上している。スペースシャトルのSRBの推進剤の重量はそれぞれ約500 000 kgである。[4]

多くはロケット本体を取り囲むように配置され、打ち上げ時に点火する。燃焼が済むと、無駄な質量になるため、空中で切り離され、そのまま投棄とするものが多い。しかし、NASAのスペースシャトルのSRBは、「再利用する」という建前を達成するため、海面にパラシュートで緩落下させ回収し、整備後に再利用するものとした。

一般に固体燃料ロケットは、その特性から特に打上げ中の安全面で、有人ロケットに不向きな面がある。有人打上げシステムの一部としてブースタに使用する場合にも、切り離すことができるなどの点はあるが基本的には同様である(ただし一方で脱出システムなど、安全のために重要な固体ロケットもある)。

SRBの故障する確率は約1%である。それらは一般的に故障時に突然筐体内の内圧が上昇して致命的な爆発に至る。(チャレンジャー号爆発事故SRB故障モードは例外的だった。)これらは有人宇宙船にとって深刻な脅威である。[要出典]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]