モノメチルヒドラジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モノメチルヒドラジン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 60-34-4 チェック
EINECS 200-471-4
RTECS番号 MV5600000
特性
化学式 CH3(NH)NH2
モル質量 46.07 g/mol
密度 0.88 g/cm3
融点

−52 °C

沸点

87 °C

への溶解度 非常に溶けやすい
アルコールエーテルへの溶解度 可溶性
危険性
MSDS ICSC 0180
GHSピクトグラム Flammable liquid cat. 1 The skull-and-crossbones pictogram in the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS) The health hazard pictogram in the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS) The environment pictogram in the Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals (GHS)
GHSシグナルワード DANGER
EU Index 列挙無し
引火点 −8.3 ºC
発火点 196 ºC
爆発限界 2.5–97%
関連する物質
関連物質 ヒドラジン
ジメチルヒドラジン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

モノメチルヒドラジン: Monomethylhydrazine, MMH)は、示性式 CH3-NH-NH2で表されるヒドラジン誘導体有機化合物である。単にメチルヒドラジンとも呼ばれる。

キノコの一種シャグマアミガサタケの成分ギロミトリン加水分解して生成することでも知られる。

ロケットエンジンの推進剤に燃料として使われる。適当な酸化剤(四酸化二窒素など)とともに用いると自己着火性を有しており、燃料バルブの開閉だけで推力の制御ができるため、人工衛星宇宙船姿勢制御用エンジン(スラスター)用に用いられる。

引火性、発火性があり、日本では消防法により危険物第5類(自己反応性物質)に指定されている。また肝臓・腎臓・腸・膀胱に障害を起こす。発癌性を持つことでも知られている。

MMHを使用したロケットエンジンの例[編集]

関連項目[編集]