ヴァルカン (ロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァルカン (Vulcan)
機能 部分的再利用型打上げ機
製造 ULA
開発国 アメリカ合衆国
大きさ
段数 2
打ち上げ実績
状態 開発中
射場 ケープカナベラル SLC-41
ヴァンデンバーグ SLC-3E
初打ち上げ 2019年 (予定)
補助ロケット (Stage 0)
補助ロケット数 1から6基 (本文参照)
エンジン 1 固体
推力
燃焼時間
燃料 固体
第1段
1段目名称
1段目全長
1段目直径
エンジン BE-4 2基
推力 4,900 kN (1,100,000 lbf)
燃焼時間
燃料 液化メタン/液体酸素
第2段 - セントール
2段目名称 セントール
2段目全長
2段目直径
エンジン RL-10C 1基
推力
燃焼時間
燃料 液体水素/液体酸素
第2段 - 先進極低温発展ステージ英語版
2段目名称 セントール
2段目全長
2段目直径
エンジン 4基のRL-10C または1基のBE-3またはXCORエンジン(TBC)
推力
燃焼時間
燃料 液体水素/液体酸素

ヴァルカン (Vulcan) ロケットは現在ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)が開発中の打上げ機である。

現時点でULAの経営陣は短期間に区切ってロケット開発計画の予算を拠出しており、計画を完了させるための長期間の予算が得られるかどうかは明確ではない。

歴史[編集]

ULAは2006年の設立以来、10年にわたり、複数の打上げ機の概念を検討してきた。アメリカ政府から予算を獲得するため、アトラスデルタを基にした多様な派生型の概念が提案されていたが、どれも予算がつかずに概念の域を超えなかった。

2014年初頭のウクライナ危機を受けて、アメリカ合衆国政府は地政学的・政治的英語版な懸念から、ULAに対してアトラス Vの第1段に使用されているロシア製のRD-180エンジンの換装に向けた検討を促した。2014年6月にULAは公式に複数のアメリカのロケットエンジン供給会社と調査の契約を交わした[1]。 また、ULAは自らの牙城でありアメリカの国家安全保障の枢要たる軍用衛星打上げ市場へのスペースX社の参入に直面しており、2014年7月以降アメリカ合衆国議会との間でRD-180エンジンの将来の使用見通しについて議論を進めた[2]

2014年9月にULAはブルーオリジンとRD-180を換装する目的で新しい1段目に使用するBE-4液体酸素/メタンエンジンの開発で協力する事を発表した。ブルーオリジンがエンジン開発に着手してから既に3年経過しており、ULAは新しいブースターとエンジンの2019年以降の打上げ開始を期待すると述べた[3]。推力2,400kN(550,000 lbf)の2基のBE-4エンジンが新型の打ち上げ機に搭載される予定である[1]

2014年10月にULAは打上げ費用を半減させるために会社の抜本的な再編を実施する事を発表した。再編と新たな費用低減目標の理由の一つはスペースXとの宇宙打上げ市場競争英語版である[4][2]。ULAはアトラスVの打上げ費用を半減するアトラスV後継機の開発に向け、2014年末に既存のアトラスVデルタIVの技術を取り入れた設計概念の計画を策定した[4]。 再編の努力の一環として、新しい打上げ機のためにブルーオリジンBE-4を代替エンジンとして共同開発すると表明された[5]

ULAは2014年10月の時点では後継機の概念を「次世代打上げシステム」としており[4]、2014年末から2015年初頭にかけて作成された資料ではこの名前が用いられた[3]。 ULAは2014年末まで詳細を明らかにしなかったが、2015年4月に新型機を公表した。

2015年4月13日にCEOのトーリー・ブルーノ (Tory Bruno) は第31回宇宙シンポジウムで新型のTSTOロケットである新しいULAの打上げ機をヴァルカン (Vulcan) として公表した。ヴァルカンの名称はオンライン投票によって選ばれたが、既に商標を有していたVulcan Inc.はその旨をULAに通知した[6]。 2015年4月24日 (2015-04-24)現在ではまだ新型打上げ機の受注はなく、最初の打上げは2019年を予定している[2]

ULAは漸進的アプローチで機体と技術を開発する予定である[7]。1段目はデルタIVの胴体直径と製造工程を基本として2基のBE-4エンジンを使用する予定である。ULAはエアロジェット・ロケットダイン製のAR-1エンジンを選択肢として保留しており、最終的な決定は2016年の予定である。1段目は1本から6本の固体ロケットブースタ(SRBs)を備える予定で最大仕様での打上げ重量はアトラスVの最大機種よりも重いが、それでもなおデルタ IV ヘビーには及ばない。後期には1段目を部分的に再使用する計画である。ULAはエンジンを停止後に機体から切り離して空力加熱から保護し、パラシュートで降下させてヘリコプターで回収するための技術を開発する予定である[6]。2015年4月、ULAは再使用可能エンジンを採用する事で1段目の費用を90%、1段目の製造費を65%低減できると試算した[8]

初期のヴァルカンはアトラスVと同じく既存のRL-10エンジンを搭載したセントール上段を使用する予定である。先進極低温発展ステージ英語版 (ACES)と称する先進的な極低温上段は2010年代末に開発完了予定の概念計画である。ACESは推進剤として液体酸素/液体水素を使用する1基から4基のロケットエンジンを装備する予定である。この上段には軌道上での寿命を1時間から1週間に延長するIntegrated Vehicle Fluids技術が含まれる予定である[9][7]

ULAはおよそ1億6400万ドル(2015年現在)で販売されるアトラスVを原型とした「ベアボーン ヴァルカン」を半額で販売する事を目標としている。 より重い衛星のために補助ロケットの本数を増やすと値段も高騰する見込みである[10]

2015年5月にULAのCEOは潜在的な3コア打上げ機である静止トランスファ軌道へ23,000 kg (50,000 lb)の打上げ能力を有するヴァルカン ヘビーを公開したが、ACES上段を備える単一コアのヴァルカン 561では同軌道に15,100 kg (33,200 lb)の打ち上げ能力を有する予定である[11]

予算[編集]

ヴァルカン開発の初期予算は短期的なものだった。2015年4月からULAの取締役はボーイングとロッキード・マーティンに四半期毎の開発予算の工面を依頼した[12]。 2015年06現在において予算は四半期に制限され、ロッキード・マーティンは議会に予算の制限を廃してULAがアトラスVRD-180の使用を拡大できるような法改正を求めて活動している[13]

出典[編集]

  1. ^ a b Ferster, Warren (2014年9月17日). “ULA To Invest in Blue Origin Engine as RD-180 Replacement”. Space News. http://www.spacenews.com/article/launch-report/41901ula-to-invest-in-blue-origin-engine-as-rd-180-replacement 2015年4月17日閲覧。 
  2. ^ a b c Gruss, Mike (2015年4月24日). “Evolution of a Plan : ULA Execs Spell Out Logic Behind Vulcan Design Choices”. Space News. http://spacenews.com/evolution-of-a-plan-ula-execs-spell-out-logic-behind-vulcan-design-choices/ 2015年4月25日閲覧。 
  3. ^ a b Fleischauer, Eric (2015年2月7日). “ULA’s CEO talks challenges, engine plant plans for Decatur”. Decatur Daily. http://www.decaturdaily.com/news/ula-s-ceo-talks-challenges-engine-plant-plans-for-decatur/article_8ba49046-af4a-11e4-97ef-ff58591d43fc.html 2015年4月17日閲覧。 
  4. ^ a b c Avery, Greg (2014年10月16日). “ULA plans new rocket, restructuring to cut launch costs in half”. Denver Business Journal. http://www.bizjournals.com/denver/blog/boosters_bits/2014/10/exclusive-ula-plans-a-new-rocket-restructuring-to.html 2015年4月17日閲覧。 
  5. ^ Delgado, Laura M. (2014年11月14日). “ULA's Tory Bruno Vows To Transform Company”. SpacePolicyOnline.com. http://www.spacepolicyonline.com/news/ulas-tory-bruno-vows-to-transform-company 2015年4月17日閲覧。 
  6. ^ a b Boyle, Alan (2015年4月13日). “United Launch Alliance Boldly Names Its Next Rocket: Vulcan!”. NBC. http://www.nbcnews.com/science/space/united-launch-alliance-boldly-names-its-next-big-rocket-vulcan-n340881 2015年4月17日閲覧。 
  7. ^ a b Gruss, Mike (2015年4月13日). “ULA’s Vulcan Rocket To be Rolled out in Stages”. SpaceNews. http://spacenews.com/ulas-vulcan-rocket-to-be-rolled-out-in-stages/ 2015年4月17日閲覧。 
  8. ^ Ray, Justin (2015年4月14日). “ULA chief explains reusability and innovation of new rocket”. Spaceflight Now. http://spaceflightnow.com/2015/04/14/ula-chief-explains-reusability-and-innovation-of-new-rocket/ 2015年4月17日閲覧。 
  9. ^ America, meet Vulcan, your next United Launch Alliance rocket”. Denver Post (2015年4月13日). 2015年4月17日閲覧。
  10. ^ Clark, Stephen (2015年4月22日). “ULA needs commercial business to close Vulcan rocket business case”. Spaceflight Now. http://spaceflightnow.com/2015/04/22/ula-needs-commercial-business-to-close-vulcan-rocket-business-case/ 2015年4月23日閲覧。 
  11. ^ ULA Full Spectrum Lift Capability”. United Launch Alliance (2015年5月5日). 2015年5月8日閲覧。
  12. ^ Avery, Greg (2015年4月16日). “The fate of United Launch Alliance and its Vulcan rocket may lie with Congress”. http://www.bizjournals.com/denver/blog/boosters_bits/2015/04/the-fate-of-united-launch-alliance-and-its-vulcan.html?page=all 2015年4月28日閲覧。 
  13. ^ http://finance.yahoo.com/news/airshow-lockheed-says-rocket-launch-171639395.html

外部リンク[編集]