YF-40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
YF-40B
原開発国 中華人民共和国
初飛行 1995-06-01
設計者 航天液体推進技術研究院
搭載 長征1号D, 長征4号
現況 製造中
液体燃料エンジン
推進薬 N2O4 / UDMH
混合比 2.14
サイクル ガス発生器サイクル
構成
燃焼室 2
ノズル比 55
性能
推力 (vac.) 103 kN (23,000 lbf)
燃焼室圧力 4.6 MPa (670 psi)
Isp (vac.) 303秒 (2.97 km/s)
燃焼時間 412s
ジンバル範囲 ±4.5°
寸法
全長 120センチメートル (47 in)
直径 63センチメートル (25 in)
乾燥重量 83 kg (180 lb)
使用
長征1号Dの2段目と長征4号シリーズの3段目
リファレンス
出典 [1][2][3][4][5][6]


YF-40N2O4UDMHガス発生器サイクルで燃焼する中国液体燃料 ロケットエンジンである。2個のジンバル装架式燃焼室を備える。

原型機は長征1号Dの2段目のために開発された。[6] 長征4号シリーズの3段目で使用される。[1][3][7]

出典[編集]

  1. ^ a b Long March”. Rocket and Space Technology (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  2. ^ YF-40”. Encyclopedia Astronautica (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  3. ^ a b Gunter Dirk Krebs (2015年7月15日). “CZ-4 (Chang Zheng-4)”. Gunter's Space Page. 2015年7月15日閲覧。
  4. ^ Sutton, George Paul (November 2005). “Liquid Rocket Propellant Engines in the People's Republic of China”. History of Liquid Propellant Rocket Engines. AIAA. p. 873. ISBN 978-1563476495. https://books.google.com.ar/books?id=s1C9Oo2I4VYC&pg=PA873&lpg=PA873&dq=yf-40. 
  5. ^ Mowthorpe, Matthew (2004). “Chinas Military Space Program”. The Militarization and Weaponization of Space. Lexington Books. p. 90. ISBN 978-0739107133. https://books.google.com.ar/books?id=3QY-4UKu-qUC&pg=PA90&lpg=PA90&dq=yf-40. 
  6. ^ a b Chang Zheng-1 (Long March-1)”. SinoDefence (2015年7月15日). 2015年7月15日閲覧。
  7. ^ Harvey, Brian (2015-07-15). “Launch Centers Rockets and Engines”. China's Space Program — From Conception to Manned Spaceflight. Springer Science & Business Media. p. 231. ISBN 978-1852335663. https://books.google.com.ar/books?id=XaqK7LOVsc0C&pg=PA231&lpg=PA231&dq=yf-40.