RD-857

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RD-857
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ ウクライナ
使用期間 1963年
設計者 ユージュノエ設計局
開発企業 ユージュマシュ
現況 引退済
液体燃料エンジン
推進薬 四酸化二窒素 / UDMH
サイクル 二段燃焼サイクル
構成
燃焼室 1
性能
推力 (vac.) 14 tf (140 kN)
推力重量比 73.68
燃焼室圧力 12.75 MPa (127.5 bar)
Isp (vac.) 329.5秒
寸法
全長 2100 mm
直径 930 mm
乾燥重量 190 kg (420 lb)
使用
PT-20Pの2段目
リファレンス
出典 [1]
補足 12基製造

RD-857 ( GRAUインデックス - 15D12)はKB-4(ユージュノエ設計局) DB-586のIvan Ivanovが開発した初期のロケットエンジンである。8K94 ICBM 8K99 (PT-20P)の2段目に使用する為に設計されたが、量産されずRD-862 (15D169)の原型となった。RD-862(15D169)は出力と信頼性が向上してMR UR-100 (15A15)の2段目として使用された。

RD-857は単一の燃焼室の非対称ジメチルヒドラジン四酸化二窒素を推進剤とする二段燃焼サイクルの液体燃料ロケットエンジンである。燃焼室内にガスを噴射する事で推力偏向制御を行いピッチ軸ヨー軸の制御を行う。ロール軸の制御ではターボポンプで生成されたガスが4台の噴射ノズルから噴射される事によって行う。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]