RD-108

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RD-108
RD-108 Vostok.jpg
RD-108エンジン
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計者 OKB-456
開発企業 JSC クズネツォフ
目的 2段目用エンジン
搭載 R-7系列
前身 RD-105
現況 製造中
液体燃料エンジン
推進薬 液体酸素 / ケロシン
混合比 2.39
サイクル ガス発生器サイクル
構成
燃焼室 4
ノズル比 18.86
性能
推力 (vac.) 945.4 kN (96,400 kgf)
推力 (SL) 744.3 kN (75,900 kgf)
燃焼室圧力 5.08 MPa (50.8 bar)
Isp (vac.) 315秒
Isp (SL) 248秒
使用
R-7系列
リファレンス
出典 [1]
ソユーズ-FG の中心部がRD-108、外側の4基はRD-107

RD-108 (ロシア語: РД-108) は、1957年からR-7 (ロケット)に使用され、後にR-7を元に開発された宇宙ロケットソユーズロケットファミリーの2段に使用されているロケットエンジン。同じく1段(周囲の4本のブースター)にはRD-107エンジンが使われている。 RD-107とRD-108エンジンの主な違いは、バーニアスラスタの数が2基と4基と異なる点である。

設計・製造[編集]

RD-108はヴァレンティン・グルシュコの機体力学研究実験設計局(OKB-456、現NPOエネゴマシュ)で、1954年から1957年にかけてRD-107と並行して設計された。液体酸素とケロシンを推進剤とする。このエンジンは4基の燃焼室と、そこに推進剤を供給する1基のターボポンプで構成される。 現在でもRD-107とRD-108エンジンは、NPOエネゴマシュの監督のもとで、ロシアのサマーラの工場で製造されている。

派生型[編集]

RD-108エンジンについて、以下の改良が行われた。

  • 8D75
  • 8D727 (RD-108MM)
  • 11D512 (RD-118)
  • 14D21 (RD-108A)

14D21 (RD-108A)、14D22 (RD-107A)エンジンの開発は1986年に開始された。これらには新しいインジェクターヘッド設計が組み込まれ、比推力を向上させた。このエンジンは、2001年5月のプログレスM1-6補給船の打ち上げに使われたソユーズ-FGロケットに装備された。2002年10月からは有人のソユーズ宇宙船の打上げに使われるようになった。

仕様[編集]

RD-108 (8D75)
  • 推力 744.3 kN (75,900 kgf) 打上げ時
  • 推力 945.4 kN (96,400 kgf) 真空中
  • 比推力 248秒 打上げ時
  • 比推力 315秒 真空中
  • 燃焼圧力 5.08 MPa (50.8 bar)
  • 推進剤: 液体酸素/ケロシン(灯油)
RD-108A (14D21)
  • 推力 792.4 kN (80,800 kgf) 打上げ時
  • 推力 985.6 kN (100,500 kgf) 真空中
  • 比推力 257.7秒 打上げ時
  • 比推力 320.6秒 真空中
  • 燃焼圧力 5.44 MPa (54.4 bar)
  • 推進剤: 液体酸素/ケロシン(灯油)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]