R-4D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

R-4Dエアロジェット・ロケットダイン社が開発し、製造している推力500N級の2液式ロケットエンジンである。

概要[編集]

アポロ宇宙船の機械船及び月着陸船の姿勢制御用途を目的として1ユニットあたり4基クラスタで開発され、アポロ計画では計469基のエンジンが飛行した。その後、静止衛星の需要増加に伴い、静止軌道投入用のアポジキックエンジンとして改良が行われた。R-4D-10がアメリカ海軍の静止軍事通信衛星LEASATに採用されたのをはじめとし、数多くの静止衛星バスに採用されており、多くの軌道投入実績をもつ。また、汎用アッパーステージIABSのメインエンジンや国際宇宙ステーションへの補給機のエンジンとしても用いられている。 2014年12月には、R-4D-15 High Performance Apogee Thruster (HiPAT)を使い、静止軌道へ投入するアポジエンジンとして100回目の成功を収めたことが発表された。R-4Dファミリーは過去50年間で100%の成功率を保持している[1]。2014年半ばまでに約850基以上が製造されている。なお、最新型のR-4D-15 HiPATはアポロ時代のR-4Dと比べると約20%性能が向上している[2]

技術的特徴[編集]

圧送式サイクルの2液式ロケットエンジンで、燃料としてモノメチルヒドラジン(MMH)、酸化剤として一酸化窒素を3%添加した四酸化二窒素(MON-3)を採用している。

主要諸元[編集]

  • 全長 : 554 mm
  • 直径 : 279 mm
  • 質量 : 3.76 kg
  • 燃焼サイクル : 圧送式サイクル
  • 推進剤 : MON-3/MMH
  • 推力 : 489 N
  • 比推力 : 315.5 s
  • 混合比 : 1.0 - 2.4
  • 燃焼圧 : 0.74 MPa

採用宇宙機[編集]

採用衛星バス[編集]

採用ロケット[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “Aerojet Rocketdyne Celebrates 100th High Performance Apogee Thruster Flight”. Aerojet Rocketdyne. (2014年12月1日). http://www.rocket.com/article/aerojet-rocketdyne-celebrates-100th-high-performance-apogee-thruster-flight 2014年12月7日閲覧。 
  2. ^ “Aerojet Delivers 100th HiPAT Thruster”. Aerojet Rocketdyne. (2014年6月28日). http://www.rocket.com/article/aerojet-delivers-100th-hipat-thruster 2014年12月7日閲覧。 
  3. ^ “Aerojet Propulsion Helps Deliver Astronaut Care Packages”. Aerojet. http://www.aerojet.com/news2.php?action=fullnews&id=317 2012年4月8日閲覧。 

外部リンク[編集]