BT-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BT-4IHIエアロスペース(旧石川島播磨重工業航空宇宙事業部)が開発し、製造している推力500N級の2液式ロケットエンジンである。

概要[編集]

LUNAR-A周回軌道投入用スラスタとして開発されたプロトタイプをベースとして2000年に開発された。主に商用静止衛星静止軌道投入用アポジキックエンジンとしてオービタル・サイエンシズ社(OSC)やロッキード・マーティン(LM)に供給されており、2002年にOSCに納入された量産型は、2005年11月16日アリアン5で打ち上げられたインドネシアの静止通信衛星TELKOM-2で初めて使用された。

技術的特徴[編集]

ヘリウムガスによって加圧される圧送式サイクルの2液式ロケットエンジンであり、燃料としてヒドラジン(N2H4)、酸化剤として一酸化窒素を3%添加した四酸化二窒素(MON-3)を採用している。この種の2液式ロケットエンジンとしては世界最高の比推力を有する[1]

宇宙ステーション補給機(HTV)で採用されたHBT-5では燃料がモノメチルヒドラジン(MMH)に変更されている[2]

主要諸元[編集]

プロトタイプ[編集]

  • 燃焼サイクル : 圧送式サイクル
  • 推進剤 : MON-3/N2H4
  • 推力 : 547+54/-58 N
  • 比推力 : 319.8±5.1 s

[3]

BT-4[編集]

  • 全長 : 650 mm
  • 質量 : 4 kg
  • 燃焼サイクル : 圧送式サイクル
  • 推進剤 : MON-3/N2H4
  • 推力 : 450 N
  • 比推力 : 329 s
  • 混合比 : 0.92 ± 0.015
  • 燃料圧力 : 1.69 MPa
  • 酸化剤圧力 : 1.62 MPa

[4]

HBT-5[編集]

  • 燃焼サイクル : 圧送式サイクル
  • 推進剤 : MON-3/MMH
  • 推力 : 500 N
  • 比推力 : 322 s

採用宇宙機[編集]

プロトタイプ[編集]

BT-4[編集]

採用衛星バス[編集]

採用ロケット[編集]

  • アンタレス - オプションとなる第3段 Bi-Propellant Third Stage (BTS)で3基のエン ジンを使用。

HBT-5[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ ロッキード・マーチン社向け衛星用エンジンがフライトに成功〜独自開発の世界最高性能のエンジンで2回連続のフライトに成功〜 (IHI)
  2. ^ a b HTV3プレスキット (PDF)”. JAXA (2012年6月1日). 2012年6月3日閲覧。
  3. ^ Mamoru Takahashi, Masayuki Tamura, Mizuho Ikeda, Kouseki Akai, Takeshi Sasaki, Kenichi Kajiwara, Ideo Masuda, Daisuke Goto (2008年6月4日). “On-orbit operation results of “KAGUYA” Lunar Explorer propulsion subsystem (PDF)”. The 26th International Symposium on Space Technology and Science. 2012年6月7日閲覧。
  4. ^ 44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit. Hydrazine/MON-3 High Pressure Pump Prototype (PDF, 79KB) - Hideshi Kagawa, Akira Okayasu, Toyohiko Ota. AIAA 2008-4944.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]