RD-58

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RD-58M
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
初飛行 1967年
設計者 OKB-1, V. M. Melnikov
開発企業 ヴォロネジ機械工場
目的 上段ロケット
搭載 N-1, プロトンK, プロトンM, ゼニット
前身 S1.5400
現況 製造中
液体燃料エンジン
推進薬 液体酸素 / RG-1
サイクル 酸化剤リッチ二段燃焼サイクル
構成
燃焼室 1
性能
推力 (vac.) 79.46キロニュートン (17,860 lbf)
Isp (vac.) 353秒
燃焼時間 最大600秒間
寸法
乾燥重量 300キログラム (660 lb)
使用
ブロックD

RD-58 (製造品番 11D58)は1960年代にソビエトのOKB-1, 現在のRKK エネルギアが開発した液体燃料ロケットエンジンである。エンジンは当初は世界初の二段燃焼サイクルのエンジンであるS1.5400を元にMikhail Melnikovの管理下でN-1の上段であるブロックDの動力として開発された。この段の派生型が現在のプロトンゼニットで使用される 。