11B97

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

11B97ソビエトで1978年から1986年にかけて開発された核電気ロケット英語版エンジンである。16,000時間作動するために十分な推進剤と3年間の運転寿命を有する原子炉が設計された。100トンの重量物を静止軌道へ輸送する能力を備えたが実際には飛行しなかった。[1]

出典[編集]

  1. ^ Wade, Mark (2008年). “11B97”. 2010年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • NERVA, the American project for nuclear thermal propulsion
  • RD-0410