火星にある人工物の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
火星

以下の表は、火星表面に存在する人工物のリストである。地球から火星に到達した宇宙船が掲載されている。そのほとんどは当初の目的を果たした後は機能を失ったが、オポチュニティは2011年9月現在も稼働している。エクソマーズにおける着陸実験モジュール「スキアパレッリ」は、火星に到達した直近の人工物である。以下の表には、部品やパラシュート、熱シールド等の小さな物体は含まれていない。


一覧[編集]

人工物 画像 質量
(kg)
場所
マルス2号(ランダー) [1] Mars3 lander vsm.jpg ソビエト連邦の旗 ソ連 1971 1210 北緯4度 西経47度 / 北緯4度 西経47度 / 4; -47 (マルス2号)
マルス3号(ランダー) [2] Mars3 lander vsm.jpg ソビエト連邦の旗 ソ連 1971 1210 シレヌム大陸
南緯45度 西経158度 / 南緯45度 西経158度 / -45; -158 (マルス3号)
マルス6号(ランダー) [1] ソビエト連邦の旗 ソ連 1973 635 マルガリティファ-大陸
南緯29度54分 西経19度25分 / 南緯29.90度 西経19.42度 / -29.90; -19.42 (マルス6号)
バイキング1号(ランダー)[3] Viking lander model.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1976 657 クリュセ平原
北緯22度28分48秒 西経47度58分01秒 / 北緯22.480度 西経47.967度 / 22.480; -47.967 (バイキング1号)
バイキング2号(ランダー)[4] Viking lander model.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1976 657 ユートピア平原
北緯48度16分08秒 西経225度59分24秒 / 北緯48.269度 西経225.99度 / 48.269; -225.99 (バイキング2号)
マアズ/マーズ・パスファインダー & ソジャーナ [5] Lander and rover drawing.gif アメリカ合衆国の旗 米国 1997 360 アレス峡谷
北緯19度20分 西経33度33分 / 北緯19.33度 西経33.55度 / 19.33; -33.55 (マーズ・パスファインダー & ソジャーナ)
マアズ/マーズ・クライメイト・オービター [6] Mars Climate Orbiter 2.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1999 629  ?
マアズ/マーズ・ポーラー・ランダー & ディープ・スペース2号 [1] Mars polar lander.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 1999 500 Ultimi Scopuli
南緯76度 西経195度 / 南緯76度 西経195度 / -76; -195 (マーズ・ポーラー・ランダー & ディープ・スペース2号)
ビーグル2号 [7] Beagle 2 replica.jpg イギリスの旗 英国 2003 33 イシディス平原
北緯11度31分35秒 東経90度25分46秒 / 北緯11.5265度 東経90.4295度 / 11.5265; 90.4295 (ビーグル2号)
スピリット (MER-A)[8] NASA Mars Rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2004 1063 グセフクレーター
南緯14度34分18秒 東経175度28分43秒 / 南緯14.5718度 東経175.4785度 / -14.5718; 175.4785 (スピリット)
オポチュニティ (MER-B) NASA Mars Rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2004 1063 メリディアニ平原
南緯1度56分54秒 東経354度28分27秒 / 南緯1.9483度 東経354.4742度 / -1.9483; 354.4742 (オポチュニティ)
フェニックス [9] Pia09344.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2008 350 北部低地(グリーンバレー)
北緯68度13分 西経125度42分 / 北緯68.22度 西経125.7度 / 68.22; -125.7 (フェニックス)
キュリオシティ Mars Science Laboratory Curiosity rover.jpg アメリカ合衆国の旗 米国 2012 900
スキアパレッリ [1] Maquette EDM salon du Bourget 2013 DSC 0192.JPG 欧州連合の旗 ESA
ロシアの旗 ロシア
2016 577 メリディアニ平原
 ?
合計推定乾質量 (kg) 9,880

太字は現在も稼働中。

ギャラリー[編集]

火星上のバイキング2号
スピリット・ローバー着陸機
オポチュニティーの熱シールド

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 降下中の減速に失敗。火星表面に衝突し失われた。
  2. ^ 火星表面に着陸したが、25秒後に通信が途絶えた。
  3. ^ 1982年11月13日管制からのコマンド送信ミスにより通信途絶。運用終了。
  4. ^ バッテリーの故障により1980年4月11日運用終了。
  5. ^ 1997年9月27日通信途絶。1998年3月10日運用終了。
  6. ^ 予定の進入軌道に入れず降下中に破壊され、その一部が火星表面に到達したと推測される。
  7. ^ 火星表面へ放出後通信途絶。2015年に無事着陸していたことが確認されたが、太陽電池の展開に失敗しており、これが喪失の原因と思われる。
  8. ^ 2010年3月22日の通信を最後に通信が途絶え、2011年5月24日運用終了。
  9. ^ 太陽電池の電力低下のため活動停止。2008年11月10日運用終了。

関連項目[編集]