熱シールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱シールド(Heat shield)は、熱源からのを拡散、反射あるいは吸収することによって、内部の物体を高熱から守るためのものである。

使用[編集]

自動車[編集]

エンジンから放出される多量の熱による周辺部品や車体へのダメージを減少させるために、熱シールドはほとんどの自動車のエンジンに使われている。自動車の熱シールドには、ステンレス鋼などの鋼板から作られたものや、フォーミュラ1カーにも用いられる薄いアルミニウム箔でできた曲がりやすいものなどがある。

宇宙船[編集]

スペースシャトルに使われる熱吸収熱シールド

地球火星金星等の大気を持った天体に着陸する宇宙船は、高速で大気圏再突入し、大気との摩擦で速度を落とすことになる。この副作用として、空力加熱が発生する。宇宙船用の熱シールドは、熱を拡散する特殊な物質でできた保護層から構成されている。プラスチック樹脂からできた熱除去ヒートシールドと、スペースシャトル等に使われる炭素繊維強化炭素複合材料からできた熱吸収熱シールドの2つのタイプに大別される。

工業[編集]

様々な工業過程で、熱に弱い部品を保護するためにしばしば熱シールドが用いられる。

火器[編集]

セミオートマチックやオートマチックのライフルショットガンには、弾射出時の熱から射撃手の手を保護するために熱シールドが用いられる。

出典[編集]

関連項目[編集]