火星日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

火星日(かせいじつ、Sol、Mars-day、Martian day)とは、火星における一日の時間である。火星の一日は、地球における時間の単位を使用すると、平均24時間39分35.244秒となる[1]

約668 Solで火星の一年となる。地球と同じように春分などの季節があり、日の入りや夏の日照時間なども同様に変化する。Solという単位は、ラテン語の太陽に由来し、1976年に行われたNASAの火星探査計画バイキング計画において用いられ定着した[2][1]

地球での昨日などと区別し、yestersol、tosolとDayと置き換えて使用される。明日に当たる tomorrow では、nextersol、morrowsol、solmorrowなどの使用が認められる[3]

出典[編集]

  1. ^ a b Allison, Michael (2015年6月30日). “Technical Notes on Mars Solar Time as Adopted by the Mars24 Sunclock”. ゴダード宇宙科学研究所. アメリカ航空宇宙局(NASA). 2018年6月13日閲覧。
  2. ^ Snyder, Conway W. (1979). “The extended mission of Viking”. Journal of Geophysical Research 84 (B14): 7917–7933. doi:10.1029/JB084iB14p07917. 
  3. ^ Martínez-Frías, Jesús (2002年9月28日). “Marte: 'yestersol', 'tosol' y 'solmorrow'” (スペイン語). El Mundo (Madrid, Spain: Unidad Editorial S.A.). http://www.elmundo.es/elmundo/2012/09/27/ciencia/1348773912.html 2014年4月23日閲覧。 

関連項目[編集]