祝融号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
祝融号
祝融
天問1号ミッションの一部
ファイル:Zhurong rover and Tianwen-1 lander (cropped).png
天問1号の着陸船との「祝融号」
種類 火星探査車
名の由来 祝融
開発者 中国空間技術研究院[1]
技術的詳細
本体寸法 2.6m x 3m x 1.85m
発射時重量 240キログラム (530 lb)
電源 太陽エネルギー
飛行履歴
打ち上げ日 2020年7月23日 23:18 UTC[2]
打ち上げ場所 文昌衛星発射センター
LC-101
所属 国家航天局
着陸日 2021年5月14日[5]
着陸地点 北緯25度06分 東経109度54分 / 北緯25.1度 東経109.9度 / 25.1; 109.9[3]
ユートピア平原[4]
総飛行時間 369日, 15時間 and 5分 配備以来
総飛行距離 1.064 km (0.661 mi)[6]
2021年8月30日 (2021-08-30)現在
状態
  • 運用中(2021年5月22日02:40 UTCに天問1号着陸船から配備)
火星着陸船
宇宙船搭載構成物 天問1号リモートカメラ (TRC)
着陸 2021年5月14日, 23:18 UTC (2021年5月22日 02:40 UTC に天問1号着陸船から分離された。)[7]
着陸地点 ユートピア平原[4]
北緯25度06分 東経109度54分 / 北緯25.1度 東経109.9度 / 25.1; 109.9[8]
搭載機器
  • MarSCoDe
  • MCS
  • MSCam
  • NaTeCam
  • RoMAG
  • RoPeR

祝融号(しゅくゆうごう)はマーズ・ローバーであり、中国が最初に地球以外の惑星に上陸させた探査車である。中国国家航天局(CNSA)が火星に向けて打ち上げた天問1号の一部である。

宇宙船は2020年7月23日に地球から打ち上げられ、2021年2月10日に火星の軌道英語版に投入された。探査車を運ぶ着陸船は、2021年5月14日に火星に成功裏に軟着陸した[9][10]。中国はアメリカ合衆国に次いで、火星に宇宙船を成功裏に軟着陸させ火星表面から交信を開始させた2番目の国になった。祝融号は2021年5月22日2時40分(UTC)に配置についた[11]

命名[編集]

火星が中国などの東アジアの国で「火の惑星」と呼ばれていることから、祝融号は火と明かりに関連する中国の神話上の人物祝融に因んで名付けられている。2021年1月20日から2021年2月28日まで行われた一般のオンライン投票で、祝融号は504466票を獲得して1位になるとともに正式名として選ばれた[12]。この名称は「中国の星間探査の炎を燃え上がらせ星々を探査しようという中国人民の決意を象徴し、宇宙の未知を明らかにする」意味で選ばれた[13]

歴史[編集]

第69回国際宇宙会議祝融号の実物大模型

中国はロシアとの共同事業で火星宇宙船蛍火1号を送ることで2011年に最初の惑星間探査計画を開始した。ロシアの打ち上げロケットの失敗で地球軌道を離脱しなかった[14]。その結果、当時の中国の宇宙当局は、独自の火星探査事業に乗り出した。

将来の火星探査車の最初の初期モデルは、2014年11月に第10回中国国際航空宇宙博覧会で展示された。に投入された月面探査車玉兔英語版と同様の外観があった[15]

2016年4月22日、CNSA局長許達哲は火星探査事業が2016年1月11日に承認されたことを発表した。無人観測宇宙船が火星軌道に送られ2020年に火星に着陸する企画であった[16]

2016年8月23日、一つの探査事業で火星宇宙船や着陸船、探査車の構成を確認した中国は、火星探査事業用宇宙船の最終報告の主要な概念を明らかにした[17]

火星探査事業の科学的目標と乗組員が2017年12月にJournal of Deep Space Explorationで公表された文書で表明された[18]

2020年4月24日、中国の惑星間探査計画英語版天問の名前や計画の標章と共に正式にCNSAから発表された[19]。2020年に行う火星探査事業である計画の最初の任務は、天問1号と名付けられた[20]

2021年4月24日、やがて起こる着陸計画を予定してCNSAは正式に探査車は祝融号と名付けることになると発表した[21]

着陸地域選定[編集]

着陸地域は二つの基準に基づいて決定された[22]

  • EDLの際の緯度や海抜、勾配、地表の状態、岩石の分布状態、着陸地点の風速、要求される視程などの技術的可能性
  • 地質英語版や土壌構造と氷の分布、表面の成分、鉱物、岩石の分布、磁場探査などの科学的目標

クライシ平原英語版ユートピア平原という二つの地域が次の段階で前以て選ばれた。

The two landing site candidates of Tianwen-1 mission.
天問1号の二つの着陸地点候補が火星の地図上に赤い線で囲まれている。左側がクライシ平原英語版に当たり、右側がユートピア平原に当たる。

ユートピア平原の方が火星の北半球に古代の大洋が存在したかどうかの証明を見出す良い機会があるとチームに好まれた[22]。結局探査事業の最終着陸地域に選ばれた。

探査事業の時系列[編集]

祝融号を搭載した天問1号が2020年7月23日12時41分(UTC+8)に長征5号により文昌衛星発射場から打ち上げられた[23]

惑星間空間を202日間飛行すると、天問1号は2021年2月10日に火星の周回軌道に入り、それにより中国で最初の人工衛星になった[24]。続いて数個の軌道操作を行い、来たる着陸に向けた準備として火星上の着陸地点の探査を開始した。

2021年5月14日、上陸船と祝融号は、天問1号を離れた。9分で終了した火星の大気圏突入英語版を行うと、上陸船と祝融号は、大気用船体やパラシュート、逆推進ロケットを組み合わせて使いながら、ユートピア平原に成功裏に軟着陸した[25]。着陸と共に中国はアメリカ合衆国に次いで火星表面英語版に完全に機能する宇宙船を運航する2番目の国になった。

祝融号との安定した交信を開始すると、CNSAは2021年5月19日に火星表面からの最初の写真を公開した[26]

2021年5月22日北京時間午前10時10分(0240GMT)に探査計画を開始しながら祝融号は上陸用プラットフォームから火星表面に進み出た[27][28]

2021年6月11日、CNSAは祝融号に撮影されたパノラマ映像や火星の大地英語版に置かれたワイヤレスカメラで撮影した祝融号や天問1号着陸船の色付けしたグループ写真などの火星表面からの最初の科学的映像集を公開した。パノラマ映像は祝融号が火星表面に投入される前にNaTeCamで撮影した24枚の写真である。映像は着陸地点近くの地形と岩石地帯が白く波打つ形状の小さいが広がりのある岩や泥火山のある特有の南部ユートピア平原に関する科学者の事前の予想と一致したことを示している[7]

Rover and lander captured by HiRISE from NASA's MRO on June 6, 2021
2021年6月6日にアメリカ航空宇宙局MROHiRISE英語版に撮影された祝融号と着陸船

2021年6月27日、CNSAは計器(火星気象観測機(MCS))で記録した祝融号で作られた音の1カットなどの火星表面上の祝融号のEDL過程や動きの映像やヴィデオを公開した[29]

2021年7月11日現在、CNSAは祝融号が火星表面上を410 m (1,350 ft)以上移動したと発表した[30]

2021年7月12日、祝融号は5月14日の着陸時に火星表面に投下したパラシュートとバックシェルを訪れた[31][32]

2021年10月6日、9月下旬から始まった太陽雑音妨害のため、科学探査を一時中止したと発表した[33]。太陽雑音妨害が終了する10月中旬ごろから科学探査を再開する予定であるとしている[33]

祝融号の運用時間
日付 運用時間 移動距離 備考
2021年6月27日 42火星日 236 m (774 ft) [34]
2021年7月11日 55火星日 410 m (1,350 ft) [35]
2021年7月17日 64火星日 509 m (1,670 ft) [36]
2021年7月30日 75火星日 708 m (2,323 ft) [37]
2021年8月6日 82火星日 808 m (2,651 ft) [38]

実地踏査[編集]

目標[編集]

予定された祝融号の任務は、下記の通りである。[39]

  • 各地の地形と地質を研究する。
  • 土壌や氷の中身を試験する。
  • 成分や鉱物、岩石を調査する。
  • 大気のサンプル

計器類[編集]

祝融号のボード上のペイロードの形状とレイアウト

6輪の祝融号は、重量が240 kgで高さが1.85 mである[40]。4つの太陽パネルで電力を供給し、6つの科学的計器類を運んでいる[28][39][22]

  • 火星探査車貫通レーダーRoPeR地中レーダー探査(GPR):火星の地下約100 m (330 ft)を見られる2つの周波数[41]。同じ年に離陸し着陸したアメリカ航空宇宙局パーサヴィアランスに装備された物と共に火星に投入された最初の2つの地中貫通レーダーの一つであった[42]
  • 火星探査車磁力計RoMAG):火星表面の移動測量に基づき近くの磁気野の細かい構造を得る。
  • 火星気象観測機MCS)(MMMI(火星気象測定器)とも):温度や気圧、風速、地表大気の方向を測定し、火星の音をとらえるマイクがある。祝融号投入に際しマーズ2020パーサヴィアランスに探査車のマイクに次いで成功裏に火星の音を録音した2番目の火星音計器として動きながら録音した。
  • 火星表面複合探知器MarSCoDe):レーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)と赤外線分光学を併せている[39]
  • 複合スペクトルカメラMSCam):MarSCoDeやMSCamと併せて火星表面の水環境と派生的な鉱物の種類の関係を確立し水が存在するための歴史的な環境を調査する鉱物の成分を調べる。
  • 誘導・地形カメラNaTeCam):2048×2048の解像度を持ちNaTeCamは地形図を作図し、傾斜や起伏、でこぼこのような要素を引き出し、地質構造を調査し、表面要素の地質構造について総合的な分析を行う。

6つの科学的計器類の内、RoPeRは探査中に機能し、MarSCoDeとMSCam、NaTeCamは、静止している時に機能し、RoMAGとMCSは、動いている時か停止中の両方で機能する[22]

他の計器類に次のものがある。

  • リモートカメラ:2021年6月1日に祝融号と着陸船の写真を撮るために祝融号が落とした小さなカメラ。撮った映像は、Wi-Fiを通じて祝融号に転送されている[43][7]

計画[編集]

祝融号は90火星日の寿命が予定されている。元々3火星日毎に1つの期間と定義された。各期間毎の基本路線は下記の通りである[22]

  • 1火星日目:NaTeCamが分析と予定された運用のために火星表面を撮影する。
  • 2火星日目:各ペイロードが科学的探査を行う。
  • 3火星日目:祝融号が目的地に向けて移動する。RoMAGとMCSが探査の際にデータを収集する。

獲得したデータは、火星日毎にダウンリンクされる。データは科学団体に公開される前に職務上5-6か月間の所有期間にCNSAのチームにより処理される[22]

2021年7月、天問1号の設計者は、祝融号がこれまで以上の実績を上げるために探査作業を加速しながら元々の3火星日単位が1つに纏められていることを公表した[44]

en:Acheron Fossaeアキダリア平原アルバ・パテラアマゾニス平原en:Aonia Planitiaen:Arabia Terraアルカディア平原en:Argentea Planumen:Argyre Planitiaen:Chryse Planitiaen:Claritas Fossae火星の人面岩en:Daedalia Planumエリシウム山エリシウム平原ゲールクレーターen:Hadriaca Pateraen:Hellas Montesヘラス平原en:Hesperia PlanumHolden crateren:Icaria Planumen:Isidis PlanitiaジェゼロクレーターLomonosov crateren:Lucus Planumen:Lycus SulciLyot crateren:Lunae PlanumMalea PlanumMaraldi crateren:Mareotis FossaeMareotis Tempeen:Margaritifer TerraMie craterMilankovič crateren:Nepenthes Mensaeen:Nereidum Montesen:Nilosyrtis Mensaeen:Noachis Terraen:Olympica Fossaeオリンポス山アウストラレ高原en:Promethei Terraen:Protonilus Mensaeen:SirenumSisyphi Planumen:Solis Planumen:Syria Planumen:Tantalus Fossaeen:Tempe Terraen:Terra Cimmeriaen:Terra Sabaeaen:Terra Sirenumタルシス三山en:Tractus Catenaen:Tyrrhen Terraユリシーズ・トーラスen:Uranius Pateraユートピア平原マリネリス峡谷en:Vastitas Borealisen:Xanthe TerraMap of Mars
The image above contains clickable links火星の世界的な地形のインタラクティブな画像地図。画像の上にマウスを置くと、60を超える著名な地理的特徴の名前が表示され、クリックするとリンクする。ベースマップの色は、NASAのマーズグローバルサーベイヤーのマーズオービターレーザー高度計からのデータに基づいて、相対的な標高を示す。白色と茶色は最も標高が高い。(+12 to +8 km); ピンクと赤が続く。(+8 to +3 km)。黄色は0 km。緑と青は標高が低い(down to −8 km)。軸は緯度と経度。
(   アクティブローバー  非活性  アクティブランダー  非活性  将来 )
Beagle 2
Bradbury Landing
Deep Space 2
Columbia Memorial Station
InSight Landing
Mars 2
Mars 3
Mars 6
Mars Polar Lander
Challenger Memorial Station
Mars 2020
Green Valley
Schiaparelli EDM
Carl Sagan Memorial Station
Columbia Memorial Station
Thomas Mutch Memorial Station
Gerald Soffen Memorial Station

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Zhao, Lei (2020年7月23日). “China-made Mars rover set for upcoming mission”. China Daily. オリジナルの2021年5月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210518045012/https://global.chinadaily.com.cn/a/202007/23/WS5f18cfb1a31083481725b72b.html 2021年5月18日閲覧. "Developed by the China Academy of Space Technology in Beijing, a major manufacturer of Chinese spacecraft, the rover carries six scientific instruments" 
  2. ^ Wall, Mike (2020年7月23日). “China launches ambitious Tianwen-1 Mars rover mission”. Space.com. 2021年2月12日閲覧。
  3. ^ State Key Laboratory of Lunar and Planetary Sciences [@sklplanets]. "succesful〔ママ〕 landing of #Tianwen1, on #Mars! Landing point: 109.7 E, 25.1 N, less than 40 km from target location in Utopia Planitia. More details expected later!" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)
  4. ^ a b Jones, Andrew (2020年10月28日). “China chooses landing site for its Tianwen-1 Mars rover”. Space.com. 2020年11月16日閲覧。
  5. ^ Hebden, Kerry (14 May 2021). “China is about to land its Zhurong rover on Mars”. Room. https://room.eu.com/news/china-is-about-to-land-its-zhurong-rover-on-mars 2021年5月16日閲覧. "The same Chinese space watchers who revealed the impending descent also report that Zhurong will begin exploration on 22 May" 
  6. ^ Zhurong update: New panorama from the rover close to a dune. Zhurong has covered 1064 metres as of August 30, continuing south of the landing platform [CNSA/PEC]” (英語). Twitter. 2021年8月31日閲覧。
  7. ^ a b c 天问一号探测器着陆火星首批科学影像图揭幕” (中国語). cnsa.gov.cn. China National Space Administration (2021年6月11日). 2021年6月12日閲覧。
  8. ^ Weitering, Hanneke (2021年5月15日). “China's 1st Mars rover 'Zhurong' lands on the Red Planet”. Space.com. 2021年5月16日閲覧。
  9. ^ Myers, Steven Lee; Chang, Kenneth (2021年5月14日). “China's Mars Rover Mission Lands on the Red Planet”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2021/05/14/science/china-mars.html 2021年5月16日閲覧。 
  10. ^ Woo, Ryan (2021年5月15日). “China completes historic Mars spacecraft landing”. Reuters. https://www.reuters.com/lifestyle/science/chinese-spacecraft-successfully-lands-surface-mars-xinhua-2021-05-15/ 2021年5月16日閲覧。 
  11. ^ Zhao, Lei (2021年5月22日). “China's Zhurong rover moves onto Martian surface to begin scientific operations”. China Daily. オリジナルの2021年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210522111816/https://www.chinadaily.com.cn/a/202105/22/WS60a89fb3a31024ad0bac0c37.html 2021年5月22日閲覧。 
  12. ^ "祝融号"荣登榜首!中国首辆火星车全球征名投票结束” (中国語). Hunan Today (2021年3月2日). 2021年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧。
  13. ^ 定了!"祝融号"——中国首辆火星车有名字了!” [Deal! "Zhurong"—China's first Mars rover has a name!] (中国語). CCTV News (2021年4月24日). 2021年4月30日閲覧。
  14. ^ Brown, Mark (7 February 2012). “Programming glitch, not radiation or satellites, doomed Phobos-Grunt”. Wired UK. オリジナルの10 February 2012時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120210215018/http://www.wired.co.uk/news/archive/2012-02/07/phobos-grunt-programming-glitch 2012年2月26日閲覧。. 
  15. ^ “高清:中国火星探测器首秀 火星车神似"玉兔"” (中国語). People's Daily. (2014年11月11日). http://scitech.people.com.cn/n/2014/1111/c1007-26005514.html 2021年6月7日閲覧。 
  16. ^ Zhao, Lei (2016年4月23日). “Probe of Mars set for 2020”. China Daily. オリジナルの2016年4月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160423134308/https://www.chinadaily.com.cn/china/2016-04/23/content_24775327.htm 2021年5月22日閲覧。 
  17. ^ “China shows first images of Mars rover, aims for 2020 mission”. Reuters. (2016年8月23日). https://www.reuters.com/article/us-china-space-mars-idUSKCN10Z07B 2021年6月7日閲覧。 
  18. ^ Zhu, Yan; Bai, Yunfei; Wang, Lianguo; Shen, Weihua; Zhang, Baoming; Wang, Wei; Zhou, Shengyu; Du, Qingguo et al. (December 2017). “中国首次火星探测工程有效载荷总体设计” (中国語). Journal of Deep Space Exploration 4 (6): 510–514, 534. doi:10.15982/j.issn.2095-7777.2017.06.002. 
  19. ^ 官宣 | 中国首次火星探测任务名称和图形标识正式发布 (中国語). China National Space Administration. 24 April 2020. Bilibiliより2021年5月22日閲覧
  20. ^ Zhao, Lei (2020年4月24日). “China's first Mars mission named Tianwen 1”. China Daily. オリジナルの2021年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210125113313/https://www.chinadaily.com.cn/a/202004/24/WS5ea24a82a3105d50a3d188ea.html 2021年5月22日閲覧。 
  21. ^ “China's first Mars rover named Zhurong”. Xinhua News Agency. (2021年4月24日). http://www.xinhuanet.com/english/2021-04/24/c_139902817.htm 2021年4月24日閲覧。 
  22. ^ a b c d e f Li, Chunlai; Zhang, Rongqiao; Yu, Dengyun; Dong, Guangliang; Liu, Jianjun; Geng, Yan; Sun, Zezhou; Yan, Wei et al. (June 2021). “China's Mars Exploration Mission and Science Investigation”. Space Science Reviews 217 (4). Bibcode2021SSRv..217...57L. doi:10.1007/s11214-021-00832-9. 
  23. ^ Jones, Andrew (2020年7月23日). “Tianwen-1 launches for Mars, marking dawn of Chinese interplanetary exploration”. SpaceNews. 2020年7月23日閲覧。
  24. ^ Jones, Andrew (2021年2月10日). “China's Tianwen-1 enters orbit around Mars”. SpaceNews. 2021年5月21日閲覧。
  25. ^ Jones, Andrew (2021年5月14日). “China's Zhurong Mars rover lands safely in Utopia Planitia”. SpaceNews. 2021年5月21日閲覧。
  26. ^ Amos, Jonathan (2021年5月19日). “China on Mars: Zhurong rover returns first pictures”. BBC News. https://www.bbc.com/news/science-environment-57172346 2021年5月21日閲覧。 
  27. ^ “China's Mars rover drives across planet a week after landing”. The Guardian. Associated Press. (2021年5月22日). https://www.theguardian.com/science/2021/may/22/chinas-mars-rover-takes-first-drive-on-red-planet 2021年5月23日閲覧。 
  28. ^ a b On its first try, China's Zhurong rover hit a Mars milestone that took NASA decades”. The Conversation (2021年5月18日). 2021年5月23日閲覧。
  29. ^ 国家航天局发布天问一号任务着陆和巡视探测系列实拍影像” (中国語). mod.gov.cn. Ministry of National Defense of the People's Republic of China (2021年6月28日). 2021年6月28日閲覧。
  30. ^ Zhang, Rachel (2021年7月12日). “China's Zhu Rong rover zooms in on rocks in Mars space mission”. South China Morning Post. https://www.scmp.com/news/china/science/article/3140816/chinas-zhu-rong-rover-zooms-rocks-mars-space-mission 2021年7月12日閲覧。 
  31. ^ "祝融号"近距离"看"降落伞与背罩” (中国語). CNSA (2021年7月16日). 2021年7月21日閲覧。
  32. ^ China’s Zhurong Mars rover visits own parachute”. SpaceNews (2021年7月15日). 2021年7月21日閲覧。
  33. ^ a b 中国、火星の科学探査を一時中断 太陽雑音妨害で” (日本語). www.afpbb.com. 2021年10月6日閲覧。
  34. ^ 天问一号任务着陆和巡视探测系列实拍影像发布” (中国語). cnsa.gov.cn. China National Space Administration (2021年6月27日). 2021年6月27日閲覧。
  35. ^ "祝融号"火星车行驶超400米”. 中国新闻网 (2021年7月11日). 2021年7月11日閲覧。
  36. ^ 祝融号火星车行驶里程突破509米” (中国語). 新华网 (2021年7月18日). 2021年7月22日閲覧。
  37. ^ https://www.newsy-today.com/chinese-rover-zhurong-captures-new-unpublished-images-of-mars/
  38. ^ 祝融号累计行驶里程突破800米” (中国語). Xinhuanet (2021年8月6日). 2021年8月8日閲覧。
  39. ^ a b c Zou, Yongliao; Zhu, Yan; Bai, Yunfei; Wang, Lianguo; Jia, Yingzhuo; Shen, Weihua; Fan, Yu; Liu, Yang et al. (2021). “Scientific objectives and payloads of Tianwen-1, China's first Mars exploration mission”. Advances in Space Research 67 (2): 812–823. Bibcode2021AdSpR..67..812Z. doi:10.1016/j.asr.2020.11.005. ISSN 0273-1177. 
  40. ^ Jones, Andrew (2021年3月29日). “Here's What You Need to Know About China's Mars Rover”. IEEE Spectrum. 2021年5月19日閲覧。
  41. ^ Zhou, Bin; Shen, Shaoxiang; Ji, Yicai; Lu, Wei; Zhang, Feng; Fang, Guangyou; Su, Yan; Dai, Shun (2016). “The subsurface penetrating radar on the rover of China's Mars 2020 mission”. 2016 16th International Conference on Ground Penetrating Radar (GPR). Hong Kong, China. pp. 1–4. doi:10.1109/ICGPR.2016.7572700 
  42. ^ China raises the stakes with second Mars attempt”. SpaceNews (2020年7月22日). 2021年7月1日閲覧。
  43. ^ 火星之后我们会去哪里?| 《火星来了》第三季第⑨集 (中国語). China National Space Administration. 11 June 2021. Bilibiliより2021年6月11日閲覧
  44. ^ 专访天问一号火星环绕器总体主任设计师:未来将把火星表面样品带回地球” (中国語). China News (2021年7月14日). 2021年7月21日閲覧。