火星の太陽面通過 (木星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木星における火星の太陽面通過(かせいのたいようめんつうか)とは、木星と太陽のちょうど間に火星が入り、太陽面を通過する天文現象である。

概要[編集]

木星における火星の太陽面通過は、紀元前125000年から125000年の25万年間で4962回ある。前回は1939年11月8日、次回は2040年7月7日に発生する。

火星の太陽面通過は、現在から前後約1万年以内は、約18年9か月、約36年9か月、約53年8か月、約65年、約101年9か月のいずれかの間隔で発生する。この間隔は時代によって変化するが、その変化は非常に遅い。例えば先述の間隔以外の間隔が出てくるのは、紀元前9294年以前か、11048年以降である。

太陽面通過の起こる日[編集]

日付は最大食の日付(UTC)。

年月日 最大食
1785年8月13日 06:14
1886年4月13日 19:11
1904年2月3日 20:09
1922年1月19日 10:48
1939年11月8日 11:45
2040年7月8日 02:38
2058年4月28日 20:24
2094年2月1日 03:50
2158年12月26日 14:52
2194年10月2日 06:28

同時太陽面通過[編集]

出典[編集]