土星の太陽面通過 (冥王星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

冥王星における土星の太陽面通過(どせいのたいようめんつうか)とは、冥王星と太陽のちょうど間に土星が入り、太陽面を通過する天文現象である。

冥王星で惑星の太陽面通過が見られる頻度は、太陽系の惑星においてこれが見られる頻度に比べると低い。これは冥王星の軌道傾斜角が、太陽系の惑星と比較して大きいためである。冥王星で土星の太陽面通過が起こるのは、紀元前125000年から125000年の25万年間で9回しかない。最も直近で起こったのは紀元前2430年10月18日である。次回は39739年2月9日に起こる。

冥王星における土星の太陽面通過は、冥王星では知られている限りで最も遠くの天体による太陽面通過である。天王星の太陽面通過は計算された範疇では知られておらず、海王星の太陽面通過は軌道共鳴の関係で不可能である。

太陽面通過の起こる日[編集]

紀元前125000年から125000年の25万年間で起こる全ての日時は以下の通り。ここでの「BC」は紀元前を示す。日付は通過の開始時刻基準。時刻はUTC。

日付 開始時刻 最大食 終了時刻 通過時間 太陽の視直径 最小角距離
BC115707年9月1日 03時50分 20時10分 14時24分 1日10時間34分 0.0065° 0.0020°
BC70859年4月15日 20時53分 10時34分 01時55分 1日05時間02分 0.0079° 0.0028°
BC39752年5月24日 15時22分 00時14分 12時29分 0日21時間07分 0.0079° 0.0062°
BC30164年10月14日 09時07分 01時41分 19時55分 1日10時間48分 0.0066° 0.0011°
BC2430年10月18日 08時24分 20時38分 12時00分 1日03時間36分 0.0080° 0.0050°
39739年2月9日 10時48分 22時48分 14時10分 1日04時間22分 0.0064° 0.0033°
58034年1月8日 03時50分 19時55分 13時12分 1日10時間22分 0.0066° 0.0004°
104017年8月16日 16時19分 08時38分 01時55分 1日09時間36分 0.0065° 0.0007°
118672年2月8日 03時22分 13時26分 02時53分 0日23時間31分 0.0078° 0.0055°

出典[編集]