地球の太陽面通過 (冥王星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

冥王星における地球の太陽面通過(ちきゅうのたいようめんつうか)とは、冥王星と太陽のちょうど間に地球が入り、太陽面を通過する天文現象である。

概要[編集]

冥王星で惑星の太陽面通過が見られる頻度は、太陽系の惑星においてこれが見られる頻度に比べると低い。これは冥王星の軌道傾斜角が、太陽系の惑星と比較して大きいためである。冥王星で地球の太陽面通過が起こるのは、紀元前125000年から125000年の25万年間で2550回である(同じ期間で、最も少ない回数である火星でも3399回起こる)。最も直近で起こったのは1931年1月10日である。次回は2018年7月12日に起こる。

冥王星における地球の太陽面通過は数十年から数百年に1回起こるが、約1年と約半日の期間を置いて2回起こる時がある。直近で起こったのは1930年1月9日1931年1月10日のペアである。次は2178年1月12日と2179年1月13日のペアである。単独で起こるのは2018年7月12日が最も近く、次は2266年7月16日である。また、期間は様々であるが、次に太陽面通過が起こる月は、同じ月か半年分ずれた月のどちらかである。例えば1683年から3420年までは、必ず1月か7月に起こる。起こる月は少しずつずれ、例えば1523年以前は6月と12月のみ、3507年以降は2月と8月のみに起こる。

太陽面通過の起こる日[編集]

日付は最大食の日付(UTC)。

年月日 最大食
1434年12月25日 08:24
1523年6月27日 20:24
1683年1月6日 05:16
1930年1月9日 11:31
1931年1月10日 23:16
2018年7月12日 09:50
2178年1月12日 02:24
2179年1月13日 13:26
2266年7月16日 00:00
2426年1月15日 13:40

月の太陽面通過[編集]

地球の衛星であるは、地球とあまり離れていない距離にあるため、地球の太陽面通過が起こる時には、月の太陽面通過も起こっている場合がほとんどである。しかし、稀ではあるが地球のみ、あるいは月のみが太陽面通過を起こす場合がある。地球のみ太陽面通過が起こったのは、前回は紀元前1935年6月8日、次回は2674年1月18日である。月のみ太陽面通過が起こったのは、前回は1770年7月8日、次回は7889年3月30日である。

同時太陽面通過[編集]

出典[編集]