アルシア山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルシア山
Arsia Mons
アルシア山
アルシア山の標高を10倍に拡大した地形画像。上が南西、下が北東。
種類 火山
場所 タルシス
座標 南緯8度21分 西経120度05分 / 南緯8.35度 西経120.09度 / -8.35; -120.09座標: 南緯8度21分 西経120度05分 / 南緯8.35度 西経120.09度 / -8.35; -120.09
標高 16 km
発見者 マリナー9号
名の由来 古代ローマアルシア森英語版

アルシア山: Arsia Mons)は、火星赤道近辺のタルシス台地にあるタルシス三山のうち最も南にある火山

北には三山のパヴォニス山、次いでアスクレウス山が存在する。太陽系最大の火山オリンポス山もまたこの北西に存在している。

アルシア山の名称は、天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリが望遠鏡での観測時に名付けたアルベド地形に由来するが、その元となったのは古代ローマアルシア森英語版である。

画像[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • A Hole in Mars - Astronomy Picture of the Day for 28 May 2007 (英語)