アルバ・パテラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルバ・パテラ
Topography map of shield vulcano Alba Patera on Mars
Topography map of shield vulcano Alba Patera on Mars
所在地 火星
種類 楯状火山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

アルバ・パテラ(Alba Patera)は火星タルシス地域、北緯40.5度、西経109.9度にある楯状火山。1972年のマリナー9号による観測で確認された。裾野の直径はオリンポス火山の3倍以上になる太陽系最大の1,600kmに及ぶが標高は約6,800mとオリンポス火山の4分の1程度である。山頂のカルデラは長径170km、短径100kmの大カルデラと長径65km、短径40kmの小カルデラが組み合わさった複合カルデラである。深さは約1,200m。

アルバはラテン語で「白」を意味し、地球からも観測することのできる山上の雲に由来する。パテラはラテン語で皿や浅いボウルを意味し、頂上の二つのカルデラに由来する。ただし2007年9月、国際天文学連合(IAU)はアルバ・パテラを山上のクレーターの名称とし、火山自体の名は「アルバ山」(Alba Mons)に改名している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]