ジェゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェゼロ
惑星 火星
地域 大シルチス台地
座標 北緯18度51分18秒 東経77度31分08秒 / 北緯18.855度 東経77.519度 / 18.855; 77.519座標: 北緯18度51分18秒 東経77度31分08秒 / 北緯18.855度 東経77.519度 / 18.855; 77.519
直径 49.0km
名祖 ジェゼロ(ボスニア・ヘルツェゴビナの地名)
テンプレートを表示
バイキング1号が捉えた火星の写真。右下のクレーターがジェゼロである。

ジェゼロは、火星の大シルチス台地北緯18度51分18秒 東経77度31分08秒 / 北緯18.855度 東経77.519度 / 18.855; 77.519[1]に位置するクレーターである。直径は約49km。

2007年にこのクレーターの名前がボスニア・ヘルツェゴビナの町ジェゼロ[2]にちなんで名付けられた。チェコ語ボスニア語クロアチア語セルビア語スロベニア語などのスラブ語ではジェゼロは湖を意味する。

三角州の堆積物に粘土が多いことからかつて洪水が起こったと考えられている[3]。火星初期のバレーネットワークの形成途中だった時代には湖が存在していたと考えられているため火星の生命の存在を位置づける可能性があると注目されていた。そして2018年11月、マーズ2020の着陸予定地としてジェゼロが選ばれたことが発表された[4][5][6]

概要[編集]

ジェゼロに生命があると予想されているのは水が長い間存在していたと考えられるからである。ジェゼロには三角州があるが、三角州の形成には100万~1000万年ほどの月日がかかる[7]。クレーターの周辺には粘土鉱物も発見されており[8][9][10]マーズ・リコネッサンス・オービターなどが確認した[11]

2015年3月、水がクレーターに存在した時期は2回以上はあることが発表された[12]。ジェゼロには北部と西部に2つの川があり、どちらにも三角州に似た地形をもつ[13]

クレーターの長さが長いためクレーターは深いと予想されている。逆に予想より少ない場合はクレーターに堆積している証拠でもある[14]。クレーターの堆積物は1kmにも及び、ほとんどが北部と西部にある川から運搬されてきたものと思われている[7]

何十億年も前にジェゼロにあった湖(予想図)
左の川はクレーターに行き着き、右の川はかつて起こった氾濫によりイシディス平原にへと流れている。[17][18]
ジェゼロにある三角州

マーズ2020[編集]

マーズ2020を着陸させることが
提案されているジェゼロ

ジェゼロはかつてMSLにおいての着陸場所としても考慮されていたがマーズ2020が着陸することが決まった[15][19]

マーズ2020の目的として古代にあったと考えられる生命の証拠を探すことがまず挙げられる。探査機を安全に着陸させるためには幅20kmで凸凹のない丸い球面のような場所が必要とされる。地質学者は堆積層を調べるために水がかつて溜まっていた場所の検査を期待している[20]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Wray, James (2008年6月6日). “Channel into Jezero Crater Delta アリゾナ大学”. NASA. 2019年6月8日閲覧。
  2. ^ Planetary Names: Crater, craters: Jezero on Mars”. 2019年6月8日閲覧。 originより
  3. ^ Muir, Hazel. “Prime landing sites chosen for biggest Martian rover”. 2019年6月8日閲覧。The six favoured sites are: の Jezero Craterを参照。
  4. ^ Chang, Kenneth (2018年11月19日). “かつてクレーターが湖であったマーズ2020の着陸地(仮題)”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/11/19/science/nasa-mars-2020-rover.html 2019年6月8日閲覧。 
  5. ^ Wall, Mike (2018年11月19日). “ジェゼロに行こう!NASAのマーズ2020の着陸予定地 (仮題)”. Space.com. https://www.space.com/42486-mars-2020-rover-jezero-crater-landing-site.html 2019年6月8日閲覧。 
  6. ^ Mandelbaum, Ryan F.. “NASAが公表したマーズ2020の着陸予定地 (仮題)” (英語). Gizmodo. https://gizmodo.com/nasas-mars-2020-rover-will-land-in-jezero-crater-1830540291 2019年6月8日閲覧。 
  7. ^ a b Schon, S., J. Head, C. Fassett. 2012. 『An overfilled lacustrine system and progradational delta in Jezero crater, Mars: Implications for Noachian climate.』 Planetary and Space Science: 67, 28–45
  8. ^ Bibring, J. et al. 2006. Global mineralogical and aqueous Mars history derived from OMEGA/Mars Express data. Science: 312, 400-404.
  9. ^ Mangold, N., et al. 2007. Mineralogy of the Nili Fossae region with OMEGA/Mars Express data: 2. Aqueous alteration of the crust. Journal of Geophysical Research 112, E08S04. doi:10.1029/2006JE002835.
  10. ^ Poulet, F., et al. 2005. Phyllosilicates on Mars and implications for early martian climate. Nature, 438. doi:10.1038/nature04274.
  11. ^ Murchie, S. (2009). “A synthesis of Martian aqueous mineralogy after 1 Mars year of observations from the Mars Reconnaissance Orbiter”. Journal of Geophysical Research 114 (E2): E00D06. Bibcode2009JGRE..114.0D06M. doi:10.1029/2009JE003342. https://authors.library.caltech.edu/43957/1/jgre2648.pdf. 
  12. ^ 古代火星の水に関する2つの出来事 (仮題)”. 2018年11月20日閲覧。
  13. ^ 古代火星の水に関する2つの出来事 (仮題) - SpaceRef”. spaceref.com. 2018年11月20日閲覧。
  14. ^ Garvin, J., S. Sakimoto, J. Frawley. 2003. Craters on Mars: Global Geometric Properties from Gridded MOLA Topography
  15. ^ a b Staff (2015年3月4日). “PIA19303: A Possible Landing Site for the 2020 Mission: Jezero Crater”. NASA. 2015年3月7日閲覧。
  16. ^ Goudge, Timothy A.; Mustard, John F.; Head, James W.; Fassett, Caleb I.; Wiseman, Sandra M. (6 March 2015). “Assessing the Mineralogy of the Watershed and Fan Deposits of the Jezero Crater Paleolake System, Mars”. Journal of Geophysical Research 120 (4): 775. Bibcode2015JGRE..120..775G. doi:10.1002/2014JE004782. 
  17. ^ RBurnham (2019年6月8日). “火星の湖の氾濫と侵食 (仮題)”. Red Planet Report. 2018年11月20日閲覧。
  18. ^ Staff (2019年6月8日). “火星のクレーターの湖の氾濫と侵食 (仮題)”. テキサス大学. https://news.utexas.edu/2018/11/16/overflowing-crater-lakes-carved-canyons-across-mars/ 2018年11月20日閲覧。 
  19. ^ http://marsoweb.nas.nasa.gov/landingsites/msl/workshops/2nd_workshop/talks/Fassett_Nili.pdf
  20. ^ Staff (2010年). “イアニ・カオスでの洪水 (仮題) 7行目”. NASA. 2019年6月8日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]