メラス谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メラス谷
Melas Chasma
メラス谷
メラス谷の衛星写真
種類 カズマ地形
場所 マリネリス峡谷中央
座標 南緯10度24分 西経72度42分 / 南緯10.4度 西経72.7度 / -10.4; -72.7座標: 南緯10度24分 西経72度42分 / 南緯10.4度 西経72.7度 / -10.4; -72.7
全長 547.0 km
深度 約 7 km

メラス谷: Melas Chasma)は、火星マリネリス峡谷の中央部に位置するカズマ地形)。マリネリス峡谷の最も幅が広い部分であり[1]、地図上ではコプラテス地域英語版の南緯9.8度東経283.6度、イウス谷英語版の東側にあたる。

地形[編集]

メラス谷の立体モデル

メラス谷の領域には、西側の峡谷上流から流れ込む水によりかつてが存在した結果、堆積物が蓄積されたと考えられており、谷はその地層を切り裂く形で形成されている[2]。または、これを風で飛ばされた堆積物や火山灰だとする別の理論も存在する[1]火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター (MRO) はメラス谷に過去に英語版が存在したことを示す含水硫酸塩を発見している。同探査機はまた、硫酸塩と酸化鉄も発見している。[3] メラス谷はNASAが計画する探査機Mars 2020英語版の8つの着陸候補地の一つとして挙げられており、この探査では宇宙生物学に焦点が当てられている。

メラス谷の底部のおおよそ70%は、風により吹き付けられた火山灰と考えられる大量の若い物質から構成されている。またこれに谷の壁面が風食され生じた土砂も含まれている。特に谷の周縁部では、崩れた壁面に由来する割合が大きい。[4]

メラス谷の領域は、マリネリス峡谷で最も深い部分でもあり、その深さは周囲の地表から11kmにも達する。メラス谷から大洪水地形英語版にかけては約0.03度の上り斜面となって北の平野部に続いており、これはもしメラス谷を水で満たしたとすると、ここには川ができる前に深さ1kmの湖ができることを意味している。[5]

高解像度画像を使った最新のメラス谷南西部の研究から、地理的なスペクトルデータ集合の11の扇形の地形が発見されている。これらの地形もメラス谷がかつて水量の変動があった湖であったことの証拠となる。[6][7]

メラス谷の底部は標高が低いことから火星の他の地点と比べて気圧が高く、火星有人基地の有力な候補となる可能性がある。赤道に近く太陽エネルギーが大きいことと、水の確保が容易な可能性があることもこれを推進する。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b HiRISE | Eroding Layers in Melas Chasma (PSP_004054_1675)
  2. ^ HiRISE | MSL Landing Site in Melas Chasma (PSP_002828_1700)
  3. ^ Murchie, S. et al. 2009. A synthesis of Martian aqueous mineralogy after 1 Mars year of observations from the Mars Reconnaissance Orbiter. Journal of Geophysical Research: 114.
  4. ^ Witbeck, Tanaka and Scott, Geologic Map of the Valles Marineris Region, Mars; USGS I-2010; 1991.
  5. ^ Cattermole, Peter John (2001). Mars: the mystery unfolds. Oxford University Press. p. 105. ISBN 0-19-521726-8. 
  6. ^ Williams, R. and C. Weitz. Reconstructing the aqueous history within the southwestern Melas basin, Mars: Clues from stratigraphic and morphometric analyses of fans. Icarus:242, 19-37.
  7. ^ Davis, J., P. Grindrod, R. Williams, S. Gupta, M. Balme. 2015. STRATIGRAPHIC EVIDENCE OF EPISODIC FLUVIAL ACTIVITY IN THE SOUTH MELAS CHASMA BASIN, VALLES MARINERIS, MARS. 46th Lunar and Planetary Science Conference. 1932.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]