タルシス三山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タルシス三山
Tharsis Montes
地形性の雲が火山の山頂付近に見られるタルシス地域
タルシス三山。北から順にアスクレウス山パヴォニス山アルシア山
種類 山脈
天体 火星 火星
場所 タルシス
座標 北緯1度34分 西経112度35分 / 北緯1.57度 西経112.58度 / 1.57; -112.58座標: 北緯1度34分 西経112度35分 / 北緯1.57度 西経112.58度 / 1.57; -112.58
標高 アスクレウス山 (18.2 km)
発見者 マリナー9号
名の由来 聖書タルシシュ

タルシス三山: Tharsis Montes)は、火星タルシス地域にある3つの巨大な楯状火山。三山とは北から南に順に、アスクレウス山パヴォニス山アルシア山である。

地形[編集]

タルシス三山周辺地域の標高図。特徴的な三山の他、左上にはオリンポス山が、右下にはマリネリス峡谷の西側が記されている。

タルシス三山はいずれも巨大な火山であり、直径もパヴォニス山の375 km (233 mi) からアルシア山の475 km (295 mi) まで極めて大きい[1]。アスクレウス山は三山の中で最も高い山で、標高は18 km (59,000 ft) 以上に達し[2]、麓からの高さでも15 km (49,000 ft) 以上となる。地球で最大の火山はハワイ島マウナ・ロア山であるが、直径は120 km (75 mi) 程であり、麓(海底)からの高さも9 km (30,000 ft) に留まる[3]

タルシス三山は火星の赤道近くの火山平原であるタルシス地域に位置している。タルシス地域は数千kmの幅があり、標高も惑星の平均標高より10 km (33,000 ft) 近く高い。タルシス地域の端の、タルシス三山から北西1,200 km (750 mi) の位置にあるオリンポス山は、太陽系で最も高い山である。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "タルシス三山". Gazetteer of Planetary Nomenclature. USGS Astrogeology Research Program.
  2. ^ Plescia, J.B. (2004). Morphometric Properties of Martian Volcanoes. J. Geophys. Res. 109(E03003), Table 1.
  3. ^ Carr, M.H. (2006). The Surface of Mars; Cambridge University Press: Cambridge, UK, p. 46.

関連項目[編集]