マリネリス峡谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリネリス峡谷
Valles Marineris
マリネリス峡谷を表面に向けた火星の全球
火星の表面を横切るマリネリス峡谷
種類 峡谷
天体 火星 火星
所在地 赤道付近
座標 南緯13度54分 西経59度12分 / 南緯13.9度 西経59.2度 / -13.9; -59.2座標: 南緯13度54分 西経59度12分 / 南緯13.9度 西経59.2度 / -13.9; -59.2
長さ 約 4,000 km
約 200 km(最大)
深さ 約 7 km
由来 マリナー9号

マリネリス峡谷: Valles Marineris)とは、火星赤道に沿って伸びる巨大な峡谷マリナー峡谷 (Mariner Valleys) とも呼ばれる。1971年火星探査機マリナー9号により発見されたため、この名が付けられた[1]。なお、峡谷ではなく渓谷と呼ばれる場合もある。

地形[編集]

マリネリス峡谷と東側の大洪水地形英語版を含む周辺地域の地形図

長さは4000km、深さは7kmに達し、幅は最大200kmであり[2][3]太陽系でも最大規模の峡谷である。地球上の代表的な峡谷の一つであるグランド・キャニオンが長さ446km、平均深度およそ1200m、幅6km - 29kmであるのと比べると、遥かに大規模である。マリネリス峡谷はタルシス地域の東側にあり、火星の赤道に沿って東西に伸び、その距離は惑星の表面の4分の1近くに達する。

マリネリス峡谷は西側のノクティス迷路と呼ばれる入り組んだ地形に端を発する。峡谷内の領域にはそれぞれ名前が付けられており、西から東に向けてイウス谷英語版メラス谷コプラテス谷英語版エオス谷英語版といった領域が存在している。東側は最終的にカオス地形英語版を含む大洪水地形英語版の地域へと消えており、それらは最終的にクリュセ平原英語版へと続いている。

マリネリス峡谷は火星表面に出来た大きな地殻変動(テクトニクス)により形成された割れ目だと推定されている[4][5]。峡谷の形成は西側のタルシス地域で主に発生し、その後の広範囲な侵食で地形が広がったとされる[要出典]。しかしながら、東側の縁ではまたは二酸化炭素によるとみられる流路の形跡が確認されている。

バイキング探査機が撮影したマリネリス峡谷。左側の筋状の地形がノクティス迷路、中央の膨らんだ部分がメラス谷、右下がエオス谷英語版である。

峡谷内の領域[編集]

マリネリス峡谷は以下のような複数の領域から構成される。西側から東側にかけて記す。

2001マーズ・オデッセイ赤外線で撮影したマリネリス峡谷。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Valles Marineris”. Gazetteer of Planetary Nomenclature. USGS Astrogeology Science Center. 2015年2月28日閲覧。
  2. ^ Vallis.Marineris
  3. ^ WTP: Mars: Valles Marineris
  4. ^ Wolpert, Stuart (2012年8月9日). “UCLA scientist discovers plate tectonics on Mars”. UCLA. 2012年8月13日閲覧。
  5. ^ Lin, An (2012-06-04). “Structural analysis of the Valles Marineris fault zone: Possible evidence for large-scale strike-slip faulting on Mars”. Lithosphere 4 (4): 286–330. doi:10.1130/L192.1. http://lithosphere.gsapubs.org/content/4/4/286.abstract 2012年10月2日閲覧。. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]