ホーマン遷移軌道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月遷移軌道から転送)
移動: 案内検索
ホーマン遷移軌道(2)。軌道(1)から(3)、または逆に移動する。

ホーマン遷移軌道(ホーマンせんいきどう、: Hohmann transfer orbit) またはホーマン軌道(ホーマンきどう、: Hohmann orbit)は、同一軌道面にある2つの円軌道の間で軌道を変更するための遷移軌道である。内側の軌道上に近日点が、外側の軌道上に遠日点がある楕円軌道である。

ホーマン遷移軌道は、ドイツヴァルター・ホーマン1925年に発表した。

ホーマン遷移軌道では、2つの円軌道の間を最も少ないエネルギーで移動することができる。また、近日点と遠日点の2回だけしか速度変化を必要としない。

静止トランスファ軌道は、低軌道から静止軌道へのホーマン遷移軌道である。静止衛星のほとんど全ては静止トランスファ軌道を通る。ただし厳密には、通常のホーマン遷移軌道と異なり、軌道面の変更をともなう。

月以遠の惑星探査では、月や惑星の重力を利用してスイングバイをすればもっと少ないエネルギーで軌道を変更できることが多いため、単純なホーマン遷移軌道が単独で使われることは少ない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]