長征11号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長征11号
基本データ
運用国 中華人民共和国の旗 中国
開発者 CALT
使用期間 2015年 -
射場 酒泉
打ち上げ数 1(成功1)
姉妹型 長征
物理的特徴
段数 4段
全長 20.8m
直径 2.0m
軌道投入能力
低軌道 700 kg
太陽同期軌道 350 kg
700km
テンプレートを表示

長征11号 (中国語: 长征十一号运载火箭)は中華人民共和国固体燃料打ち上げ機。英語ではLong March 11Chang Zheng 11と表記されLM-11CZ-11と略される。

開拓者快舟、飛天などと類似する比較的小型の固体燃料を主としたロケットである。国外の同規模のロケットにはミノタウロスIペガサススタールト1等があげられる。

4段式であり、固体ロケット3段に加え、衛星の軌道を制御するための液体燃料の4段目が取り付けられている[1]長征系列では初の固体燃料ロケットであり、液体燃料ロケットに比べ迅速な対応ができるとしている。

中国航天科技集団公司が開発した。2015年9月25日に初打ち上げを行い[2]成功した。

打ち上げ一覧[ソースを編集]

飛行番号 打ち上げ日 (UTC) 打ち上げ場所 搭載貨物 軌道 結果
1 2015年9月25日
1時41分
JSLC 浦江1号
Tianwang 1A
Tianwang 1B
Tianwang 1C
SSO 成功[2]

注釈[ソースを編集]