タイタンIIIA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイタンIIIA
タイタンIIIAの初打上げ
タイタンIIIAの初打上げ
機能 使い捨て型ロケット試作機
製造 マーチン・マリエッタ
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
大きさ
全高 42メートル (138 ft)
直径 3.05メートル (10.0 ft)
質量 161,730キログラム (356,600 lb)
段数 3
積載量
LEOへの
ペイロード
3,100キログラム (6,800 lb)
関連するロケット
シリーズ タイタン
打ち上げ実績
状態 退役
射場 ケープカナベラル空軍基地LC-20発射台
総打ち上げ回数 4回
成功 3回
失敗 1回
初打ち上げ 1964年9月1日
最終打ち上げ 1965年5月6日
1 段
エンジン LR87-11ロケット 2基
推力 2340kN
比推力 302 秒
燃焼時間 147 秒
燃料 A-50/N2O4
2 段
エンジン 1 LR91-11ロケット 1基
推力 454kN
比推力 316 秒
燃焼時間 205 秒
燃料 A-50/N2O4
3 段 - トランステージ
エンジン AJ10-138ロケット 2基
推力 71kN
比推力 311 秒
燃焼時間 440 秒
燃料 A-50/N2O4

タイタンIIIA(Titan IIIA)はアメリカ合衆国が開発していた使い捨て型ロケットの試作機。1964年9月から1965年5月にかけて4回の打上げが行われている[1] 。タイタンIIに第三段としてトランステージが加えられている。

初打上げは1964年9月1日。これはトランステージの不調により軌道投入には失敗している[2] 。同年12月10日に行われた2回目の打ち上げは成功し、1965年に行われた2回の打上げも成功した。

タイタンIIIAは、補助固体ロケットブースタ(SRB)を装備したタイタンIIICに発展している。

打上げ[編集]

日時 (GMT) 番号 搭載物 結果 備考
1964年9月1日
15:00:06[3]
3A-2[1] 失敗 トランステージの試験目的
トランステージ不調により失敗
1964年12月10日
16:52:33[3]
3A-1[1] 成功 トランステージの試験目的
1965年2月11日
15:19:05[3]
3A-3[1] リンカーン試験衛星(LES-1) 成功
1965年5月6日
15:00:03[3]
3A-4[1] リンカーン試験衛星(LES-2)/リンカーン測定体(LCS-1) 成功

参照[編集]

  1. ^ a b c d e Krebs, Gunter. “Titan-3A”. Gunter's Space Page. 2009年1月25日閲覧。
  2. ^ Wade, Mark. “Titan”. Encyclopedia Astronautica. 2009年1月25日閲覧。
  3. ^ a b c d McDowell, Jonathan. “Titan”. Launch Vehicles Database. Jonathan's Space Page. 2009年1月25日閲覧。