長征3号B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長征3号B
西昌衛星発射センターからの長征3号Bの打ち上げ
西昌衛星発射センターからの長征3号Bの打ち上げ
機能 打上げ機
製造 CALT
開発国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
大きさ
全高 3B: 54.838 m[1]
3B/E: 56.326 m[2]
直径 3.35 m[1]
質量 3B: 425,800 kg[1]
3B/E: 458,970 kg[2]
段数 3段
積載量
LEOへの
ペイロード
12,000 kg[3][4]
SSOへの
ペイロード
5,700 kg[3][4]
GTOへの
ペイロード
3B: 5,100 kg[3][4]
3B/E: 5,500 kg[2][3]
GEOへの
ペイロード
2,000 kg[4]
HCOへの
ペイロード
3,300 kg[3][4]
関連するロケット
シリーズ 長征ロケット
派生型 長征3号C
打ち上げ実績
状態 現役
射場 西昌衛星発射センター LA-2 & LA-3
総打ち上げ回数 3B: 12
3B/E: 17
Total: 29
成功 3B: 10
3B/E: 17
Total: 27
失敗 3B: 1
部分的成功 3B: 1
初打ち上げ 3B: 1996年2月14日
3B/E: 2007年5月13日
ブースター (3B)
No ブースター 4
全長 15.33 m
直径 2.25 m
推進剤重量 37,700 kg
エンジン YF-25 1機
推力 740.4 kN
比推力 2,556.2 m/s
燃焼時間 127 s
燃料 N2O4/UDMH
ブースター (3B/E)
No ブースター 4
全長 16.1 m
直径 2.25 m
推進剤重量 41,100 kg
エンジン YF-25 1機
推力 740.4 kN
比推力 2,556.2 m/s
燃焼時間 140 s
燃料 N2O4/UDMH
1 段目 (3B)
全長 23.27 m
直径 3.35 m
推進剤重量 171,800 kg
エンジン YF-21C 4機
推力 2,961.6 kN
比推力 2,556.5 m/s
燃焼時間 145 s
燃料 N2O4/UDMH
1 段目 (3B/E)
全長 24.76 m
直径 3.35 m
推進剤重量 186,200 kg
エンジン YF-21C 4機
推力 2,961.6 kN
比推力 2,556.5 m/s
燃焼時間 158 s
燃料 N2O4/UDMH
2 段目
全長 12.92 m
直径 3.35 m
推進剤重量 49,400 kg
エンジン YF-24E 1機 (YF-22E (Main)
4 x YF-23C (Vernier))
推力 742 kN (Main)
47.1 kN (Vernier)
比推力 2,922.57 m/s (Main)
2,910.5 m/s (Vernier)
燃焼時間 185 s
燃料 N2O4/UDMH
3 段目
全長 12.38 m
直径 3.0 m
推進剤重量 18,200 kg
エンジン YF-75 1機
推力 167.17 kN
比推力 4,295 m/s
燃焼時間 478 s
燃料 LH2/LOX

長征3号B(中国語: 长征三号乙火箭)は中華人民共和国の衛星打ち上げロケット。中国語での正式名称は長征3号乙である。英語では Long March 3BChang Zheng 3B と表記しLM-3BCZ-3B等と略される[5][1]

1996年に導入され、四川省西昌衛星発射センターの第2射場から打ち上げられた。4段目に外部取付け式補助エンジンを持つ3段ロケットであり、長征系列で最も能力の高い長征3号系統でも最重のロケットであり、対地同期軌道通信衛星の打ち上げなどに利用されている。

増強型の長征3号B/Eは2007年に導入され、ロケットの静止トランスファ軌道への輸送能力と重量級の対地同期軌道通信衛星打ち上げ能力が向上している。また、中規模能力の長征3号Cの開発元ともなっており、長征3号Cは2008年に初飛行を行った。2015年9月時点で長征3号B系統は29回打ち上げが行われており、27回成功、部分的失敗を含め2回の失敗となっている。

歴史[編集]

長征3号Bの図、液体ロケットブースターが4機取り付けられている

国際対地同期軌道衛星市場の需要に合わせた長征3号Bの開発は1986年に始まった。

1996年2月14日のインテルサット708を搭載した初飛行の際、ロケットは飛行の2秒後に誘導の失敗に直面し、近くの町に墜落し、最少で6人の住民が死亡した[6]とされ、外部の見積もりでは全域で200人から500人が死亡したのではないかとされる[7]。しかし、それ以降の著者[7]は、墜落現場は発射前に立ち退きがなされたことを示唆する証拠を理由に大規模な死傷者を除外している[8]

長征3号Bと3号B/Eはその後1997年から2008年までに10回打ち上げ成功している[2]

1997年のフィリピンのアギラ2号英語版衛星は長征3号Bロケットの一部が正確な軌道への投入精度が悪かったために到達のために衛星搭載燃料の利用を余儀なくされた[9]。2009年には長征3号Bは3段目の異常によって打ち上げの部分的失敗に陥り、インドネシアのパラパ-Dの予定軌道への投入に失敗した[10]。しかしながら衛星は自己搭載燃料によるマニューバで計画軌道に移動している。長征3号B系統のロケットはいずれも現役であり、2015年10月現在までに27機が打ち上げられ、25回成功している。

2013年12月、長征3号B/Eは中国初の月面着陸機と月面車玉兎号を搭載した嫦娥3号を打ち上げ、月遷移軌道への投入に成功した。

設計と改良[編集]

長征3号Bは長征3号Aを基にしており、4機の液体ロケットブースターが第1段に取り付けられている。低軌道(LEO)へ12000kg、静止トランスファ軌道(GTO)に5100kgの輸送能力を持つ

長征3号B/E[編集]

長征3号B/Eは長征3号Bの増強型であり、拡大型の第1段とブースターが搭載され、GTOへの輸送能力が5500kgに拡大している[5]。初飛行は2007年5月13日に行われ、アフリカ初の対地同期軌道通信衛星となるナイジェリアのNigComSat-1の打ち上げに成功した。 2013年には中国発の月面着陸機と月面車玉兎号を搭載した嫦娥3号の打ち上げにも使われている。

長征3号C[編集]

長征3号Bの近代化版である長征3号Cは長征3号Aと長征3号Bの輸送能力の隙間を埋めるために1990年代半ばから開発が始まった。これは設計は長征3号Bとほぼ同じであるものの、ブースターが2機に減らされており、このため打ち上げ能力はGTOで3800kgに減っている。2008年4月25日に処女飛行が行われた。

打ち上げ一覧[編集]

機体番号 打ち上げ日時 (UTC) 射場 型式 積荷 軌道 成否
1 1996年2月14日
19:01
西昌衛星発射センター LA-2 3B Intelsat 708 GTO 失敗
2 1997年8月19日
17:50
西昌衛星発射センター LA-2 3B アギラ2号英語版 GTO 成功
3 1997年10月16日
19:13
西昌衛星発射センター LA-2 3B APStar 2R GTO 成功
4 1998年5月30日
10:00
西昌衛星発射センター LA-2 3B Chinastar 1 GTO 成功
5 1998年7月18日
09:20
西昌衛星発射センター LA-2 3B SinoSat 1 GTO 成功
6 2005年4月12日
12:00
西昌衛星発射センター LA-2 3B APStar 6 GTO 成功
7 2006年10月28日
16:20
西昌衛星発射センター LA-2 3B SinoSat 2 GTO 成功
8 2007年5月13日
16:01
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E NigComSat-1 GTO 成功
9 2007年7月5日
12:08
西昌衛星発射センター LA-2 3B ChinaSat 6B GTO 成功
10 2008年6月9日
12:15
西昌衛星発射センター LA-2 3B 中星9号 GTO 成功
11 2008年10月29日
16:53
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E ヴェネサット-1 GTO 成功
12 2009年8月31日
09:28
西昌衛星発射センター LA-2 3B パラパ-D GTO 部分的失敗
13 2010年9月4日
16:14
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星6A中国語版 GTO 成功
14 2011年6月20日
16:13
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星10号 GTO 成功
15 2011年8月11日
16:15
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E Paksat-1R GTO 成功
16 2011年9月18日
16:33
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星1A号(烽火2A) GTO 成功
17 2011年10月7日
08:21
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E Eutelsat W3C GTO 成功
18 2011年12月19日
16:41
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E NigComSat-1R GTO 成功
19 2012年3月31日
10:27
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 亜太7号英語版(APStar 7) GTO 成功
20 2012年4月29日
20:50
西昌衛星発射センター LA-2 3B Compass-M3
Compass-M4
MTO 成功
21 2012年5月26日
15:56
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星2A号(神通2) GTO 成功
22 2012年9月18日
19:10
西昌衛星発射センター LA-2 3B Compass-M5
Compass-M6
MTO 成功
23 2012年11月27日
10:13
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星12号 GTO 成功
24 2013年5月1日
16:06
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 中星11号 GTO 成功
25 2013年12月1日
17:30
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E 嫦娥3号 LTO 成功
26 2013年12月20日
16:42
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E Túpac Katari 1 GTO 成功
27 2015年7月25日
12:29
西昌衛星発射センター LA-2 3B/YZ-1英語版 BDS M1-S
BDS M2-S
MEO 成功
28 2015年9月12日
15:42
西昌衛星発射センター LA-2 3B/E TJSSW-1 GTO 成功
29 2015年9月29日
23:13
西昌衛星発射センター LA-3 3B/E BDS I2-S GTO 成功

打ち上げ失敗[編集]

インテルサット708の打ち上げ失敗[編集]

1996年2月14日、インテルサット708を打ち上げる予定であった長征3号Bの初打ち上げは打ち上げ直後にロケットが進路を変え、打ち上げ23秒後に地面に直撃して爆発して失敗した。最少で6人の人々が亡くなったとされる。事故原因は打ち上げ時のロケットの誘導基幹ソフトウェアの短絡とされる。

パラパ-D打ち上げ失敗[編集]

2009年8月31日、パラパ-Dの打ち上げ時、3段目エンジンが想定運用を下回り、衛星が予定軌道よりも低い位置に投入された。衛星は自らのエンジンを利用して悪状況を改善し、対地同期軌道に到達したが、寿命は10.5年に短縮された。調査によってエンジンの液体水素発生器が氷によって閉塞されたことでエンジンのガス発生器が解け落ちたことがわかった[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mark Wade. “CZ-3B”. Encyclopedia Astronautica. 2008年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d LM-3B”. China Great Wall Industry Corporation. 2012年5月23日閲覧。
  3. ^ a b c d e LM-3A Series Launch Vehicle User's Manual - Issue 2011”. China Great Wall Industries Corporation. 2015年8月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e Gunter Krebs. “CZ-3B (Chang Zheng-3B)”. Gunter's Space Page. 2008年4月26日閲覧。
  5. ^ a b LM-3B”. China Great Wall Industry Corporation. 2009年8月31日閲覧。
  6. ^ Select Committee of the United States House of Representatives (1999年1月3日). “Satellite Launches in the PRC: Loral”. U.S. National Security and Military/Commercial Concerns with the People's Republic of China. 2012年5月23日閲覧。
  7. ^ a b Lan, Chen. “Mist around the CZ-3B disaster”. The Space Review. 2014年1月18日閲覧。
  8. ^ Lan, Chen. “Mist around the CZ-3B disaster (part 2)”. The Space Review. 2014年10月29日閲覧。
  9. ^ International reference guide to space launch systems. Fourth edition. p. 243. ISBN 1-56347-591-X.
  10. ^ "帕拉帕-D"通信卫星未能进入预定轨道”. Xinhua (2009年8月31日). 2009年8月31日閲覧。
  11. ^ Burn-through Blamed in China Long March Mishap”. SpaceNews (2009年11月19日). 2015年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]