ヴェネサット-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴェネサット-1
所属 科学技術省 (ベネズエラ)
主製造業者 CASC
衛星バス DFH-4
任務 通信衛星
打上げ日時 2008年10月29日16時53分(GMT
輸送ロケット 長征3号B
打上げ場所 LA-3, 西昌
任務期間 15 年
COSPAR ID 2008-055A
軌道要素
軌道 対地同期軌道
応答装置
応答装置 12 G-band
14 J-band

ヴェネサット-1(Venesat-1)はベネズエラ初の人工衛星シモン・ボリーバル(Simón Bolívar)としても知られる。2008年10月29日16時53分(GMT)に西昌衛星発射センターのLA-2から長征3号Bロケットによって打ち上げられた[1]

ヴェネサット-1はベネズエラの科学技術省によって運用され[2]、重量は5100kg、想定耐用年数は15年。設計および製造、打上げ、制御、監視はすべて中国航天工業公司の子会社である中国長城工業株式会社(CGWIC)が行った[2]東方紅4号衛星バスを基にしている[2]

2009年10月の段階で1580の衛星アンテナがベネズエラ国内に敷設されており、主に通信や遠隔医療、通信教育などのサービスを提供している[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Barbosa, Rui C. (2008年10月29日). “China launch VENESAT-1 - debut bird for Venezuela”. NASASpaceflight.com. 2008年10月29日閲覧。
  2. ^ a b c Krebs, Gunter. “VENESAT 1 (Simon Bolivar 1)”. Gunter's Space Page. 2008年10月28日閲覧。
  3. ^ “中国が打上げたラテンアメリカ初の衛星、正常に運行”. CRI online. http://japanese.cri.cn/881/2009/10/30/1s149477.htm 2010年10月17日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]