EROS (人工衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

EROS(Earth Resources Observation Satellite)はイスラエルの商用地球観測衛星シリーズ。ImageSat Internationalが所有・運用している。イスラエル・エアロスペース・インダストリーズが設計・製造を行い、光学機器はEl-Opが提供。EROS AEROS Bがそれぞれ2000年と2006年に打ち上げられた。

EROS A[編集]

2000年12月5日にスヴォボードヌイ宇宙基地からスタールト1によってEROS-A1が打ち上げられた。軌道は周期94.8分、高度508km、軌道傾斜角97.3度の太陽同期極・円軌道。CCDカメラを搭載し、地表分解能は0.70 m。

日本では広島工業大学財団法人広島地球環境情報センターがEROS Aの直接受信処理、および画像生成を共同研究の一環として行っている。

EROS-A2はキャンセルされた。

EROS B[編集]

2006年4月25日にEROS Aと同様、スヴォボードヌイ宇宙基地からスタールト1によってEROS-B1が打ち上げられた。軌道要素もEROS-A1と同様。CCDカメラ を搭載し、地表分解能は0.70 m。

EROS-B2、B3、B4はすべてキャンセルされた。

EROS C[編集]

EROS Cの打上げを2008年に予定していたが、2010年9月現在も打ち上げられていない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]