ブラモス (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PJ-10 ブラモス
Brahmos imds.jpg
サンクトペテルブルクで開催された国際海洋防衛ショー、IMDS-2007で展示されたブラモスと発射装置
種類 巡航ミサイル
原開発国 インドの旗 インド/ロシアの旗 ロシア
運用史
配備期間 2006年11月
配備先 インド陸軍
インド海軍
インド空軍(予定)
開発史
製造業者 機械製造科学生産連合(ロシア)と防衛研究開発機構(バラモスコープ、インド)による合弁事業
値段 273万ドル
諸元
重量 3,000kg
2,500kg(空中発射型)
全長 8.4m
直径 0.6m

弾頭 300kg(従来の半徹甲弾

エンジン 2段式統合型ロケット/ラムジェット
発射
プラットフォーム
艦船潜水艦航空機地上移動式発射台
テンプレートを表示

ブラモスБраМос BrahMos)は、ロシアインドによって共同開発されている超音速巡航ミサイルである。

概要[編集]

PJ-10 ブラモスは、ロシア対艦ミサイルP-800 ヤーホント」(NATOコードネーム:SS-N-26)をベースに開発が始められた。マッハ2-3で飛翔し、命中精度も高いという。陸海空・潜水艦のいずれからも発射できる。ブラモスは、固体燃料ブースターと液体(推進剤)ラムジェットエンジンで構成。コンピュータと誘導システムはインドによって設計され、ロシアは推進システムを提供した。射程は300km、弾頭重量は450kgであるという。

ブラモスは、海軍艦艇からの運用も検討されているほか、Su-30MKI フランカーHのような航空機からも発射可能とされている。2003年2月12日よりラージプート級駆逐艦ラージプート」で発射試験が実施されたほか、2019年にはインド空軍Su-30MKIからの発射に成功したと発表された[2]

テスト[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ BrahMos test-fired off west coast”. Hinduonnet.com (2005年4月16日). 2010年8月31日閲覧。
  2. ^ a b 井上隆司「航空最新ニュース・海外装備宇宙 インド空軍のSu-30MKI ブラモスを発射」『航空ファン』通巻807号(2020年3月号)文林堂 P.117
  3. ^ “インド、巡航ミサイル実験に成功 クリケットの印パ戦中止”. 日経新聞. (2008年12月18日). オリジナルの2008年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081220162958/http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081218AT2M1804H18122008.html 2009年1月29日閲覧。 
  4. ^ “パキスタン隣接州で超音速ミサイル実験 インド”. 産経新聞. (2009年1月20日). オリジナルの2009年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090124180507/http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090120/asi0901202352004-n1.htm 2009年1月29日閲覧。 
  5. ^ 巡航ミサイル実験、インドが成功

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

動画