YJ-91 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

YJ91(わいじぇいきゅうじゅういち、中国語:鷹擊-91)は、中華人民共和国中国人民解放軍がロシアのKh-31ミサイルを元に開発した超音速空対艦ミサイル/対レーダーミサイルである。

台湾作戦時などに、万一、北京・上海が、米空母艦隊/米空軍基地などからの空襲を受けた場合、米空母艦隊/米空軍基地のイージスシステム/パトリオットミサイルを制圧して空襲停止・撃退をはかるため、中国人民解放軍ライセンス国産化し量産備蓄につとめている。

Kh-31P対レーダーミサイルは別名「神盾殺手(イージス艦キラー)」とも呼ばれる。 ちなみに巨大対艦ミサイルKh-41モスキートの別名は「航母殺手(空母キラー)」とのこと。

概要[編集]

射程50kmのARH対艦ミサイル型のKh-31Aと射程110kmの対レーダーミサイル型のKh-31Pがある。Kh-31Pは西側のAGM-88 HARMに類する対レーダーミサイルであるが、ラムジェットエンジンで推進するためHARMより射程が長いと解釈しているサイトがある。

インテグラルロケットラムジェットに類別されるラムジェットエンジンの超音速ミサイルで、安定フィンが後部に、X字状に4枚ついており、方形の空気取り入れ口が左右四ヶ所についている。

このラムジェットエンジンは作動条件の幅が広く、高高度ではマッハ4.5、海面上ではマッハ2.7の飛行が可能であるとされる。 尚、射程距離のデータはフライトプロファイルによって変動する。

同一エアフレーム、同一プロパルジョントレインを持つKh-31AとKh-31Pの射程距離が極端に違うことは、両者のフライトプロファイルが大幅に異なることを意味すると言ってよい。

外部リンク[編集]