9K720

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Russia.svg 9K720「イスカンデル」
9К720 "Искандер"
2008 Moscow Victory Day Parade - Iskander-M.jpg
「イスカンデルM」ミサイルを搭載した輸送・発射台建設車両、MZKT-7930
種類 短距離弾道ミサイル(イスカンデルE/M)
巡航ミサイル(イスカンデルK)
運用史
配備期間 2006年から[1]
配備先 Banner of the Armed Forces of the Russian Federation (obverse).svg ロシア連邦軍
開発史
製造業者 Flag of Russia.svg 機械製作設計局(KBM)
諸元
重量 3,800 kg[2]
全長 7,200 mm
弾体直径 950 mm

エンジン 単段固体燃料推進式
行動距離 イスカンデルM:400 km(推定)
イスカンデルE:280 km
イスカンデルK:500 km
誘導方式 慣性誘導(イスカンデルE)
慣性誘導 + E/O(イスカンデルM)
精度 5 - 7 m(イスカンデルM)

9K720「イスカンデル」ロシア語:9К720 "Искандер"ヂェーヴャチ・カー・スィムソード・ドヴァーッツァチ・イスカンヂェール)はロシア製の短距離・固体燃料推進・移動式・戦域弾道ミサイル複合(TBM、Оперативно-тактический ракетный комплексОТРК)である。北大西洋条約機構(NATO)の用いたNATOコードネームでは、“SS-26 Stone(「石」の意)”と呼ばれた。「イスカンデル」とは古代マケドニアの英雄アレクサンドロス大王の異称である。

概要[編集]

「イスカンデル」は戦域レベルの紛争用に設計された戦術ミサイルシステムである。[3]ポイントやエリアの標的(移動していても静止していても)に合わせて通常弾頭を使い分けることになっている。例えば敵火力兵器、防空・対ミサイル防衛兵器、司令所や通信ノード、密集地帯の軍隊など特に。 そのためこのシステムは敵軍の戦争遂行能力を弱体化させるために、活動中の軍部隊・標的の両方を破壊することができる。このシステムは敵の活動妨害環境の中でも高い確率で任務達成することができ、ミサイルの発射準備中や飛行中でもほとんど故障せず、発射装置がミサイル飛行任務の計算と入力を自動でする。あらゆる種類の輸送手段や耐用年数の長期化、操作の容易さによってシステム搭載車両が移動可能になり、それによって高い戦術レベルの操作能や戦略的機動性がもたらされた。

「イスカンデル」はクラスター爆弾弾頭、燃料気化爆弾弾頭、威力増大型弾頭、バンカーバスター用の地中貫通弾頭、対レーダー作戦用の電磁パルス弾頭など、いくつかの異なるタイプの通常弾頭がある。[4][1]

開発と配備の経緯[編集]

ソ連では、1960年代に大量配備した戦域弾道ミサイル複合9K72「エリブルース」の代替として1980年代初頭より9K714「オカー」を配備していたが、これが1987年INF条約により制限対象となったため、条約に抵触しない別の代替ミサイルが必要となった。1989年にはより射程の短い9K79-1「トーチカU」が実用化されたが、9K714を代替するためには長射程の非核型ミサイルが必要であった。

新しい戦域弾道ミサイル複合は9K720と名付けられ、9K79や9K714の開発で知られるコロムナの機械製作設計局(KBM)によって開発が主導された。ミサイル発射装置はヴォルゴグラード中央設計局「チターン」、自動誘導装置はモスクワ自動化技術・水理学中央科学研究所が受け持った。開発条件としては、特に核弾頭を搭載できないようにすること、その分命中精度を高めること、自動誘導装置を改良することなどが挙げられた。

ミサイルの開発はソ連崩壊を経ても継続され、1996年には「イスカンデル」ミサイル[5]の最初の発射がロシアのテレビで放送された。 西側では1999年にこのシステムがロシア軍で運用段階に入ったと見ていたが、のちに時期尚早だったことがわかった。[1]

2004年9月国防省高官らの会合で当時のプーチン大統領に2005年度の防衛予算の草案を報告、セルゲイ・イワノフ国防相は新しい戦術ミサイルシステム「イスカンデル」の状態テストの完了について発言。2005年にこのシステムの大量生産に入り、年度末ごろにはこの兵器を備えた部隊ができているだろうと話した。[1]

2005年3月ロシア防衛産業の情報筋はインテルファクスAVNに既存の「イスカンデルE」戦術ミサイルシステムに基づいた500 - 600kmの範囲への新しいミサイルの開発が可能であると話した。しかしながら、彼はそれには「最大で5、6年かかるかもしれない」と話した。[1]

2006年には「イスカンデルM」戦域弾道ミサイル複合の量産が開始された。「イスカンデルM」は「イスカンデル」のロシア連邦軍向けの派生型で、最大500 kmの射程と480 kgの弾頭を持っている。[1]

2007年には新しいミサイルシステム(発射装置も)であるR-500「イスカンデルK」[6]巡航ミサイルが試験発射された。[7]

2008年11月、ロシアのメドヴェージェフ大統領は大統領就任後初となる年次教書演説で、NATOミサイル防衛システムを中和するために、もし必要なら、ロシアはNATO加盟国であるリトアニアポーランドの間にある最西端の飛地カリーニングラード州に「イスカンデル」複合を配備するだろうと述べた。[8]

構成[編集]

「イスカンデル」の使用するミサイルは、前任の9K714の使用する9M714ミサイルよりも優れている。「イスカンデルM」システムは2つの固体推進燃料単段式誘導ミサイル、モデル9M723K1を備えている。各々は全飛行経路中ずっと制御されていて、分離しないタイプの弾頭を備えている。発射台輸送車両に備えられた各々のミサイルは独自に、ものの数秒の間に標的を狙うことができる。「イスカンデル」発射砲座の機動性はミサイル発射を防ぐのを困難にする。[4]

ミサイル運搬車輛には、ベラルーシの国営企業ミンスク自動車工場製のMAZ-7930と、ロシア・ブリャンスク自動車工場製のBZ-6909が使用できる。これらの車輛は、従来の9K79や9K714が各車輛ごとに1 発のミサイルしか搭載できなかったのに対し、2 発のミサイルを搭載できるようになっている。

「イスカンデル」は精度、射程距離、信頼性(防衛を回避する能力)を獲得し、それは優秀な戦闘機や防空に直面し、空軍の爆撃や巡航ミサイルの発射任務があまり期待できないとき精密爆撃の代替手段をなしている。衛星航空機だけではなく、従来の諜報センター、または発射を指示する兵士も標的を見つけることができる。コンピュータースキャンされた航空写真から見つけることもできる。標的の移動に合わせて飛行中のミサイルの狙いを修正することもできる。[4]「イスカンデルM」(Eではない)は光学式誘導弾頭で、AWACSUAVからの暗号化された無線通信によっても制御できる。電子光学誘導システムは自律追尾能を与える。ミサイルに内蔵されたコンピューターは標的の画像を受信し、標的に自動的に照準を合わせ追尾、超音速で標的に向かって降下する。

飛行中、ミサイルは弾道ミサイルより低い軌道を取り、飛行最終段階には回避行動を行い、ミサイル防衛システムをかいくぐるため囮を放出する。このミサイルは決して大気圏を離れることはなく、比較的平らな軌道を取る。

各型[編集]

  • イスカンデルM - ロシア軍向け。射程距離:400km(INF条約違反である500km以上に伸ばせるだけの潜在能力はある)[9][10][9]
  • イスカンデルE - 輸出向けで、ミサイル関連技術輸出規制(MTCR)に合わせて設計された。射程距離:280km以下

使用国[編集]

現在[編集]

2006年にロシア軍に採用された。ロシアは2016年までに少なくとも5部隊の「イスカンデルM」ミサイル複合部隊を備える計画をしている。[1]

将来[編集]

初期のレポートでは、ベラルーシは中央ヨーロッパで提案されたNATOミサイル防衛に対抗するため、ロシア防衛兵器として「イスカンデルE」部隊を購入することを計画していた。[11][12]後にベラルーシはアメリカミサイル防衛計画に対抗するため、国境内へのミサイルシステムの配置についてロシアと協議していることについて否定したが[13]、それにもかかわらずベラルーシのルカシェンコ大統領ベラルーシ共和国軍のために兵器の購入を計画していると発言した。[14]
バッシャール・アル=アサド大統領はロシアの新聞にスカッドミサイルより優れたターゲッティング能力を持っているロシアの「イスカンデル」弾道ミサイルの輸入取引を再開したいと話した。ロシアはシリアへの兵器販売を検討すると発言したが、その要求に同意するまでには至らなかった。[15]

詳細[編集]

仕様書[編集]

  • 製造者: 機械製作設計局(KBM、コロムナ)
  • 射程距離:
    • 最大400km(「イスカンデルM」、非公式)、280km(輸出用)
    • 最小50km[18]
  • 精度:
    • 30 - 70m(追尾機能のない輸出用「イスカンデルE」)
    • 5 - 7m 最終段階での光電子工学追尾システム付き(「イスカンデルM」)[18]
  • 発射にかかる時間: 最も準備した状態からだと4分、行進の状態からだと16分[18]
  • 発射間の休憩: 少なくとも1分以上[18]
  • 動作温度範囲: -50℃ - +50℃
  • 燃焼完了速度: 2,100 m/s以下
  • 重量:
    • ミサイル: 3,800kg(「イスカンデルE」)
    • 弾頭: 480kg(「イスカンデルE」)
    • 発射台: 40,000kg
  • 全長: 7,200mm
  • 最大直径:
    • ガイドラインによると950mm
    • エンジンによると920mm
  • 弾頭: 通常(クラスター弾頭、HE破片弾頭、貫通弾頭など全10種類)
  • 誘導システム: 慣性、GPS/GLONASS光電子工学追尾
  • シャーシ: 車輪付きでクロスカントリー性能を持つ
  • ミサイル数:
    • 9P78E発射台上: 2発(輸出用)[18]
    • 9T250E輸送・再装填機: 2発
  • 設計寿命: 10年(「イスカンデルE」)[18]
  • 乗務員: 3名(発射台搭載車両)

システム構成[編集]

全ての「イスカンデル」複合を含む[18]

  • ミサイル
  • 輸送・発射台建設車両(8×8 MAZ-79306のシャーシのASTROLOGトラック)
  • 輸送・再装填車両(8×8 MAZ-79306のシャーシのASTROLOGトラック)
  • 指揮官・幕僚車両(KAMAZのシャーシの6輪トラック)
  • 情報準備所車両(KAMAZのシャーシの6輪トラック)
  • 整備・修理車両(KAMAZのシャーシの6輪トラック)
  • 医療支援車両(KAMAZのシャーシの6輪トラック)
  • 訓練所備え付けのセット
  • TEL訓練生のための備品セット
  • CSV訓練生のための備品セット
  • 訓練用ポスター
  • 訓練用ミサイル実物模型

標的[編集]

このシステムはポイントやエリアに合わせて通常弾頭を使い分けることになっている

  • 敵火力兵器(ミサイルシステム、多連装ロケットシステム、長距離砲)
  • 防空・対ミサイル防衛兵器、特に駐留軍
  • 飛行場にある固定翼・回転翼の航空機
  • 司令所や通信ノード
  • 密集地帯の軍隊
  • 重要民間インフラ施設

類似システム[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “9K720 Iskander-M (SS-26 Stone) - Program”. GlobalSecurity. (2008年11月6日). http://www.globalsecurity.org/wmd/world/russia/ss-26-program.htm 2009年2月2日閲覧。 
  2. ^ “Iskander / SS-26 specs”. GlobalSecurity. (2008年11月6日). http://www.globalsecurity.org/wmd/world/russia/ss-26-specs.htm 2009年2月2日閲覧。 
  3. ^ “Missiles of the world - SS-26”. missilethreat.com. (2003年12月11日). http://www.missilethreat.com/missilesoftheworld/id.162/missile_detail.asp 2009年2月2日閲覧。 
  4. ^ a b c “9K720 Iskander-M (SS-26 Stone)”. GlobalSecurity. (2008年11月9日). http://www.globalsecurity.org/wmd/world/russia/ss-26.htm 2009年2月2日閲覧。 
  5. ^ まだ実用化されていなかったので、NATOではSS-X-26と呼んでいた。
  6. ^ 「K」は「有翼の」という意味のロシア語形容詞の略号である。
  7. ^ “Iskander Missile System”. http://www.russiafile.com/Iskander.htm 2009年2月2日閲覧。 
  8. ^ “Russia to deploy short-range missiles near Poland”. Associated Press. (2008年11月5日). http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=6187184 2009年2月2日閲覧。 
  9. ^ a b “Russia to compensate for INF losses with Iskander missile system”. RIA Novosti. (2007年11月14日). http://en.rian.ru/russia/20071114/88066432.html 2009年2月2日閲覧。 
  10. ^ “INF (Intermediate-Range Nuclear Forces) INF Treaty”. U.S. Department of State. http://www.state.gov/www/global/arms/treaties/inf1.html#treaty 2009年2月2日閲覧。 
  11. ^ “Belarus buys missile systems Iskander”. Charter'97. (2007年11月14日). http://www.charter97.org/en/news/2007/11/14/1555/ 2009年2月2日閲覧。 
  12. ^ “Russia to deliver Iskander missile systems to Belarus”. interfax.com. (2007年11月14日). http://www.data.minsk.by/belarusnews/112007/83.html 2009年2月2日閲覧。 
  13. ^ “Belarus Not Planning to Deploy Russian Missiles to Counter U.S.”. Bloomberg. (2008年11月17日). http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=anBbIJAKy_PA 2009年2月2日閲覧。 
  14. ^ “Belarus puts Russian missiles on shopping list”. Russia Today. (2008年11月14日). http://www.russiatoday.com/news/news/33297 2009年2月2日閲覧。 
  15. ^ “Kremlin balks at missiles for Syria”. Financial Times. (2008年8月22日). http://www.ft.com/cms/s/0/df3f0e4a-6fd5-11dd-986f-0000779fd18c.html?nclick_check=1 2009年2月2日閲覧。 
  16. ^ “Russia May Deliver Missiles to India, Syria, Interfax Reports”. Bloomberg. (2008年10月1日). http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601104&sid=aRqaF2.hYmZ0 2009年2月2日閲覧。 
  17. ^ “Iskander-E (SS-26 Stone)”. GlobalSecurity. (2008年11月6日). http://www.globalsecurity.org/wmd/world/russia/ss-26-iskander-e.htm 2009年2月2日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g promotional CD of KBM
  • Russia's Arms Catalog 2004

外部リンク[編集]