コンテンツにスキップ

MGM-140 ATACMS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MGM-140 ATACMS (Army Tactical Missile System)
M270 MLRSから発射されるATACMS
種類 ロケット砲および
戦術弾道ミサイル
原開発国 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1991–現用[1]
配備先
関連戦争・紛争 湾岸戦争, アフガニスタン戦争, イラク戦争, 2022年ロシアのウクライナ侵攻
開発史
開発者 LTV
開発期間 1986
製造業者 ロッキード・マーティン
製造数 3,700[2][3]
諸元 ([5][6])
重量 3,690ポンド (1,670 kg)
全長 13フィート (4.0 m)
直径 24インチ (610 mm)

最大射程 190 mi (300 km)

翼幅 55インチ (1.4 m)
最大高度 160,000 ft (50 km)[4]
速度 3マッハ (0.6 mi/s; 1.0 km/s)以上[4]
誘導方式 GPS補正慣性誘導
発射
プラットフォーム
M270, HIMARS
テンプレートを表示
ATACMSの弾体とコンテナ

MGM-140 ATACMS (Army Tactical Missile System、エイタクムス) は、アメリカ陸軍地対地ミサイルの1つである。米ロッキード・マーティン社により製造されている地対地ミサイル (Surface-to-surface missile、SSM)。アメリカ陸軍を中心に使用されている。M270、M270 IPDS、M270A1といったMLRSHIMARSから発射される。地対地ミサイルではあるがシーカーを変更して対艦能力を付加することも検討されている[7]

ATACMS1発入りのコンテナは、他のMLRSロケット弾の6発入りコンテナ同様に蓋6枚や筒状の外装を有し、梱包物がATACMSか否か外観を判別不能に偽装し、部隊の射程を秘匿している。

バリエーション[編集]

Block I
950個のM74子爆弾
Block IA
275個のM74子爆弾。軽量化により射程が延長されている[8]
Block II
13発のBAT 無動力滑空型誘導式子爆弾。BATは目標上空で弾体から切り離されると、主翼を展開して飛行安定性を高め、滑空しながら音響センサーと赤外線センサーで目標を捜索して攻撃する。BATの弾頭はタンデム式の成形炸薬弾(2個の炸薬が時間差で爆発し、1個目で複合装甲や爆発反応装甲を破壊し、2個目で車両の内部に高熱の爆風を吹き込む)で、装甲車両の天井部分を攻撃し、破壊する。
Block IIA
6発のBAT 無動力滑空型誘導式子爆弾。軽量化により射程が延長されている。

運用史[編集]

ATACMSの最初の実戦使用は1991年湾岸戦争における砂漠の嵐作戦で、合わせて332発のATACMSミサイルがM270 MLRSから発射された。

イラク戦争中のイラクの自由作戦で450発以上のATACMSミサイルが発射された[9]

2022年6月5日北朝鮮が8発の短距離弾道ミサイル日本海に向けて発射し、翌日にアメリカと韓国は連携してアメリカ1発、韓国7発のATACMSを発射し「精密攻撃の能力と準備」を示した[10]

運用国[編集]

MGM-140の運用国(青色)

現在の運用国[編集]

調達予定国[編集]

  • オーストラリアの旗 オーストラリア: 2022年、オーストラリアは20基のハイマースとともに、10基のM57 ATACMSを購入した[33]
  •  エストニア: 2022年7月、18基のM57 ATACMSの購入が、アメリカ議会で承認された[34]
  •  リトアニア: 2022年11月、18基のM57 ATACMSの購入が、アメリカ議会で承認された[35]
  • モロッコの旗 モロッコ: 2023年4月、18基のハイマースとともに40基のM57 ATACMSを購入した[36]
  • 中華民国の旗 台湾: 2020年10月、アメリカ国務省は64基のM57 ATACMSを台湾に売却することを承認した[37]

採用凍結国[編集]

諸元[編集]

  • Block I
    • 全長:3.98 m
    • 弾体直径:0.607 m
    • 最大射程:165 km
    • 弾体重量:1674 kg
    • 搭載子弾:M74 対人・対物子弾 950個
    • 誘導方式:慣性誘導
  • Block IA
    • 最大射程:248 km
    • 搭載子弾:M74 対人・対物子弾 275個
    • 誘導方式:GPS誘導
  • Block II
    • 最大射程:140 km
    • 搭載子弾:BAT 無動力滑空型誘導式子爆弾 13発
  • Block IIA
    • 最大射程:300 km
    • 搭載子弾:BAT 無動力滑空型誘導式子爆弾 6発

脚注[編集]

  1. ^ MGM-140 ATACMS”. Military Today. 2020年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月15日閲覧。
  2. ^ U.S. army awards Lockheed Martin $78 million contract for ATACMS guided missile modernization”. Armyrecognition.com (2015年1月8日). 2015年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  3. ^ Lockheed Martin Tactical Missile System Upgrades”. Armedforces-Int.com (2015年1月8日). 2015年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  4. ^ a b Hasik, James (2016年11月2日). “Third Offset Breakthrough: U.S. Army Using Existing Technology to Develop 'Warship-Killer' Missiles” (英語). The National Interest. 2020年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月30日閲覧。
  5. ^ ATACMS Long-Range Precision Tactical Missile System”. lockheedmartin.com (2013年7月30日). 2013年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  6. ^ Lockheed Martin MGM-140 ATACMS”. Designation-systems.net (2006年9月19日). 2012年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月15日閲覧。
  7. ^ Anti-Naval ATACMS, 'Big' Swarming Breakthroughs from Strategic Capabilities Office
  8. ^ Parsch, Andreas (2006年9月19日). “Lockheed Martin (LTV) MGM-140 ATACMS” (英語). Directory of U.S. Military Rockets and Missiles. Designation-Systems.Net. 2007年11月22日閲覧。
  9. ^ Army Tactical Missile System” (PDF) (英語). Lockheed Martin. 2007年11月22日閲覧。
  10. ^ 米韓が地対地ミサイル8発、北朝鮮けん制 5日の発射受け”. ロイター (2022年6月6日). 2022年6月11日閲覧。
  11. ^ Bahrain Purchases Lockheed Martin's ATACMS Missiles”. Lockheed Martin (2000年12月20日). 2012年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月15日閲覧。
  12. ^ Arms Sales Notification Bahrain”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  13. ^ Worldwide Ballistic Missile Inventories” (英語). www.armscontrol.org. 2018年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月22日閲覧。
  14. ^ Greece”. Lockheed Martin. 2012年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  15. ^ ROK: Army Tactical Missile System (Army TACMS)”. GlobalSecurity.org. 2015年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  16. ^ Armata română a efectuat în premieră trageri cu sistemul HIMARS” (ルーマニア語). defenseromania.ro (2022年6月10日). 2023年7月15日閲覧。
  17. ^ FOTO/VIDEO România a executat primele trageri reale cu sistemul de rachete HIMARS: A simulat atacarea unor nave în Marea Neagră” (ルーマニア語). HotNews (2022年6月10日). 2023年7月15日閲覧。
  18. ^ Arms Sales Notification Romania”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  19. ^ Arms Sales Notification Poland”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  20. ^ Poland – M142 High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS) | Defense Security Cooperation Agency”. 2023年7月15日閲覧。
  21. ^ Turkey will join USA in fielding Army Tactical Missile System”. Flight Global (1996年11月6日). 2022年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月10日閲覧。
  22. ^ Lockheed Martin Successfully Validates ATACMS Missile Long-Term Reliability”. Lockheed Martin (2009年2月26日). 2010年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月15日閲覧。
  23. ^ MGM-140A Block 1”. MissileThreat.com. 2011年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  24. ^ Arms Sales Notification Qatar”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  25. ^ Arms Sales Notification UAE”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  26. ^ Salama, Vivian. “WSJスクープ | 米、長距離ミサイル供与の承認検討 ウクライナ支援で”. WSJ Japan. 2023年7月15日閲覧。
  27. ^ a b 長距離ミサイル「ATACMS」供与、米国の決定「非常に近い」 ゼレンスキー氏側近”. CNN.co.jp. 2023年7月15日閲覧。
  28. ^ “ロシア軍のヘリを9機も破壊?ウクライナ国防省が飛行場攻撃に成功と発表”. 乗りものニュース. (2023年10月20日). https://trafficnews.jp/post/128828 2023年10月22日閲覧。 
  29. ^ Операція Dragonfly. ЗСУ знищили ворожі гелікоптери, ППО та спецтехніку під час атаки аеродромів у Бердянську та Луганську — Forbes.ua” (ウクライナ語). forbes.ua (2023年10月17日). 2023年10月17日閲覧。
  30. ^ Luxmoore, Michael R. Gordon, Nancy A. Youssef and Matthew. “WSJ News Exclusive | Ukraine Fires ATACMS Missiles at Russian Forces for the First Time” (英語). WSJ. 2023年10月17日閲覧。
  31. ^ “ウクライナ「ゲームチェンジャー」の期待 米ATACMS供与、すでに実戦使用”. 産経新聞. (2024年4月26日). https://www.sankei.com/article/20240426-IRAKKR23ZFNW7G6A6QVRPR6VJM/ 2024年5月31日閲覧。 
  32. ^ “米、長距離ミサイル「ATACMS」をひそかにウクライナに供与 当初は拒否”. CNN. (2024年4月26日). https://www.cnn.co.jp/usa/35218268.html 2024年5月31日閲覧。 
  33. ^ Australia cleared for purchase of HIMARS MLRS for $545 million” (2022年5月28日). 2023年7月15日閲覧。
  34. ^ Estonia – M142 High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS)”. US Defense Security Cooperation Agency. 2022年10月18日閲覧。
  35. ^ Lithuania – M142 High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS)”. US Defense Security Cooperation Agency. 2022年11月12日閲覧。
  36. ^ Morocco – High Mobility Artillery Rocket Systems (HIMARS) | Defense Security Cooperation Agency”. 2023年10月18日閲覧。
  37. ^ Arms Sales Notification Taiwan”. Defense Security Cooperation Agency, Department of Defense.. 2022年10月18日閲覧。
  38. ^ Long Reach: Finlands Long-Range Rocket Launchers”. defenseindustrydaily.com. 2017年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月5日閲覧。
  39. ^ The Netherlands – M142 High Mobility Artillery Rocket System (HIMARS) | Defense Security Cooperation Agency”. www.dsca.mil. 2023年2月17日閲覧。
  40. ^ Netherlands to purchase HIMARS and ATACMS missile systems” (英語). ВПК.name (2023年2月20日). 2023年4月22日閲覧。
  41. ^ Netherlands poised to order South Arkansas-made missiles” (英語). Magnolia Reporter - Magnolia, Arkansas News (2023年2月21日). 2023年4月22日閲覧。
  42. ^ Revell, Eric (2023年2月16日). “US agrees to sell 20 HIMARS to Netherlands for $670 million” (英語). FOXBusiness. 2023年4月22日閲覧。
  43. ^ Elbit Systems Awarded $305 Million Contract to Supply PULS Rocket Artillery Systems to the Royal Netherlands Army” (英語). Elbit Systems (2023年5月18日). 2023年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]