ZSU-23-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ZSU-23-4 シルカ
14 - 3CY.JPG
基礎データ
全長 6.54m
全幅 2.95m
全高 3.8m
乗員数 4名
装甲・武装
装甲 10mm(車体前面)
主武装 AZP-23 23mm4連装機関砲
機動力
速度 44km/h
エンジン V6R ディーゼル
280hp
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 450km
テンプレートを表示

ZSU-23-4 シルカロシア語ЗСУ-23-4 «Шилка»ゼーエスウー・ドヴァーッツァチ・トリー・チトィーリェ・シールカ)は、ソ連で開発された自走式高射機関砲である。

「ZSU(ロシア語ЗСУ)」は、ロシア語で「自走高射装置」を意味する「Зенитная Самоходная Установка」の略で、「防空兵器には河川名に由来する愛称をつける」というソ連の方針に沿い、シルカ川に因んだ「シルカ」という愛称がつけられた[1]

開発[編集]

前型の自走式高射機関砲であるZSU-57-2は、57mm機関砲2門を装備し、初期の追尾誘導コンピューターを用いていた。しかしZSU-57-2は高速で飛行するジェット機に対して大きな成功を収めたとは言えず、少数の配備に留まった。一方で、タイヤを装備しており、牽引式ながら高い機動性を持つZPU機関砲シリーズは、多くの装甲車輌に搭載された14.5mm重機関銃をはじめ、ソ連の標準対空装備となっていた。この対空システムの23mm口径シリーズの決定版となったのが、ZU-23-2連装機関砲であった。

こうした中、高度2.5-1.5kmまでの航空機と距離1.8kmまでの地上軽装甲車輌を攻撃できる、機甲師団の中高度域防空システムとなる自走機関砲を開発せよという要求のもと、1958年に開発が始まった。水陸両用戦車であったPT-76プラットフォームに23mm機関砲を4門装備したZSU-23-4は1964年に採用され、この新型対空車輌は改良されたレーダーシステムを用い、優れた火力と命中率を誇り、低高度を飛行する航空機にとって大きな脅威となった。

設計[編集]

ZSU-23-4は、280馬力のV6Rディーゼルエンジン1基と250リットルの燃料タンク2基を備え、通常で400km走行できた。これに加え、補助動力装置として74馬力のガスタービンエンジンも搭載し、エンジン停止中も射撃が可能であった。車体には砲弾片や7.62mm銃弾を防ぐ程度の装甲が施され、機甲部隊との随伴もある程度は可能である。しかし重装甲車輌ではないので、対戦車ミサイル戦車などの攻撃により容易に破壊されるという生存率の低さも指摘されている。

ZSU-23-4 後方より
右側に向けられている台皿型のものがRPK-2レーダー

ZSU-23-4は、RPK-2レーダーNATOコードネーム B-76 ガンディッシュ)にリンクした液冷式のAZP-85 23mm機関砲を備えた砲塔を搭載した。RPK-2レーダーは半径20kmまでの目標を探知することができ、さらに半径8km以内の目標を照準かつ追跡することができる。各機関砲は毎分1,000発の機関砲弾を発射でき、故に4門で毎分4,000発の砲弾を打ち上げることが可能であるとされる。しかし冷却システムに欠陥があり、砲身のオーバーヒートとシステムダウンを防ぐために、射撃時には各砲につき50発ずつしか配分されなかった。このため1門または2門ずつの交互射撃が標準であり、4門全部射撃するのは緊急時限定、そしてそれをしてしまうと機関砲冷却のために射撃を休まねばならず、冷却不十分のまま射撃を再開してしまうと砲身焼損か弾切れのどちらかになるまで射撃が止まらなくなるコックオフを高確率で引き起こした。砲身焼損の場合は機関砲の交換で済めばいい方で、重篤なケースとしては砲が完全に壊れてしまい修理不能になることも多く、最悪の場合砲身が融解したこともある。ZSU-23-4は優れた防空兵器であったが、この制約により攻撃力はやや劣るものになった。AZP-85の最大有効射程は7,000m、最大射高は5,100mであるが、対空射撃における有効射程は2,500m前後である。また、追加兵装として砲塔後部左右に各3基ずつ計6基の9K38 イグラもしくは9K38-M イグラ-1を装備できた。

前任のZSU-57-2が目視による光学照準で、砲塔は油圧による動力旋回機構を持つがそれでも旋回が遅く、高速で移動するジェット機への対応が難しく、加えて上面が開放式のためにNBC防護不能なのに対し、シルカは密閉式砲塔でNBC防護が可能であり、レーダーと機関砲をリンクさせ、砲塔旋回用のAPUを搭載することにより旋回速度を高速化しているためより有効な対空兵器になった。ただし砲が小口径になったことで1発の威力や射程は大幅に低下している。

一部で指摘される問題として、レーダーがRPK-2ヴィユーガ1基のみであり、捜索用と追跡用が分離されていないという点がある。これにより1基のレーダーで両方の役目を兼任させねばならず、事実上単一目標にしか対処できないため特定目標との交戦中に別の目標を探知するのは全くの不可能となっている。現代の対空戦車では捜索用と追跡用の2基のレーダーを搭載するのが標準的であり、世界初のレーダー搭載対空戦車であるシルカは、この点では旧式であると言える。

運用[編集]

イスラエルで展示されるZSU-23-4

ZSU-23-4は、1965年11月の革命記念軍事パレードで初公開された。その後、多数が東側諸国中東地域の親ソ連諸国に供与され、1967年第三次中東戦争以降、多くの実戦に投入された。中でも、第四次中東戦争では、地対空ミサイルと組み合わせて構成されたアラブ諸国の防空陣営が多くのイスラエル空軍機を撃墜した。中高度を守る2K12 クープ(SA-6 ゲインフル)地対空ミサイルや低高度を守る9K31 ストレラ-1(SA-9 ガスキン)地対空ミサイルの攻撃を避けて超低空へ侵入したイスラエル空軍機は、みすみすZSU-23-4の餌食となった。

1979年に始まったソビエト・アフガン戦争では、輸送車列の護衛任務に就き、仰角を大きく取ることができるという性質上、高台から攻撃を仕掛けてくるゲリラへの有効な防御兵器となった。ムジャーヒディーンは本車の破壊的な弾幕射撃を恐れた。この時に鹵獲された車体が紛争後のアフガニスタン軍に残され、2001年10月に始まったアフガン・対テロ戦争ではターリバーン政権軍の保有する本車両がアメリカを中心とする多国籍軍を迎え撃っているが、戦果は伝えられていない。戦後新たに編成されたアフガニスタン陸軍でも、少数のZSU-23-4が運用されている。

ソ連では後継車輌として2S6 ツングースカが開発されているが、価格の高騰などの理由で配備ははかどっておらず、現在も多くの国でZSU-23-4は運用が続けられている。また、冷戦終結後は2A38M 30mm機関砲のような各種の異なる機関砲やレーダー・システムを搭載する発展型も開発されている。

派生型[編集]

ZSU-23-4(ЗСУ-23-4 «Шилка»
1964年に開発。最初期型で、最初の量産型である。以降の型とは砲塔前面部の形状が異なっていることで識別できる。
ZSU-23-4V(ЗСУ-23-4В
1968年に開発。電子機器の冷却システムと車内換気システムを改良し、車長用光学照準器を装備した。多数が生産された量産型となった。
ZSU-23-4V1(ЗСУ-23-4В1
1972年に開発された発展型。射撃管制装置エンジンを更新している。
ZSU-23-4M(ЗСУ-23-4М «Бирюса»
1977年に開発された発展型。RPK-2"トーボル"に換えて"ヴィユーガ"レーダーを搭載した発展型。射撃管制装置がデジタルコンピューター化され、銃身のための追加装甲、1-3個の砲塔外付け式弾薬庫により個別に作戦行動を取れるようになった。
ZSU-23-4MZ(ЗСУ-23-4МЗ
1977年開発。敵味方識別装置(IFF)を搭載した部分改良型。なお、既存のZSU-23-4Mもオーバーホールの際に順次IFFを搭載しMZ型に改修されている。
ZSU-23-4M2(ЗСУ-23-4М2
1987年開発。近距離戦闘能力を重視し、レーダーとレーダー火器管制装置を撤去[2]戦車用の夜間暗視装置を搭載した発展型。電子装置の搭載スペースは弾薬庫に変更され、搭載弾数は2,000発から4,000発に増加している。アフガン紛争で対ゲリラ戦用途に活用され、"アフガン型"の通称で呼ばれる。
ZSU-23-4M4(ЗСУ-23-4М4
各部の駆動装置を油圧式に改良し、センサーと射撃管制装置を近代化し、近距離地対空ミサイルの連装発射機2基を砲塔上に搭載した近代化改良型。1999年より生産。
ZRAK ドネーツィ(ЗРАК Донець
1999年ウクライナで開発された後継型。ЗРАКとは「ЗЕНИТНЫЙ РАКЕТНО-АРТИЛЛЕРИЙСКИЙ КОМПЛЕКС」の略号で、ウクライナ語で"防空ロケット(ミサイル)-砲システム"を意味する。
T-80UDの車体に箱型の戦闘室を増設し、ZSU-23-4の砲塔を搭載したもので、砲塔の左右両脇にはストレラ-10携行対空ミサイルの連装発射機を装備している。
ZSU-23-4M5(ЗСУ-23-4М5
ベラルーシで開発された改良型。センサーと射撃管制装置を近代化し、砲塔後部左右に近距離地対空ミサイルの3連装発射機を搭載している。
ZSU-23-4MP Biała
ポーランドで開発された改良型。射撃管制装置と照準装置を改良し、国産のグロム(Grom:雷の意)地対空ミサイルの連装発射機2基を砲塔上右側に搭載している。
M1993
朝鮮人民軍が保有する改良型。4連装23mm機関砲を、より強力な連装30mm機関砲に換装したタイプ。名称の「M1993」は、1993年の軍事パレードで始めて存在が確認されたための仮称で、正式名称は不明。

運用国[編集]

ZSU-23-4 運用国の一覧

登場作品[編集]

映画[編集]

日本映画
FUTURE WAR 198X年』(1982年)
東西ドイツ国境に配備。ソ連軍戦車隊を攻撃するアメリカ陸軍AH-64を撃墜したほか、西ドイツ空軍トーネードを迎撃し、1機を撃墜。
アヴァロン(Avalon)』(2001年)
映画の冒頭、仮想空間の戦場に登場する戦闘車両としてT-72と共に登場。
ロケ地のポーランド陸軍の車両で、射撃シーンでは実際には4門のうち2門だけを発砲し(弾薬代は実費請求されるので予算の節約のため)、後にCG処理で4門全てを発砲しているように合成している。
外国映画
若き勇者たち(原題:RED DAWN)』(1984年)
ソビエト侵攻軍の車両として登場。
ランボー3/怒りのアフガン(原題:Rambo III)』(1988年)
クライマックスの戦闘シーンに登場。
イントルーダー 怒りの翼(原題:Flight of the Intruder)』(1990年(日本公開:1991年)
北ベトナム軍の車両として登場。実際には北ベトナムは同車を装備していなかったので、時代考証的には登場するのは誤りである。

上記の3作品に登場しているのはいずれも同じ車両であり、アメリカの映像作品向け軍用車両レンタル会社の所有品である。M8 HST(高速牽引車)の払い下げ品を大改造したレプリカ車両で、主砲の23mm4連装機関砲M16対空自走砲などに搭載されたM45 12.7mm四連装対空機関銃架を元にしたものを使用している。

小説[編集]

Avalon 灰色の貴婦人』著:押井守
作品のクライマックス、スローター・ブリッジのフラグとして登場。

ゲーム[編集]

ARMA 2
プレイヤーやAIが操作可能。
エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー
ユークトバニア連邦共和国軍が同一の外見を有する自走式対空砲を使用。また、ベルカ公国軍の「灰色の男たち」指揮下の部隊も同じ自走式対空砲を用いているが、こちらはユークトバニアの対オーシア連邦強硬派と手を結んでいた、「灰色の男たち」の秘密メンバーが社長を務める兵器企業「ノースオーシア・グランダー・I.G.」がユークとの裏取引で製造し、技術力や生産力を活かしてユーク向けに製造するのみならずベルカ軍へも納品した物(グランダー社の技術力は強度や性能を維持しつつ部品点数を減らすやり方で、戦闘機の製造にしても一般的な2機分のコストで3機作れる程優れている)。
エースコンバット アサルト・ホライゾン
ロシア陸軍及びロシアから離反したクーデター軍である『NRF』の自走対空砲として登場。
大戦略シリーズ
ロシアなど旧東側諸国の対空自走砲ユニットとして組み込まれる。
バトルフィールド2 モダンコンバット
中東連合軍の対空車両として登場する。マルチプレイのみ。

脚注[編集]

  1. ^ なお、公式には改良型のZSU-23-4M((ЗСУ-23-4М)以降は"Бирюса"(英語Biryusa、ビリュサ川シベリア南部イルクーツク州にある河川の名)が愛称とされて区別されているが、現場の将兵には特に区別されず"シルカ"と呼称され続けていた上、防諜上の理由もあって公式資料でも"シルカ"の名称が記載され続けていたために西側では知られておらず、ソビエトが崩壊して情報公開が進んだ後も"ビリュサ"の愛称はほとんど知られていない
  2. ^ 代わりに 1RL133"Credo"(1РЛ133 "Кредо")地上監視用レーダーのマウントが砲塔右前面に設置されている


関連項目[編集]