コール オブ デューティ ブラックオプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コール オブ デューティシリーズ > コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス
Call of Duty: Black Ops
ジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 プレイステーション3Xbox 360WindowsWiiニンテンドーDSMac OS X
開発元 Treyarch
発売元 アメリカ合衆国の旗カナダの旗欧州連合の旗オーストラリアの旗アクティビジョン
日本の旗スクウェア・エニックス
シリーズ コール オブ デューティシリーズ
メディア Win・360:DVD-ROM
Wii:光ディスク
PS3BD-ROM
DS:DSカード
発売日 アメリカ合衆国の旗カナダの旗欧州連合の旗オーストラリアの旗2010年11月9日
日本の旗2010年11月18日(字幕版)/2010年12月16日(吹き替え版)
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
エンジン IW Engine
テンプレートを表示

コール オブ デューティ ブラックオプス』(Call of Duty: Black Ops, 略称CoD:BO)はFPSゲームコール オブ デューティシリーズ』の第7作目。開発元は『CoD:UO』・『CoD2:BRO』・『CoD3』・『CoD:WW』を開発したTreyarch(CoD:UOはTreyarchに吸収されたGray Matter Interactiveが担当した)。発売元のアクティビジョンから全世界で2010年11月9日に発売された。

日本ではスクウェア・エニックスから2010年に発売された。日本版は吹き替えと字幕版の2バージョンがあり、字幕版を2010年11月18日に、吹き替え版を同年12月16日に発売。なお、本作がスクウェア・エニックスとしては初のCERO:Z指定作となる。

また2012年9月よりMac版が App Store(27日)および Steam (28日)において発売開始された。

ストーリー[編集]

冷戦時、影で活動したアメリカ中央情報局の元工作員アレックス・メイソンは何者かに捕まり、過去の秘密任務について白状させられる。 彼は60年代に、キューバインドシナロシアなどで任務を遂行していた。 尋問中、自分の脳裏を蝕む「数字」に関する様々な質問を投げかけられる。そのうち、自分を洗脳したのは、ドラゴヴィッチだという事を知る。数々の歴史上の事件の真実の裏でメイソンは戦友と共に隠された任務(Black Ops)を開始する。

主要登場人物[編集]

アメリカ中央情報局(CIA)・アメリカ海兵隊(USMC)[編集]

アレックス・メイソン(Alex Mason) 英語版声優:サム・ワーシントン 吹き替え版声優:堀内賢雄
本作の主人公、そしてメインプレイヤーキャラクター。海兵隊員であり、CIAの工作員でもある。階級は大尉。60年代、キューバではオペレーション40、そして東南アジアでは南ベトナム軍事援助司令部のSOGに所属していた。メイソン(含む同作のプレイヤーキャラクター)はCODシリーズでは数少ない、自分が操作している時に喋る(味方との会話、リロード中など)人物である。
ジェイソン・ハドソン(Jason Hudson) 英語版声優:エド・ハリス 吹き替え版声優:井上和彦
CIAの情報員、そしてメイソンの担当(handler)。また、プレイヤーキャラクターの一人である。主にウィーバーと共に行動をとっている。
フランク・ウッズ(Frank Woods) 英語版声優:ジェームス・C・バーンズ 吹き替え版声優:小山力也
海兵隊員。階級は軍曹。メイソンと共にオペレーション40やSOGに所属していた。CIAの特殊部隊には階級がないため、彼が指揮をとることが多い。
ジョゼフ・ボウマン(Joseph Bowman) 英語版声優:アイス・キューブ 吹き替え版声優:浪川大輔
海兵隊員。階級は兵曹長。メイソンとウッズ同様にオペレーション40やSOGに所属していた。
グリゴリー・ウィーバー(Grigori Weaver) 英語版声優:ジーン・ファーバー 吹き替え版声優:安元洋貴
CIAの工作員。ロシア系。任務中、敵に捕まり左目を失った。それ以来、眼帯を付けている。

ソビエト連邦赤軍[編集]

ヴィクトル・レズノフ(Viktor Reznov) 英語版声優:ゲイリー・オールドマン 吹き替え版声優:大塚芳忠
第二次世界大戦で活躍した元赤軍兵(ワールド・アット・ウォーの登場人物)。終戦後間もなく行われた作戦の際、上官のドラゴヴィッチとクラヴチェンコに裏切られヴォルクタの強制労働収容所へ送られる。そこでメイソンと出会い、深い友情を結ぶ。『CoD4』のプライス同様、彼の回想ステージではプレイヤーキャラになる。父親は音楽家だがすでに第二次世界大戦時にナチスに殺されている。
ディミトリ・ペトレンコ(Dimitri Petrenko) 吹き替え版声優:東地宏樹
レズノフの戦友。終戦後間もなく行われた作戦の際、上官のドラゴヴィッチとクラフチェンコに裏切られ、ノヴァ6の実験台として仲間の兵士と一緒に殺される。
『ワールド・アット・ウォー』の赤軍編主人公である。
ニキータ・ドラゴヴィッチ(Nikita Dragovich) 吹き替え版声優:若本規夫
本作の悪役(ラストボス)。階級は少将。第二次世界大戦中、ドイツが開発した化学兵器ノヴァ6を利用し、欧米の侵略を企んでいる。
レフ・クラフチェンコ(Lev Kravchenko) 吹き替え版声優:楠大典
階級は大佐。ドラゴヴィッチの右腕、死亡したと思われたが、コール オブ デューティブ ラックオプス2で生存している。

研究者[編集]

フリードリヒ・シュタイナー(Friedrich Steiner) 吹き替え版声優:飛田展男
ナチス・ドイツの残党。ノヴァ6を開発した研究者。終戦後、ドラゴヴィッチに協力し兵器の開発を進める。
ダニエル・クラーク(Daniel Clarke) 英語版声優:ゲイリー・オールドマン 吹き替え版声優:富田耕生
イギリス人。ノヴァ6の開発に参加した研究者。ドラゴヴィッチに始末されると気づき、九龍に身を潜めた。

アメリカ合衆国連邦政府[編集]

ジョン・F・ケネディ(John F. Kennedy) 吹き替え版声優:こぶしのぶゆき
1961年から1963年までアメリカ合衆国大統領。メイソンにドラゴヴィッチ抹殺の任務を任せる。
ロバート・マクナマラ(Robert McNamara) 英語版声優:ロバート・ピカード 吹き替え版声優:ふくまつ進紗
1961年から1968年までアメリカ合衆国国防長官。メイソンにドラゴヴィッチ抹殺の任務を任せる。

キューバ共和国[編集]

フィデル・カストロ(Fidel Castro) 吹き替え版声優:石川ひろあき
1959年から2008年までキューバの首相。メイソンを含むオペレーション40に命を狙われた。

ソロキャンペーン ステージ[編集]

今作のストーリーは終盤まで主人公にして語り手であるメイソンの回想で進行していく。各エピソードはメイソンの回想であり、メイソンと尋問官のやりとりは、ミッション最中でも割り込まれる時がある。また『極秘裏に行われた作戦、記録に残らない戦史』という事を示すかのように、シリーズ慣例のミッション冒頭の作戦詳細は大半が黒のマーカーペンで塗りつぶされ、判読不能状態に追いやられてしまう。

OPERATION 40(オペレーション40) キューバ ピッグス湾 1961年4月17日0500時 アレックス・メイソン
時期としてはピッグス湾事件の最中にあたる。メイソン達CIAの特殊作戦チーム「OP40」は、ある人物を抹殺する任務を受けハバナ市に潜入していた。現地の工作員・協力者との連絡を終え、OP40のメンバーはターゲットの人物が隠れ住む海辺の別荘に急襲を仕掛けた。
VORKUTA (ヴォルクタ) ソビエト連邦 ヴォルクタ強制収容所 1963年10月6日0600時 メイソン
OP40の最後、脱出に失敗したメイソンはソ連のヴォルクタ強制収容所に送られた。恐怖と苦痛に満ちた日々の中で、メイソンは同じく囚人であるヴィクトル・レズノフと出会い、固い友情を結んだ。レズノフが主導する囚人達の蜂起計画にメイソンは参加、最も危険な先頭に立って戦うことになる。
U.S.D.D.(合衆国国防総省) ペンタゴン 1963年11月10日1700時 メイソン
帰還したメイソンは心理テストに合格し、CIAエージェントであるジェイソン・ハドソンの担当下で、CIAの工作員として復隊した。メイソンはペンタゴンに呼び出され、ある人物から、ドラゴヴィッチ暗殺の命令を手渡しされる。
EXECUTIVE ORDER (大統領命令)ソビエト連邦 バイコヌール 1963年11月17日0700時 メイソン
メイソンはソ連の宇宙船打ち上げ阻止、ひいては大陸間ミサイルの開発計画を阻止する大統領命令の秘密作戦「オペレーション・フラッシュポイント」に参加。戦友フランク・ウッズとともにバイコヌール宇宙基地に潜入していた。しかし、スパイとして基地に先んじて潜入していたウィーバーが捕らえられてしまい、作戦決行を急がねばならなくなってしまった。
SOG (研究・偵察グループ)南ベトナム ケサン 1968年1月21日0900時 メイソン
「オペレーション・フラッシュポイント」を終えた後も、メイソンはドラゴヴィッチを追い続けた。そして5年後。彼はドラゴヴィッチの腹心であるクラフチェンコがラオスで活動している事を知らされ、担当官であるハドソン共々MACVが展開するベトナムのケサンに送られた。彼はそこでウッズと再会するが、喜ぶ間もなく基地はNVA(北ベトナム軍)の大規模な襲撃に見舞われ、迎撃戦を手伝う羽目に陥った。
THE DEFECTOR(亡命者) 南ベトナム フエ市 1968年2月2日1900時 メイソン
メイソンの意見を受け、MACV SOGのチームはNVAの攻撃激しいフエ市に降下した。そこにはドラゴヴィッチの計画に関する情報を持ち出した亡命者がいるからだった。火の海と化したフエ市街で保護した亡命者は、メイソンにとって思いがけない人物であった。
NUMBERS (数列)香港 九龍城 1968年2月9日1700時 ジェイソン・ハドソン
香港の九龍城で、ハドソンはプロジェクト・ノヴァの関係者であったダニエル・クラーク博士の確保に成功。彼を尋問していた。だが、ドラゴヴィッチはクラーク博士もろとも証拠を抹消するべくスペツナズ部隊を派遣した。ハドソンのチームはクラークと共同戦線を張り、嵐の九龍城からの脱出を図る。
PROJECT NOVA (ノヴァ計画)北極圏 1945年10月29日1200時 ヴィクトル・レズノフ
メイソンは、ヴォルクタでレズノフから語り聞かされた昔話を回想していた。ドラゴヴィッチ、クラフチェンコ、シュタイナー。この男達が、何故死すべきなのか。そもそも、プロジェクト・ノヴァとは何なのか。
CoD:WaW赤軍編ラスト、ベルリン攻防戦から半年後。レズノフ達の部隊はドラゴヴィッチ将軍が指揮する秘密作戦に召集された。作戦の目的は、北極圏で抵抗を続けるナチスの研究基地から、亡命を希望する科学者フリードリヒ・シュタイナー博士を救出すること。救出されたシュタイナー博士は、彼がナチス統治下のドイツで研究していた化学兵器「ノヴァ6」のプロトタイプが眠るという座礁船にドラゴヴィッチを案内した。
VICTOR CHARLIE (ベトコン) ベトナム DMZ 1968年2月9日1200時 メイソン
ドラゴヴィッチ将軍の腹心、クラフチェンコ大佐がラオス領内でノヴァ6に関わる活動を行っている事が突き止められた。メイソン達SOGはその拠点を壊滅すべく、北ベトナムに向かった。
CRASH SITE (墜落地点) ラオス 1968年2月11日1300時 メイソン
ノヴァ6を搭載したソ連の偽装輸送機が、ラオス領内で撃墜された。残骸からノヴァ6を回収すべく、メイソン達SOGが投入される。アメリカ海兵隊の協力の元、PTボートと攻撃ヘリの混成部隊はメコン川をラオス領内の輸送機墜落現場へと遡った。
WMD[1] (大量破壊兵器)アメリカ カリフォルニア州ビール空軍基地 1968年2月18日0500時 モーズリー大尉/ソ連 ヤマンタウ 1968年2月18日1700時 ハドソン
クラークから得た証言を元に、ハドソン達のCIAチームはウラル山脈ヤマンタウ山にある軍事施設に潜入した。(このステージの前半部は、地上を進むハドソン達と、上空のSR-71から偵察管制任務を行うネイトッシュ少佐の視点が交互に入れ替わる。)
モーズリー大尉、ネイトッシュ少佐が操縦するSR-71の偵察支援を受け、ハドソン達のチームが突入したが、そこにはシュタイナーの姿は無く、基地はすでに撤収準備が進んでいた。
PAYBACK (復讐)ラオス 1968年2月19日1100時 メイソン
ドラゴヴィッチの罠に落ち、捕らえられてしまったメイソン達SOG。ボウマンをはじめとする仲間達が殺される中、ウッズとメイソンは敵の一瞬の油断を衝き、脱出を果たした。だが二人は味方拠点に帰還するのではなく、このままクラフチェンコの拠点を襲撃する事を決断した。
REBIRTH (再生)ソ連 リバース島 1968年2月23日2230時 メイソン/ソ連 リバース島 1968年2月23日2200時 ハドソン
「PAYBACK」後、メイソンは原隊に帰還せず、レズノフと二人きりでアラル海のリバース島[2]に向かった。そこにシュタイナーの研究所がある事は、クラフチェンコの基地にあった情報から判明していた。メイソンはレズノフに導かれるまま、シュタイナー殺害へと動く。
一方「WMD」で情報を得たハドソン達CIAのチームが島の反対側から、こちらはシュタイナーの身柄を確保すべく潜入していた。ハドソンは無線でメイソンに呼びかけるが、メイソンは反応しようとしない。スペツナズの手により島中にノヴァ6が撒かれる中、ハドソン達は化学防護服を身に纏い研究所へと急ぐ。
REVELATIONS(啓示) NSA庁舎 ルーム9 1968年2月25日2300時 メイソン
プロジェクト・ノヴァの危機は切迫し、情報は不足している。尋問官は遂に最後の事実を明かし、メイソンの精神に揺さぶりをかけた。メイソンの精神と記憶は混乱の極みに達し、そこに一つの事実が浮かび上がる。
REDEMPTION(償還)メキシコ湾 1968年2月26日0600時 メイソン
得られた情報を元に、CIAのBlack Opsチームはメキシコ湾にある送信施設の破壊に向かった。ハドソンの推測に違わず、そこはプロジェクト・ノヴァ以外の計画も進行する東側の秘密基地だった。

マルチプレイ[編集]

前作(モダン・ウォーフェア2)より経済システムが追加され、経験値とは別のCODポイントを稼ぐことによって武器や「Perk」、アタッチメントなどを購入できる。経済システムと共にWager Matchモードが用意されており、全員がマッチ開始前にCODポイントを賭け、トップ3のみがそれを独占できるという文字通りの賭け試合が実装されている。
Wager MatchのルールはFree-For-All(自分以外は全員敵)をベースに以下のアレンジルールが発表されている。

One In the Chamber
各プレイヤーは拳銃一丁とライフ3つを持ってゲーム開始。拳銃には1発だけ銃弾が装填されておりもし誰かを倒せれば1発補給が可能、しかしお互いに外してしまえば一対一のナイフ合戦となる。
Sticks And Stones
武器は時限信管の付いたクロスボウ、バリスティックナイフ(刀身射出及びリロード機能ありの特殊ナイフ)、投擲斧のみのどれも連射に時間のかかる武器ばかりで射撃スキルが問われるモードである。また投擲斧を敵に命中させれば敵はポイントを失う。
Gun Game
全プレイヤーは最初ピストルでゲームを開始し、(ナイフ以外で)1人敵を倒すごとに武器がアップグレードされていくモードである。トマホークによるキルかナイフによる近接格闘キルを受けると一つ前の武器にもどる。誰かが全ての武器(20個)で敵を倒せばその時点でゲーム終了となる。
Sharp Shooter
全プレイヤーはラウンドの最初にランダムで選択された銃器の使用を強制され、時間と共に(9月3日公表のトレイラーでは45秒)ウェポンサイクルが回り次の武器に強制変更となる。

一台のPS3またはXbox 360で二人までオンラインに参加出来る。ただし、レベルを保つにはプレイヤー一人につきXbox Liveゴールドメンバーシップが必要。[3]

マルチプレイマップ[編集]

Array
Cracked
Crisis
Firing Range
Grid
Hanoi
Havana
Jungle
Launch
Nuketown
Radiation
Summit
Villa
WMD
  • 「First Strike」(Xbox360:2011年2月1日、PS3:2011年3月3日、PC:3月25日配信)
Berlin
Discovery
Stadium
Kowloon
  • 「Escalation」(Xbox360:2011年5月3日、PS3:2011年7月6日、PC:月日配信)
Zoo
Hotel
Convoy
Stockpile
  • 「Annihilation」(Xbox360:2011年6月28日、PS3:2011年7月28日、PC:7月29日配信)
Hangar 18
Drive-In
Silo
Hazard
Shangri-La
  • 「Rezurrection」[4](Xbox360:2011年8月23日、PS3:9月22日配信PC:配信未定)
Nacht der Untoten
Verruckt
Shi No Numa
Der Riese
Moon

(因みにMOON以外はワールドアットウォーで登場したマップのリメイク版である)。

ゾンビモード[編集]

前作Call of Duty: World at War(以下CoD:WaW。日本語版未発売)に収録されていたミニゲーム「Nazi Zombies」の続編であり、今作では「ゾンビモード(Zombies)」と名を変えて収録されている。今作の協力対戦機能はCoD:WaWにあったNazi Zombiesのみ(理由は『モダン・ウォーフェア2』のスペシャル・オプスと同じ)。
人間が相手の本編とは異なり、廃墟や研究所など閉鎖された空間で襲いくるゾンビを倒していくのが目的。ラウンド制になっており、ラウンドを経るごとにゾンビの数や体力、攻撃性が強化されていく。ゾンビを倒したりバリケードを築いたりしてポイントを稼ぐことで新たな武器を購入したり、行動範囲を広げたりすることが可能。ラウンドに上限がないためいわゆるゲームクリアが存在せず、プレイヤーの死亡によるゲームオーバーまで続行される。
初期では「Kino der Toten」と「Five」の二つのマップのみだが、DLCによってマップ追加が可能。

ゾンビモード ストーリー[編集]

第二次世界大戦で劣勢となったナチスは形成を逆転させるために「The Giant」計画を進めていた。太平洋の孤島にある沼で発見された隕石から検出された元素「エレメント115」が死細胞を活性化させる性質を持つことが判明し、ルートヴィヒ・マクシス率いるドイツ国防軍第935部隊は「Der Riese」と呼ばれる研究所で様々な実験と研究を重ねた末ついに成果を出すが、ある日突然研究所は崩壊しマクシス他主要な研究者も行方不明となる。
研究所の崩壊後はヨーロッパ各地を転々としたのちエレメント115の産地である太平洋の孤島に移すも、施設はことごとく崩壊してしまった。元凶はほぼリヒトーフェンにあり、デンプシー、ニコライ、タケオはリヒトーフェンの壮大な計画に付き合わされる事となり、リヒトーフェン自身が3人の記憶を消し、共に過去や現代、そして未来までタイムスリップしてゾンビと戦う事となった。ゾンビと戦う後、徐々にこの事件の大きな陰謀へと近づく事となる。


ゾンビモード 登場人物[編集]

Nacht der Untoten、Verrückt、Shi No Numa、Der Riese、Kino der Toten、Ascension、Shangri-La、Moon[編集]

タンク・デンプシー(Tank Dempsy)「アメリカ人」 吹き替え版声優:楠大典
プレイヤーキャラの一人。アメリカ軍の最高の勲章である議会名誉勲章を授章したアメリカの英雄。アメリカ海兵隊の軍曹。
本格的なペリリュー島侵攻を前に彼の部隊は日本軍に捕らえられてしまい、彼自身も二週間、半分が泥水に浸かった竹製の檻に収監されていた。 なんとか脱出した彼は隠し持っていたヘアピンと勲章を武器にし生き残っていた部下を救出し脱出した。 この勇敢さを買われて今回の任務(ゾンビ退治)を命令された。

デンプシー自身、リヒトーフェンを嫌っており、ゲーム中にもそのセリフはいくつか出てくる。 また、ゲーム中の「またfacebookの更新を忘れちまった!!」というセリフからアカウントを持っているのかもしれない。

外見のベースはCod:Wawの登場人物であるアメリカ海兵隊員のポロンスキー(Polonsky)。
ニコライ・ベリンスキー(Nicolai Belinski) 「ソビエト(ロシア人)」 吹き替え版声優:間宮康弘
プレイヤーキャラの一人。 自己憐憫からウォッカに溺れてしまったソ連兵。戦前は大工をしていた。
台詞のほとんどがウォッカやソビエト、共産主義に関係したものであり、戦前に所属党内のナンバー2の男を殺して女性と政略結婚して身を立てたが後に失脚する。何度か再婚しているようだが1番目の妻はショットガン、2番目の妻はPPSh-41、3番目の妻はPTRS-41で射殺、5番目の妻は斧で斬首するなどかなり危ない性格である。デンプシーの事は尊敬しているが武雄のことは日露戦争を理由にあまりよく思っていない。

家には電気が通っておらず時折、酒が入っていないのか冷静なセリフを言う時がある。

外見のベースはCoD:WaWの登場人物であるソ連赤軍兵士のチェルノフ(Chernov)。
正木武雄 (Takeo Masaki) 「日本人」 吹き替え版声優:林和良
プレイヤーキャラの一人。日本陸軍の大尉。1910年4月11日生まれ。
ゾンビ化し自身に襲い掛かるかかってくるかつての仲間達よりまだ生きている者達と共に戦う事を決めた。先祖は名のある侍であり彼自身その血を引いていることを誇りに思っており、降伏するなら自決するという信念を持っている。しかし時々、女性の様な喋り方や「カラオケに勝る物は無い」等の外れた性格も持ち合わせている。声優の都合上、流暢な英語を話すが時折英語訛りの日本語を喋る。
外見のベースはWii版CoD:WaWの最初のステージ「Semper Fi」で最初に「貴様は強くない」と発言した日本陸軍将校。ちなみにCoD:WaWとCoD:BOでは顔が違っており、CoD:WaWでは日本陸軍一般兵に紛れて登場する日本陸軍将校。
エドワード・リヒトーフェン(Edward Richtofen)「ドイツ人」 吹き替え版声優:青山穣
プレイヤーキャラの一人。ドイツ陸軍の少将であり、第935部隊に所属しマクシスの助手をしていた科学者。
ヴンダヴァッフェDG-2の開発者であり、「Der Riese」で勤務していた過去を持つ。戦前は形成外科医をしていた。
マクシス親子をテレポーターの実験体にし、「Der Riese」をゾンビとヘルハウンドによって崩壊させた張本人。「Ascension」での発言から妹がいる模様。

最終ステージのMOONにおいて、ゾンビの支配者であるサマンサの支配権を乗っ取り、ついにゾンビの支配者となり、大きな計画を開始する。その全貌は続編において知る事ができる。

外見のベースはCoD:WaWの登場人物であるドイツ陸軍将軍のハインリヒ・アムゼル(Heinrich Amsel)。ちなみにPC日本語字幕版とコンシューマー日本語吹き替え版では赤い腕章に描かれているハーケンクロイツが消されている。

Five[編集]

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(John Fitzgerald Kennedy)
プレイヤーキャラの一人。実在の人物であり第35代アメリカ合衆国大統領。

ペンタゴンがゾンビに襲われた際も冷静で、会議室の裏の武器庫から銃をとった。地下室で人体実験や武器製造を行っていた事から、エレメント115の件に関与していると思われる。ゲーム中は名言を放ったり、「多数の愛人がいる」と発言している。

ロバート・マクナマラ(Robert McNamara)
プレイヤーキャラの一人。実在人物であり、第8代アメリカ合衆国国防長官。

ケネディ大統領の下で共にゾンビと戦う事を決意し、共闘する。

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon)
プレイヤーキャラの一人。実在人物であり、後の第36代アメリカ合衆国副大統領、第37代アメリカ合衆国大統領。
フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz)
プレイヤーキャラの一人。実在人物であり、キューバの最高指導者。ちなみに本人は存命中であり、2012年10月現在86歳。

Call of the Dead[編集]

ジョージ・A・ロメロ

ゾンビ映画界の金字塔である人物。映画を撮影している場所がエレメント115の採掘地域であった事を知る。ゾンビに囚われた後はゲーム中で不死身のゾンビとして登場する。因みに頑張れば倒せる。

ダニー・トレホ 吹き替え版声優:江川大輔

マチューテ二本を持ち、ゾンビの首を狩るという技を見せる。映画「マチューテ」からきていると思われる。

サラ・ミシェル・ゲラー 吹き替え版声優:田中敦子

ゾンビに対して、まるで弄ぶかの様な発言が多数みられる。特技は格闘技、テコンドー。

マイケル・ルーカー 吹き替え版声優:ふくまつ進紗

水平二連散弾銃を二丁持つ人物。撮影に来たがゾンビに襲われ奮闘。この状況を楽しんでいるらしい。因みに最初のムービーでは装弾数二発の銃でありえない三発目を撃っている。

ロバート・イングランド 吹き替え版声優:江原正士

帽子を被った人物。臆病な性格であり、メンバーからはよくいじられる。

関連人物[編集]

ルートヴィヒ・マクシス(Ludvig Maxis)
「Der Riese」でThe Giant計画におけるテレポーターの研究をしていたドイツ第935部隊所属の科学者。通称マックス。 実験の副産物としてゾンビを生みだす。責任者に近い身分にいると思われ、計画が予算と資源不足に陥った際には「戦争に勝つためには重要」と言い、 圧力を押し切ってでも研究を続けるとも言った。
子供にサマンサという娘がいる。
度々実験の失敗の責任をリヒトーフェンに押しつけることがあり、最終的に暴走したリヒトーフェンによって娘諸共テレポーターの実験体にされ行方不明となる。
サマンサ・マクシス(Samantha Maxis)
マクシスの娘。フラッフィ(Fluffy)という名前の愛犬がいるが、暴走したリヒトーフェンによって父親、愛犬と共にテレポーターの実験体にされ行方不明となる。
各種テーマソングにはサマンサに関することと思われる歌詞がいくつか埋め込まれており、ゾンビ達を操っているのは彼女の可能性や、またその動機が復讐と思われるなど謎が多く、ゾンビモードのキーパーソン的存在。

因みにサマンサが持つテディベアはマルチプレイのステージでいくつか見る事が出来る。

ソフィア(Sophia)
ドイツ第935部隊所属の科学者でマクシス博士の助手。「Der Riese」に残されたメッセージで存在が明るみになるが詳細は不明であり、Der Riese崩壊後の行方も不明。
ピーター(Peter)
「Shi no Numa」にある日本軍の研究所の責任者で、エレメント115の研究を行っていた。研究所の崩壊前にとある人物向けに「リヒトーフェンとマクシスを探せ」とメッセージを残し、死亡する。
ユーリ・クラヴェシェンスキー (Yuri Kravcheski / Юри Кравчески)
「Ascension」マップで聞けるラジオメッセージの主。科学者。「Ascension」マップで登場する宇宙基地で働いていたが、秘密裏にエレメント115を使った実験を行っていた結果気が狂ってしまった。ガーシュデバイスでブラックホールを造り出し、ゾンビ達を基地へ導いた張本人。エレメント115の実験をしていた時にサマンサ・マクシスに精神を乗っ取られた結果狂気に走った様である。

Dead Ops Arcade[編集]

特定条件を満たすとタイトルメニューに追加されるミニゲーム。主観視点でプレイするゾンビモードとは異なり、俯瞰視点でプレイヤーを操りゾンビを倒していくのが目的。最初からM60を装備しており、弾数は無制限であるため比較的難易度は低い。ゾンビモード同様ラウンド制となっており、ラウンドを経るごとにゾンビの数や敵の種類も増加していく。舞台は海岸や刑務所など様々でありこれもラウンド数に応じて変化する。
ブラックオプス本編、ゾンビモード本編とはなんら関係がないが、ナチゾンビやセルゲイ姿のゾンビなど外見の流用は多々なされている。

限定版[編集]

Prestige Edition[編集]

149.99ドルで販売予定。

  • 200フィート範囲内のビデオ・音声の無線送信
  • RCコントローラー(TFTカラー液晶を搭載)
  • デジタルステアリング・スロットル
  • 独立サスペンション
  • 高速・低速のスピードセッティング
  • ピストルグリップのカスタムRCコントローラ
  • ディスプレイスタンド
  • Call of Duty Black Ops本編

Hardened Edition[編集]

79.99ドルで販売予定。

  • Call of Duty: Black Ops本編
  • プレミアム限定版スチールブックケース
  • Black Opsのコレクターズメダルとディスプレイケース
  • 4種類の追加Co-opマップ
  • Black Ops仕様のLive、PlayStation Home向けアバター用衣装

登場火器[編集]

アサルトライフル サブマシンガン 軽機関銃 狙撃銃 ショットガン 拳銃 ランチャー
M16 MP5K HK21 Dragunov Olympia ASP M72 LAW
Enfield Skorpion RPK WA2000 Stakeout Makarov RPG
M14 MAC11 M60 L96A1 SPAS-12 M1911 Strela-3
Famas AK74u Stoner63 PSG-1 HS-10 Python China Lake
Galil Uzi Model 1887 Cz75 グリムリーパー
AUG PM63 KS-23
FAL MPL
AK47 Spectre
Commando Kiparis
G11

*作中登場する銃火器の中にはゲーム設定年代に存在しないモノもある。また登場する銃火器の登場名称が実銃と違うものもあり、名称によっては別実銃と勘違いされるモノもある。

登場する戦闘車両兵器及び航空機、船舶[編集]

アメリカ軍[編集]

CIA[編集]

ソビエト[編集]

ベトナム人民軍[編集]

音楽[編集]

音楽は『ワールド・アット・ウォー』のサウンドトラックを作曲したショーン・マーレイが担当。他に、ローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」及びクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「フォーチュネイト・サン」といった60年代の曲が流れるシーンもある。エンドロールには、先ほどの「悪魔を憐れむ歌」とエミネムの「ウォント・バック・ダウン」が使われている。予告編及び欧米版コマーシャルにはローリング・ストーンズの「ギミー・シェルター」が使用されている(日本のCMにはravexの「ROCK U feat. 安室奈美恵」)。

  • 音楽詳細

KINO Der toneゾンビ Elena Siegman-115

FIVEゾンビ Won't Back Down

その他[編集]

  • 実在人物がゲームの人物として登場するのはシリーズ初。また発売当時キューバのカストロ前国家評議会議長は存命中(84歳)である。
  • ゲーム内容にキューバのカストロ前国家評議会議長の殺害を図るものが含まれていることから、キューバ政府は、「カストロ前議長の殺害というアメリカの企てを美化するものだ」と非難した。[5]
  • レズノフの回想で語られる第二次世界大戦後間もない時期はTreyarch製CoDシリーズでCoD:BOの前作に当たる日本語版未発売の「コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー(CoD:WaW)」のストーリーと繋がりを持っている(ペトレンコはスターリングラード攻防戦からの戦友であり、CoD:WaWのソ連編で主人公としてレズノフと共に戦った)。またゾンビモードは「CoD:WaWの続編」でありプレイヤーキャラクターもCoD:WaWと同様だが日本兵の正樹武雄の顔がCoD:WaWの冒頭に出てくる陸軍将校の顔に変わっている。
  • CoDシリーズにおいて主人公がゲーム中で素顔を出し台詞を喋るのは(CoD4のプライス大尉やCoD:MW2のソープ大尉など部分的な主人公を除き)コール オブ デューティー ファイネストアワー(CoD:FH)以来6年ぶりの事である。またCoD:FH各主人公とコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(CoD:MW2)のアレン上等兵がブリーフィングのみで台詞を発していたが、今作品ではシリーズ初のプレイヤー視点中での台詞が多数用意されている(CoD:WaWのNazi Zombiesモードでも実装はされているが最初からあったわけではなく後で追加された)。
  • また従来作とは違い、今作の主人公はメイソンに固定されており、ハドソンやレズノフはあくまで準主人公的な位置付けである。
  • タイトル画面で特定行動したのちに端末でコマンドを入力することで約35年前のアドベンチャーゲームZorkがプレイできる。
  • 日本語版(字幕版・吹き替え版)では北米版等に収録されている身体欠損描写や過激な暴力シーンの削除がなされ、吹き替え版においては作中の随所に登場するナチスのハーケンクロイツ鉄十字に変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ WMDは「Weapon of Mass Destruction」、大量破壊兵器の略語。
  2. ^ ヴォズロジデニヤ島を指す。ヴォズロジデニヤはウクライナ語で「再生」(英語でrebirth)の意であり、島で細菌兵器の研究が行われていたのは史実とされる。
  3. ^ (2010年10月27日)Little-Known Black Ops Facts! 2010年11月15日閲覧。
  4. ^ Moonを除くMAPはHardened Edition同梱特典の物と一緒。所有者は再度ダウンロードすればMoonが追加される。
  5. ^ (2010年11月11日)カストロ前議長の「殺害」図る米ゲーム、キューバから怒りの声2010年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]