L96A1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L96A1
Accuracy International Arctic Warfare - Psg 90.jpg
L96A1
種類 軍用狙撃銃
製造国 イギリスの旗 イギリス
設計・製造 アキュラシー・インターナショナル
年代 現代
仕様
種別 ボルトアクション方式狙撃銃
口径 様々
銃身長 657mm
ライフリング 4条右回り
使用弾薬 様々
装弾数 5~10発
作動方式 ボルトアクション
全長 1,158mm
重量 6,500g
銃口初速 850m/s
有効射程 800m(7.62mm弾)
1,500m(.338ラプアマグナム弾)
歴史 
バリエーション アークティク・ウォーフェア(AW)
AWP(Police)
AWM(Magnum)
AWF(Folding)
AWS(Suppressed)
AWS Covert
テンプレートを表示

L96A1は、イギリス軍で制式採用されているボルトアクション方式狙撃銃である。

概要[編集]

始めは、PM(Precision Marksman、あるいはPrecision Magazine[1]、プロジェクティブ・マガジン[2]など)ライフルという名称で、アキュラシー・インターナショナル社で開発された。

その後イギリス軍での狙撃銃トライアルに勝利、L96A1の名で制式採用ライフルの座を手にした。さらにスウェーデンでのトライアルに対応させるためにAW(Arctic Warfare)ライフルへと改良されている。

主な軍用狙撃銃の比較
アメリカ合衆国の旗M24 アメリカ合衆国の旗SR-25 フランスの旗FR F2 イギリスの旗L96A1 ソビエト連邦の旗ドラグノフ ロシアの旗SV-98
画像 M24-latrun-exhibition-1w.jpg SR-25 pic02.jpg FRF2 lunette Schrome.jpg Accuracy International Arctic Warfare - Psg 90.jpg SVD Dragunov.jpg SV-98-06.jpg
使用弾薬 7.62x51mm弾
8.58×70mm弾
7.62x51mm弾 7.62x51mm弾
8.58×70mm弾 等
7.62x54mmR弾 7.62x54mmR弾
7.62x51mm弾
8.58×70mm弾
装弾数 5発(固定式弾倉
10発(着脱式弾倉)
5 - 20発(箱型弾倉 10発(着脱式弾倉) 5 - 10発(着脱式弾倉) 10発(箱型弾倉)
銃身 610 mm 508 mm / 609 mm 650 mm 660 mm 620 mm 650 mm
全長 1,092 mm 1,118 mm 1,200 mm 1,180 mm 1,225 mm 1,270 mm
重量 4,400 g 4,810 g (競技仕様) 5,100 g 6,500 g 4,310 g 6,200 g
射程 800 m(7.62mm弾)
1,500 m(8.58mm弾)
600 m 800 m 800 m(7.62mm弾)
1,500 m(8.58mm弾)
800 m 1,000 m
作動方式 ボルトアクション方式 作動:ストーナー方式
閉鎖:ロータリーボルト式
ボルトアクション方式 作動:ショートストロークピストン式
閉鎖:ターンロックボルト式
ボルトアクション方式


特徴[編集]

基本的なメカニズムはボルトアクション式小銃であり、弾薬は脱着式のマガジンに最大で10発まで装填可能である。

ボルトアクション式小銃では珍しいストレート・ストックは、アルミニウム製シャーシをベースとしており、左右2つのプラスチック製成型パネルをシャーシにボルトで連結して一体化させている。レシーバーを含む他の全ての構成部品は、このシャーシに直接ボルトで固定されている。大型のサム・ホールを装備している。

レシーバーの特徴は、鍛造炭素鋼から削り出された、底が平らなフラットボトムアクションを、アルミニウム合金製シャーシに4本のボルトで固定すると共に、エポキシ系接着剤で接着していることである。これは設計当時最先端のベンチレスト競技用ライフル銃の製作法を取り入れたものである。

ステンレス鋼製の銃身は、銃床と接触することのないようフリーフローティング構造で取り付けられている。ツイストレートは.308ウィンチェスター弾/7.62×51mm NATO弾向けには、305mm(12インチ1回転)である。この銃身と上述のシャーシ構造から、高い命中精度を実現することに成功した。

3本ずつ2列に配置された6つのボルトラグにより構成されるボルトは、60度の短いボルト操作で開放され、回転しない(固定の)外部排莢抽出機構と内部エジェクターを備えている。

2段階トリガー機構には、10〜20ニュートン(2.2〜4.4lbf)の範囲でトリガープル重量を調整可能であり、簡単に取外し可能である。

この銃は、イギリス軍狙撃銃トライアルに提出された。トライアルでは、その他のイギリス製狙撃銃や外国製の狙撃銃とも比較されたが、最も命中精度が高いと評価され、6×42シュミット&ベンター社製のスコープとともに、イギリス軍の制式採用狙撃銃に選定されることになった。スコープはL1A1テレスコーピック・サイトと名づけられている。

バリエーション[編集]

アキュラシー・インターナショナルは、PMライフルがイギリス軍に制式採用された後、PMライフルをベースに開発されたAWシリーズに様々なバリエーションを追加した。

AI社は、2005年に一旦倒産し再建。その際にAWシリーズは名称を変更。法執行機関向けのモデルを「AE」、.308ウィンチェスター(7.62mm×51)弾モデルや.300ウィンチェスター・マグナム弾モデルなどの旧AW/AWMを「AW」に統合、.50BMG(12.7mm×99)弾モデルを「AW50」とし、オプションや口径に応じた名称を廃止した。

2015年に後述のAXシリーズを主力商品とした結果、AWシリーズの多くは型落ちし、現在はAEの後継となるATシリーズのみが販売されている。

アークティク・ウォーフェア (Arctic Warfare)ライフル[編集]

スウェーデン軍での狙撃銃トライアルに対応させるため、寒冷地対応改修を施した物。-40度での動作を可能としている。この銃はスウェーデン軍でPSG-90オーストラリア軍SR-98として採用されている他、現在ではL118A1(固定銃床モデル)およびL118A2(折り畳み銃床モデル)としてイギリス軍が採用している。.243 Winchester口径も少数ながら生産されている。カタログ上では5.56x45mmモデルも用意できるとされていたが、実際には試作のみに終わっている。

  • 全長:1,178mm
  • 重量:5,900g
  • 装弾数:10発

AWF(Folding)[編集]

AWのストックを折りたたみ式ストックとしたもの。

AWS(Suppressed)[編集]

AWにサプレッサー内蔵バレルを組み込んだもの。300m先で.22LR並の音量まで低減されている。通常のバレルとは数分で交換可能。

AWS Covert[編集]

専用のスーツケース内に秘匿できるようにしたAWS。デルタフォースSASが導入している。

AWP(Police)[編集]

AWP(Police)

各国の法執行機関・警察用として24インチバレル(AWは26インチ)を取り付けたモデル。

  • 全長:1,120mm
  • 重量:6,500g
  • 装弾数:10発

AWM(Magnum)[編集]

L115A1
ドイツ連邦軍のG22

AWをマグナム弾である7mm Rem. Mag、.300Win Mag、.338Lapuaに対応させたモデル。SM(Super Magnum)は、同一モデルの旧名称である。.300Win Magを使用する折り畳み銃床モデルをドイツ連邦軍G22の名で、.338Lapuaを使用するモデルをL115A1の名でイギリス軍が採用。2007年11月14日、イギリス軍は最新型のL115A3を580丁発注、それまでの制式スナイパーライフルL96A1と置き換えることを発表した。このモデルは新型のマズルブレーキと組み合わせたサウンド・サプレッサーの使用を標準としており、リリースされている写真は全てサプレッサーが装着されている。スコープはシュミット&ベンダーの5-25x56スコープを特注マウントに装備。 マグナム口径の採用により、より遠距離の目標に対する命中精度の高い狙撃が可能となった。

  • 全長:1,230mm
  • 重量:6,500g/6,900g
  • 装弾数:5発

AW50[編集]

.50BMG弾対応としたアンチマテリアルライフル(対物ライフル)フォールディングストックとしたAW50F、Navy SEALsの要望で作られたセミオート式AS50も存在する。通常モデルをドイツ連邦軍がG24の名で採用。

AICS シャーシシステム[編集]

Mk.13 MOD 5

本銃の特徴であるシャーシ・銃床は、Accuracy International Chassis System(AICS)として、Remington 700シリーズ等のレシーバー向けにも販売されている。アメリカ特殊作戦軍(USSOCOM)は、.300ウィンチェスターマグナム弾を使用するMk 13 Mod 5小銃として、Remington 700/M24用レシーバーの「ロングアクション」ボルトにAICSの折り畳み銃床モデルを組み合わせて使用している。米海兵隊も2018年4月から同様の構成のMk 13 Mod 7によりM40狙撃銃を置き換えている。

AT(Accuracy Tactical)シリーズ[編集]

AT(Accuracy Tactical)モデルは、軍事用途向けのより高価なAXシリーズよりも安価な代替品として2014年に導入された。ATは法執行機関および民間での使用を目的としている。AT狙撃銃はAW狙撃銃の遺産を引き継いでおり、AWシリーズの法執行機関向けモデルのAE(Accuracy Enforcement)狙撃銃の改良版である。

AT308[編集]

AT308は、7.62×51mm NATO弾/.308ウィンチェスター弾を使用する、手動式のボルトアクション式狙撃銃である。1列3本のラグを2列に配置された6つのロッキングラグをボルトヘッドに備えた回転ボルト、アルミ合金製シャーシを備えたポリマー製銃床、スチール製の頑丈な平底レシーバー、等が特徴である。20インチ、24インチ銃身は先端部の取付ネジ無しのプレーンな銃身または取付ネジ付き銃身が選択でき、26インチ銃身は取付ネジ付き銃身のみとなる。AI(Accuracy International)マズルブレーキ(オプション)、取外し可能なサプレッサーが用意される。弾倉は取外し可能な10発弾倉である。1.5〜2 kgのトリガー重量に調整可能な2段階トリガーを装備する。

レシーバー上部に統合ピカティニー(Mil-Std 1913)レールがあり、様々な光学スコープが取り付けられる。また様々なアクセサリを取付けるために、追加のアクセサリレールを前部銃床に簡単にボルトで留めることができる。標準の後部銃床はポリマー製で、完全に調整可能なチークピースとバットパッドを備えている。左に折り畳む折り畳み式後部銃床も利用可能である。

AT AICS シャーシシステム[編集]

ATシリーズのAccuracy International Chassis System(AICS)のシャーシ・銃床は、Remington 700のショートおよびロングボルトアクションベースの小銃、Savage M10ショートアクション、Tikka T3ショートアクションの小銃にも使用できる。

AXシリーズ[編集]

Accuracy International社のAX長射程狙撃銃シリーズは、全長の長い強力なスーパーマグナム弾用に設計され、2010年1月にSHOT Show トレードショーで発表された。これは、AWシリーズのAWMモデルに基づく主要な設計の進化であり、Accuracy International社によれば、その開発はUS Special Operations Command solicitation(USSCOM)が募集したPrecision Sniper Rifle(PSR)計画により促された部分もあるとされている。PSR契約は、レミントン・アームズ社のモジュラースナイパーライフルが2013年に契約を獲得した。

AXシリーズは、.338ラプアマグナム弾、.300ウィンチェスターマグナム弾、および7.62×51mm NATO弾/.308ウィンチェスター弾のいずれかを使用し、銃身、ボルト、弾倉/弾倉変更器具を交換するだけで数分で再構成できるマルチ口径の狙撃銃であるAXMCが主要製品である。更にAXシリーズは非マルチ口径の製品として、7.62×51mm NATO弾/.308ウィンチェスター弾を使用するAX308と、.50 BMG弾を使用するAX50で構成されている。

AXMC[編集]

オランダ軍の.338仕様のAXMC

AXMCマルチ口径狙撃銃は、.338ラプアマグナム弾、.300ウィンチェスターマグナム弾、7.62×51mm NATO弾/.308ウィンチェスター弾のいずれかを使用する。AW狙撃銃シリーズと互換性のない寸法の部品が特徴である。AXMC口径変換キットを使用すると、AXMCはボルト、弾倉、銃身を交換することにより、数分で使用弾薬を変更できる。7.62×51mm NATO弾に変換する場合、AX308用弾倉を使用できるように、追加の弾倉変更器具も弾倉装着口内に取付ける必要がある。各口径のシステムに対し単一の撃針とそれを格納する構成部品が用意されているため、変換手順の一部として、必要なボルト構成部品に撃針構成部品を取り付ける必要がある。

AWMと比較して、AXMCのボルト動作はより長くより幅広く、内部弾倉も長くされているため、CIP(Permanent International Commission for the Proof of Firearms Portable)に最長93.50mm(3.681インチ)と定義された.338ラプアマグナム弾を問題なく使用できる。

AXMCのボルトは直径22 mm(0.87インチ)で、ボルト、ボルトヘッド、ロッキングラグ、銃身側の結合部の構造は、非常に堅牢であり、AWMモデルと比較してより安全に、薬室の高い圧力と温度、ボルトへの高い後退圧力を扱えるように設計されている。ボルトの構造が大幅に変更され、ボルトを現場で手動で取外すことができるようになり、ボルト本体からボルトヘッドを取外すというより複雑な作業を単純な手動工具を使用して行うことができる。口径の変更は、ボルト構成部品全体または口径固有のボルトスリーブを変更することでも実現できるが、より大作業となる。ボルトの内部には、ボルトが部分的にしか閉じていない状態で発砲するのを防ぐ新しい安全機能が追加されている。改良された板バネ状のAW 7.62モデル型の抽出器は、一連のボルト動作の信頼性を向上させるはずである。この抽出器は、弾丸先端を使って着脱可能である。

銃身の取付用のねじ山の直径は大きくなり、AXMC専用のものである。本銃には、長さ27インチ(686mm)、.338インチ(8.6mm)口径のフローティング構造で溝付きの銃身が標準として取付けられている。AXMCの銃身には、従来型ではない238 mm(9.375インチ1回転)のツイストレートの旋条があり、21世紀に入りより一般的になった。これにより、より長く重い.338口径の極低抵抗力設計の弾丸を適切に安定させる。他の長さ、口径およびツイストレートの銃身はオプションとして利用できる。

2段トリガーには、0.5インチ(13mm)だけ前後に移動できる新しいトリガーシューがあり、15〜20ニュートン(3.4〜4.5lbf)の範囲でトリガープルを調整可能である。AXMCは、変更された弾倉装着口に挿入される新しい.338ラプアマグナム弾用の10発ダブルカラム(2列重ね)鉄製弾倉を使用する。

さらにAXMCは、フリーフローティング銃身を包むように八角形状をした前部銃床を備えた改訂された外部シャーシストックシステムを備えている。前部銃床の4面にはMIL-STD 1913ピカティニーアクセサリーレールが装備されモジュール式取付けポイントを提供している。八角形状の前部銃床およびピカティニーアクセサリレールには幾つかの長さの選択肢が用意されている。レシーバーの上部には、照準光学系を取付けるためのMIL-STD 1913ピカティニーレールが装備されている。AXMCには、30 MOAの前方に傾斜した光学レールがあり、超長距離射撃に最適化されている。折り畳み式後部銃床には、オプションのバットスパイクを取り付けることができる。厚い衣類や防護服を着用する場合の使用を容易にするために、AICSの銃床と比べて銃床を更に短く調整するのを可能とした。後部銃床には、標準で左右と高さを調整可能なチークピースがあり、オプションでクイック調整可能なチークピースを取付けることもできる。チークピースには、様々な調整、取外し、および(再)取付け手順に使用される4mmの六角レンチが収納されている。ピストルグリップには様々なサイズのバックストラップを取付けることができ、またピストルグリップと可動式のトリガーシューと組み合わせると、引金を個々の射手に合わせて調整できる。

AX308[編集]

AX308

AX308は、7.62×51mm NATO弾だけを使用する独立モデル。7.62×51mm NATO弾/.308ウィンチェスター弾を使用し、20mm(0.79インチ)のボルト径を備えた、より短いボルトアクション(ショートアクション)機構を備えている。AX308には、長距離射撃用に最適化された20 MOAの前方傾斜光学レールがある。

AX50[編集]

AX50

AX50は、AW50を置き換える.50 BMG(12.7×99mm NATO)弾を使用する対物狙撃銃の独立モデル。ボルトの直径が30 mm(1.18インチ)で、大きく長いボルトアクション機構を備えている。

AX AICS シャーシシステム[編集]

AXシリーズのAccuracy International Chassis System(AICS)のシャーシ・銃床は、Remington 700のショートおよびロングボルトアクションベースの小銃にも使用できる。

使用国[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Precision Shooting誌、1997年1月号(Vol.42 No.9)
  2. ^ 月刊アームズ・マガジン1992年10月号(No.52)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]