南ベトナム軍事援助司令部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南ベトナム軍事援助司令部
Patch of Military Assistance Command, Vietnam.png
南ベトナム軍事援助司令部の臂章
創設 1962年
廃止 1973年
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 アメリカ太平洋軍
所在地 タンソンニャット空軍基地、旧南ベトナム
愛称 MACV
上級単位 アメリカ軍
主な戦歴 ベトナム戦争
テンプレートを表示
タンソンニャット空軍基地内に位置したMACV本部ビル、通称ペンタゴン・イースト

南ベトナム軍事援助司令部U.S.Military Assistance Command,Vietnam、通称MACV)は、1962年2月8日アメリカ合衆国によって設立されたベトナム戦争に対する軍事介入戦闘部隊。1950年に組織されたインドシナ米軍事援助顧問団の流れを汲む組織で、1955年に南ベトナム米軍事援助顧問団として改組された組織が、当時のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディによってさらに改組された軍事組織。指令本部を南ベトナムのタンソンニャット空軍基地(英語版該当ページ)に置いていた。ベトナム化政策やパリ協定を受け1973年に解散となった。初代司令官は前述の南ベトナム米軍事援助顧問団の司令官を務めていたポール・ハーキンス大将(1962-64年)、南ベトナム軍事援助司令部へと組織が改組されてからはウィリアム・ウェストモーランド大将が1964年に司令官へと就任、次いでクレイトン・エイブラムス大将が1968年に、フレデリック・ウェイアンド大将が1972年にそれぞれ司令官へと就いていた。

組織概要[編集]

MACVの主要な構成部隊は以下である。なお英語版該当記事が示されている物に関しては、訳語は暫定的なものであることに留意されたい。

南ベトナムにおける米陸軍の作戦と南ベトナム軍への後方支援を担当した。憲兵部隊や医療班も管轄した。ジョージ・パットン4世が所属していたことでも知られる。
中部高原等を主戦場としており、騎兵師団(ヘリコプター)やエアボーン砲兵部隊を組織した。司令部はリゾート地としても知られるニャチャンに位置していた。
構成組織は第1野戦軍に似る。テト攻勢カンボジア作戦に参加した部隊の指揮監督を担当した。一時期フレデリック・ウェイアンドとジュリアン・イーウェルが司令官を務めていた。
第二次大戦中に沖縄戦に参加した部隊としても知られる。1949年に一旦解散するも1968年にテキサス州フォート・フッドにて再組織化される。
ベトナム戦争における米海軍の作戦指揮及びシービー軍事海上輸送司令部など海上作戦の一切を管轄した。エルモ・ズムウォルト・ジュニアが海軍中将時代に司令官についていた。
グリーン・ベレーの指揮監督を担当した。蛇足ではあるがフランシス・フォード・コッポラによる映画地獄の黙示録ではマーロン・ブランドが演じたウォルター・E・カーツ大佐は第5特殊部隊群の司令官だったという設定である。
フェニックス作戦等の秘密作戦を担当し、非正規兵や民兵への教育なども管轄した。
不正規戦争を主に担当し、心理戦等高度な作戦を管轄した。組織の性格上高度に機密化されていた。トンキン湾事件を「演出」したことでも知られる。
  • 野戦諮問部隊(Field Advisory Element, MACV)
南ベトナム軍への作戦立案や訓練、偵察作戦への支援を担当した[1]

背景[編集]

ワシントンD.C.を訪れたゴ・ディン・ジエムを迎えるアメリカドワイト・D・アイゼンハワー大統領

1954年10月23日に実施されたアイゼンハワー大統領ゴ・ディン・ジエム大統領による会談でアイゼンハワーはアメリカ軍による軍事援助を約束し、ベトナム戦争に本格的に介入することとなった。アメリカは軍事顧問をベトナムへ送り出し、ベトナムにおける軍事活動を開始したが、1959年にテロによる軍事顧問殺傷事件にて、初めてのアメリカ人犠牲者を出すことになる。これをきっかけとしてアイゼンハワーは「我々の力が有益である限りアメリカの援助を継続する」との声明を出し、さらなる軍事援助強化の姿勢を強調した。

その後、ケネディ大統領はアイゼンハワーの後を引き継ぐ形で、戦闘部隊を直接投入する動きを見せる。その際に組織されたのが、南ベトナム軍事援助司令部(MACV)である。MACVの設立とケネディの派兵増強により、南ベトナム内におけるアメリカ軍兵力は11,300名となった。

関連項目[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Springfield 50 Project. “Army Advisors in Vietnam” (英語). 2016年9月6日閲覧。