第1海兵師団 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第1海兵師団
US1mardivlogo.jpg
第1海兵師団の記章
創設 1941年 2月1日
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 USMC logo.svgアメリカ海兵隊
兵種/任務/特性 水陸両用戦
人員 約19,000名
所在地 カリフォルニア州 キャンプ・ペンドルトン英語版
愛称 オールド・ブリード
"The Old Breed"
ブルー・ダイアモンド
"Blue Diamond"
標語 より善き友、強き敵
No Better Friend, No Worse Enemy
上級単位 第1海兵遠征軍
主な戦歴 第二次世界大戦
*ガダルカナル島の戦い
*グロスター岬の戦い英語版
*ペリリューの戦い
*沖縄戦
朝鮮戦争
*釜山橋頭堡の戦い
*仁川上陸作戦
*ソウル会戦 (第二次)英語版
*長津湖の戦い
*第1次・第2次原州の戦い英語版
*パンチボウルの戦い英語版
キューバ危機
ベトナム戦争
*テト攻勢
*スターライト作戦
湾岸戦争
*カフジの戦闘
*クウェート解放作戦英語版
ソマリア内戦
アフガニスタン紛争 (2001年-)
*不朽の自由作戦
イラク戦争
*2003年イラク侵攻英語版
*ファルージャの戦闘
テンプレートを表示

第1海兵師団(だいいちかいへいしだん、1st Marine Division)は、アメリカ海兵隊師団の一つ。アメリカ海兵隊の現役部隊としては最も古くかつ規模が大きく、兵力は約19,000人である。司令部はカリフォルニア州キャンプ・ペンドルトン英語版に置かれている。

戦歴[編集]

師団編制となったのは1941年2月のことである。太平洋戦争開戦後、第1海兵連隊と第5海兵連隊はニュージーランドウェリントン、第7海兵連隊は西サモア、第11海兵連隊はフィジーの駐屯地に移動していたが、ガダルカナル島の戦いの準備のため、1942年7月28日から7月30日にかけてフィジーのコロ島英語版に集結した。この時点でコロ島には89隻の輸送船と16,000の兵力が集結し、11日間の航海ののち、8月7日ガダルカナル島に上陸した。ガダルカナル島では12月9日陸軍第23歩兵師団と交代するまで戦い、650人の戦死者と1,278人の負傷者を出した。

ガダルカナル島の戦いの後、第1海兵師団は休養と再編成のためオーストラリアメルボルンに駐屯したが、カートホイール作戦開始に伴って東部ニューギニア英語版ニューブリテン島に移動した。1943年12月26日、第1海兵師団はニューブリテン島のグロスター岬付近に上陸し、グロスター岬の戦い英語版が開始された。戦闘は翌1944年2月まで続き、310人の戦死者と1,083人の負傷者を出した。グロスター岬の戦いの後、第1海兵師団はルッセル諸島パヴヴ島英語版に移動し、休養と再編成を行った。

9月15日、第1海兵師団はパラオペリリュー島に上陸した。日本軍はペリリュー島において、従来の戦術からゲリラ戦と縦深防御戦術に転換しており、第1海兵師団は苦戦を強いられることになった。ペリリューの戦いで、第1海兵師団は中隊長クラスの将校を含む1,252人の戦死者と5,274人の負傷者を出し、師団長のウィリアム・リュパータス英語版少将は師団長を更迭された。10月、第1海兵師団は再び休養のためにパヴヴ島に戻り、そこで新年を迎えた。そのため、硫黄島の戦いには第345海兵師団が投入され、参加していない。

1945年4月1日、第1海兵師団は第6海兵師団とともに沖縄本島に上陸した。沖縄戦において、第1海兵師団は大名高地の戦いやシュガーローフの戦いに参戦したのち、首里城を制圧した。6月23日の戦闘終結の時点で第1海兵師団は1,655人の戦死者を出した。

日本の降伏の後、1945年9月30日に第1海兵師団は中国大沽に上陸し、河北省を中心に北平天津山東半島に展開した。しかし、国共内戦の激化に伴い、1947年9月1日に中国から撤退した。

その後第1海兵師団は朝鮮戦争ベトナム戦争にも投入されている。朝鮮戦争では、4,000人を超える戦死者を出した。

部隊編成[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]