ウィリアム・リュパータス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・リュパータス
William Rupertus
William H. Rupertus.jpg
生誕 1889年11月14日
Flag of the United States (1877-1890).svg アメリカ合衆国
ワシントンD.C.の旗 ワシントンD.C.
死没 (1945-03-25) 1945年3月25日(55歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州の旗 バージニア州 クアンティコ英語版
所属組織 コロンビア特別区国家警備隊英語版
Seal of the United States Marine Corps.svgアメリカ海兵隊
軍歴 1907年 - 1910年(国家警備隊)
1913年 - 1945年(海兵隊)
最終階級 少将
墓所 アーリントン国立墓地
テンプレートを表示

ウィリアム・ヘンリー・リュパータス(William Henry Rupertus、1889年11月14日 - 1945年3月25日)は、アメリカ海兵隊軍人ペリリューの戦いのアメリカ軍指揮官の一人で、海兵隊の教書『ライフルマンズ クリード英語版』の著者。

生涯[編集]

グロスター岬の戦いでグロスター岬飛行場陥落を祝すリュパータス

1907年から1910年にかけてコロンビア特別区国家警備隊英語版に所属し、ワシントンD.C.で勤務した。元々は税関監視艇局英語版カッターの船長になることを望んでいたため、1910年4月28日に税関監視艇局の養成学校に入学する。1913年5月15日、リュパータスは次席で卒業するが身体検査で不合格となり、6月18日に税関監視艇局を辞職した[1]

税関監視艇局を辞したリュパータスは、射撃の腕を評価されてアメリカ海兵隊に招集された。1913年11月に招集を受け入れ、1915年に海兵隊養成学校を卒業した。入隊後は射撃部隊に配属され、数々の功績を挙げて勲章を授与された。アメリカが第一次世界大戦に参戦した時期は戦艦「フロリダ」に乗艦していたが、その後、ポルトープランスに派遣された。同地で3年間勤務した後に海兵隊本部運営訓練課に配属され、監督官を務めた。1929年に中華民国に派遣され、第二次上海事変が勃発した際には第4海兵連隊の大隊長を務めていた。

真珠湾攻撃の直後に『ライフルマンズ クリード英語版』を執筆し、熟練射撃手と海兵隊の武器の信頼性について記した。1942年3月にアレクサンダー・ヴァンデグリフトの下で第1海兵師団副師団長に任命され、師団の編成と訓練を担当した後にガダルカナルの戦いに従軍した。1943年7月8日にヴァンデグリフトの後任として師団長に就任し、カートホイール作戦ペリリューの戦いに従軍した。1944年11月にバージニア州クアンティコ海兵隊基地英語版司令官に任命されるが、4カ月後の1945年3月25日に心臓発作で死去した。同年5月2日に就役した駆逐艦は、彼の名前を冠して「リュパータス英語版」と命名された[2]。遺体はアーリントン国立墓地に埋葬されている[3]

出典[編集]

  1. ^ Register of Officers of the U. S. Revenue Cutter Service 1790–1915, National Archives
  2. ^ "Rupertus", Dictionary of American Naval Fighting Ships 2005.
  3. ^ "William Henry Rupertus", ArlingtonCemetery.net, 2006.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Naltyin, Bernard C. (1994年). “Cape Gloucester: The Green Inferno”. Washington, D.C.: Marine Corps Historical Center, United States Marine Corps. 2017年3月3日閲覧。
軍職
先代:
アレクサンダー・ヴァンデグリフト
アメリカ合衆国の旗 第1海兵師団師団長
1943年 - 1944年
次代:
ペドロ・デル・ヴァッレ英語版