アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド
United States Marine Corps Forces Special Operations Command
アメリカ海兵隊特殊作戦コマンドのエンブレム
アメリカ海兵隊特殊作戦コマンドのエンブレム
創設 2006年2月24日-
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ海兵隊
任務 特殊作戦
上級部隊 アメリカ特殊作戦軍
基地 ノースカロライナ州 キャンプレジューン海兵隊基地
ニックネーム MARSOC

アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド (United States Marine Corps Forces Special Operations Command : U.S.MARSOC)、アメリカ海兵隊におけるアメリカ特殊作戦軍の傘下の組織。海兵隊の特殊作戦を統括する。

USSOCOM設立後、海兵隊の特殊作戦はForce Reconがもっぱら担当していたが、2001年9月11日の同時多発テロ以降、増大するであろうテロの脅威へ対応するため、2006年2月24日、MARSOCはUSSOCOMの海兵隊部門として正式に創設された。この日、ノースカロライナ州キャンプレジューン海兵隊基地にて創設式典が催されている。

概要[編集]

  • MARSOC設立前に海兵隊特殊作戦コマンド第1分遣隊(MCSOCOM Det-1)が試験的に運用され、MARSOC設立後は元Det-1の戦闘員がMARSOCの海兵特殊作戦大隊を編成する上での基幹となった。
  • 2014年8月6日、MARSOCは第2次世界大戦中に活躍した海兵隊の精鋭水陸両用軽歩兵部隊である「Marine Raiders」(海兵襲撃隊)を記念し、配下の部隊に対して公式に同部隊の名称を与えている。
  • 2016年8月には海兵特殊作戦個人訓練課程を修了した者が着用する海兵特殊作戦徽章が制定されている。
海兵特殊作戦徽章

歴代司令官[編集]

職名 在任期間 氏名 階級
司令官 2006年2月~2008年7月 Dennis J. Hejlik 海兵隊少将
司令官 2008年7月~2009年11月 Mastin M. Robeson 海兵隊少将
司令官 2009年11月~2012年8月 Paul E. Lefebvre 海兵隊少将
司令官 2012年8月~2014年8月 Mark A. Clark 海兵隊少将
司令官 2014年8月~2016年7月 Joseph L. Osterman 海兵隊少将
司令官 2016年7月~ Carl E. Mundy III 海兵隊少将

隷下運用部隊[編集]

CQBの訓練を行う海兵襲撃隊
  • 海兵襲撃連隊 - Marine Raider Regiment
    • 本部中隊 - Headquarters and Headquarters Company
    • 第1海兵襲撃大隊 - 1st Marine Raider Battalion
    • 第2海兵襲撃大隊 - 2nd Marine Raider Battalion
    • 第3海兵襲撃大隊 - 3rd Marine Raider Battalion
  • 海兵襲撃支援グループ - Marine Raider Support Group
    • グループ本部 - Group Headquarters
    • 第1海兵襲撃支援大隊 - 1st Marine Raider Support Battalion
    • 第2海兵襲撃支援大隊 - 2nd Marine Raider Support Battalion
    • 第3海兵襲撃支援大隊 - 3rd Marine Raider Support Battalion
  • 海兵特殊作戦学校 - Marine Special Operations School

関連項目[編集]