Raven Software

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Raven Software
種類 子会社
本社所在地 ウィスコンシン州ミドルトン
設立 1990年; 27 年前 (1990)
業種

ビデオゲーム

インタラクティブエンタテインメント
事業内容 Soldier of Fortune (2000–2002)
従業員数 239
主要株主 アクティビジョン
関係する人物

ブライアン・ラファエル

スティーブ・ラファエル
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

Raven Software(レイヴンソフトウェア)(またはRaven Entertainment Software、Inc.)は、ウィスコンシンに拠点を置くアメリカコンピュータゲーム開発企業。1990年に設立された。1997年、レイヴンはアクティビジョンと独占販売契約を結び、後に同社に買収された。 買収後『Heretic』や『Hexen: Beyond Heretic』の制作をしていたスタジオの元々の開発者の多くはレイヴンを退職し「Human Headスタジオ」を創設した。

歴史[編集]

レイヴンソフトウェアは1990年にブライアンとスティーブのラファエル兄弟によって設立された。暫くは独立した企業として活動していたが、1997年にアクティビジョンに買収された。

レイヴンは同じストリートに拠点を構える「Id Software」と協力したことがある[1] 。レイヴンは1994年の『Heretic』のような多くのゲームにidのエンジンを使った。レイヴンはQuakeシリーズの『Quake 4』とidの『Wolfenstein』の開発を引き継いだ[2]

レイヴン・ソフトウェアは3つの開発チームで始まった[いつ?]。業績不振と『Wolfenstein』開発予算超過の可能性により[3][4]、2009年8月にレイヴンは30~35人規模のレイオフを実施し、チームは2つに減少した。『シンギュラリティ』の開発遅延後の2010年10月には更に40人近くのスタッフがレイオフとなりチームは一つになった。レイオフ以降、レイヴンはコール オブ デューティシリーズの制作協力に専念している[5][6][7]

ゲーム[編集]

2012年、レイヴンは次世代ゲーム機向けの従業員の雇用を始め[8] 、2013年5月に『コール オブ デューティ ゴースト』でInfinity Wardと協力すると発表された[9]

2013年4月3日のルーカスアーツの閉鎖に伴い、レイヴンソフトウェアは『Star Wars Jedi Knight II: Jedi Outcast』と『Star Wars Jedi Knight: Jedi Academy』のソースコードSourceForge.net上で公開した[10]

2014年4月時点でレイヴンソフトウェアはアイテム課金型の中国版コール オブ デューティ作品『コール オブ デューティ オンライン』のリード開発者である[11]。同社は『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』のリマスター版『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア リマスタード』の開発も担当した[12]

2020年、レイヴンはInfinity Wardと『コール オブ デューティ ウォーゾーン』を共同開発している。

2020年11月13日に発売予定の『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー』はレイヴンとTreyarchの共同開発である[13]

参考文献[編集]

  1. ^ From Dungeon & Dragons to Call of Duty: The Story of Raven Software”. 2016年2月15日閲覧。
  2. ^ "id Software and Activision, Inc. Confirm Wolfenstein(R) for the Xbox 360 Video Game and Entertainment System". PR Newswire. 5 October 2005. 2020年5月9日閲覧
  3. ^ Ivan, Tom. "Raven Software Hit By Layoffs". 2009年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月9日閲覧
  4. ^ Crecente, Brian (2009年8月26日). “Raven Hit By Layoffs, Some Point to Lackluster Wolfenstein Sales”. Kotaku. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ Report: Layoffs Hit Raven Software, Focusing on DLC”. Shacknews (2010年10月11日). 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ "Raven Software loses more staff". 2012年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月9日閲覧
  7. ^ Crecente, Brian (2010年10月11日). “Singularity Game Developer Hit with Layoffs”. Kotaku. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ Raven job listings suggest next-gen game in the works”. Joystiq (2012年11月2日). 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ Raven Software and Neversoft assisted Infinity Ward in Call of Duty: Ghosts development”. Polygon (2013年5月22日). 2013年12月1日閲覧。
  10. ^ Jedi Outcast and Jedi Academy source code released”. Joystiq (2013年4月4日). 2013年12月1日閲覧。
  11. ^ "Raven Software now the lead developer on CoD: Online for China". CharlieIntel. 17 April 2014. 2020年5月9日閲覧
  12. ^ Modern Warfare Remastered is developed by Raven; first multiplayer maps confirmed”. VideoGamer.com (2016年5月2日). 2016年5月2日閲覧。
  13. ^ 「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」発表” (日本語). news.blizzard.com. 2020年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]